逆流性食道炎(胃食道逆流症・GERD)

食べ物や胃酸(PHは1-2の強塩酸、1日2リットル分泌)が逆流しないように閉まっているはずの噴門が何らかの原因で開いたために食道に逆流して胸焼けなどの症状を起こす逆流性食道炎の患者が食生活の欧米化で日本でも増えていると言う。(20才台で10%、40才台で20%の人が時々逆流性食道炎を起こしていると言われる) 

欧米では成人の40%が悩んでいるというありふれた病気だが、食道の炎症が慢性化すれば食道ガンの原因ともなると言われるだけに放置できない。最近の傾向として、内視鏡で食道を調べても炎症も傷も見つからないのに、胸焼けを感じる「非びらん性の胃食道逆流症」が増えていると言われる。日本人の食道ガンの90%は扁平上皮ガンだが、胃酸の逆流の結果起きる癌は腺ガン(治療成績が極めて悪い)で、今後増加することは間違いないと警告されているので、逆流性食道炎と言われたら、胸焼けなどの自覚症状の強弱に関係なく、きっちりと服薬し、普段の生活態度(暴飲暴食、早食い、食後すぐに横になるは三大悪)にも注意すると共に、定期的な胃内視鏡検査を受けることが重要である。

症状
  • ちりちりした胸焼けが一番ポピュラーだが、食物がしみる感じや痛い感じ、固いものを食べたときに食道上部がつかえる感じ、胃部不快感、激しい胸の痛みもでることがある。症状がひどい場合は焼け火箸をあてたような痛みと表現することもある。
  • 何となく食欲がないとか甘いものが食べられなくなったなどを訴える人もいる。
  • のど・口の中へ逆流する感じがしたり、酸っぱいものが上がってくる、口がすっぱくなる感じ、口の中に苦い水が上がってくるなども出ることがある。
  • 喉の違和感咳、喘息、咽頭圧迫感、喉頭異物感、声がれ、ものを飲み込むときにひっかかるような感じがするなど)が出る人もいる等多彩な不快症状が出現する。
  • 吸気性喘鳴、呼吸困難等の典型的な喉頭痙攣の症状が急に起きる場合も逆流性食道炎が原因であることが多い。発作が起きる前に、苦みを感じたり、のどがいがらっぽくなったり、痰が貼り付いた感じがする場合はこの病気が強く疑われる。突発的に酸が逆流して声門部が刺激を受けることで痙攣が引き起こされると考えられている。
  • ひどくなると食道が狭くなって食物が通りにくくなる。
  • かがんだ時や食べすぎた後(食後2時間以内)あるいは就寝後起床時不快感が強い人が多い。これは胃酸の分泌が夜中2時頃に多くなることによる。また、胃液は起きている時よりも就寝時など横になっている姿勢のほうが逆流しやすいために、就寝中に食道に炎症が起きるので朝起きた時から胸焼けを感じることが多くなる。
  • 高血圧治療のカルシウム拮抗薬、テトラサイクリン系抗生物質(ミノマイシン等)、テオフィリン、β刺激薬などは下部食道括約筋の緊張をゆるめる作用があり胸焼けが増悪する事があるので注意。
治療
  • まずは生活態度を改めることが基本。これでかなり症状は軽快する。 暴飲暴食、早食い、食後すぐに横になるは三大悪。
    1. 胸焼けを起こしやすい食品を出来るだけ減らす天ぷら等の揚げ物や脂肪食、オレンジなどの柑橘類を減らす。食塩の取りすぎは逆流を起こし易いので、食卓塩をかけすぎに注意し、塩気の多い魚などは控える。その他、カレーライス、ハンバーグ、シューマイ、マグロのトロ、揚げせんべい、さつまいも、オレンジジュース、コーラ、チョコレートココア、甘味和菓子、ショートケーキ、、ペパーミント等
    2. 酒・たばこや刺激物(コーヒー、香辛料、カフェイン)や濃い緑茶、炭酸飲料(コーラ等) ビールに枝豆は胃酸の分泌が多くなるので控えるのがよい。
    3. 寝るときに頭部が10-20CM程度高くなるようにクッションやマットを折り曲げて布団の下に敷く等の工夫をすると良い。又横向きに寝る場合は、左を下にして寝るとよい。(一般的には右を下にして寝ると逆流しやすくなるが、これに対して、右を下にして寝る方が逆流しにくいと言う患者もいる。また解剖学的にはうつぶせでは逆流が少ないと言われる)
    4. 肥満解消に努める。
    5. 腹圧を上げないようにする。(重いものを持たない、前屈みを避ける、ベルトを強く締めない、排便時力まない)
    6. 食べ過ぎない
    7. ゆっくり食べる。早食いは悪い。
    8. 運動や食物繊維の多い食事は薦められる。
    9. 食べた後最低30分はごろんと横にならない。出来れば2時間は起きておく。どうしても横になりたいときは頭を上げた姿勢を取る。
    10. 熱い物は避ける。
    11. 薬服用時は、水を一緒にたくさん飲むようにする。
    12. 牛乳、卵、大根、山芋、キャベツ、豆腐は逆流性食道炎に良いので積極的に摂りたい。
    13. 食後にガムを噛むのは有効。(唾液が弱アルカリ性なので胃酸を中和して症状を緩和する)
  • 胃酸の分泌を強力に抑える目的で、プロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカーが使われる。症状そのものは通常1-2週間で軽快する。但し、一時的には治ったようにみえても再発し易いので、薬を長期、場合によっては一生飲むことが多い。
    プロトンポンプ阻害薬はH2ブロッカーより胃酸を抑える作用が強い。タケプロン・オメプラール・パリエットがある。 従来は連続使用は8週間までであったが、再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法を行う場合8週間を超える投与が可能になった。
    H2ブロッカーはシメチジン、ラニチジン、ファモチジンが入った胃腸薬でガスターやザンタック等がある。
    最近は、初期治療プロトンポンプ阻害薬(PPI)のタケプロン、オメプラール、パリエット等が、維持療法H2ブロッカーのガスター、ザンタック、プロテカジン、アシノン等を使用するのが一般的。
    プロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカー程強力ではないが、マーロックスG等も症状を抑えるのに使われる。
  • 薬を一定期間服用しても効果が薄いときは、漫然と同じ薬を服用せず、鼻から食道に管を入れて胃酸の分泌が抑えられているかどうかを調べるのも一方。効果が不十分と思われるときは、薬の量を増やしたり、別の薬に変えてみる。
  • タケプロンに限らないがプロトンポンプ阻害薬H2ブロッカーは人によっては深刻な副作用が出る恐れがあるので、軽々しく長期服用はせず、注意深く定期的な検査(内視鏡、採血等)を受けながら服用すること。普段と違う異常が起きたと感じたら医師と相談すること。まれだが、起きる可能性のある副作用の例:発疹、視力障害、皮膚の炎症、筋力の低下、女性様乳房、肝機能障害、呼吸困難、血液異常、発ガン性等々種々の副作用が報告されている。タケプロンODの情報はこちら(武田薬品)
  • 食道や胃の蠕動運動が何らかの原因で悪い場合は、食物が食道⇒胃⇒小腸に進まないので、逆流性食道炎を起こしやすくする。 
  • くすりが無い時は一時的には牛乳や水を飲めば症状が和らぐ。
  • アルカリ性の胆汁や脾液といった十二指腸の消化液が食道まで逆流する人もあり、この場合は胃酸分泌抑制剤では症状が改善しない。胃液の分析が必要。
  • カルシウム拮抗薬、テオフィリン、β刺激薬などは下部食道括約筋の緊張をゆるめる作用があるので、他の薬に変えることも医師と相談する。
  • 胸焼け治療薬の副作用
    胸やけの治療薬の副作用として、頭痛が度々起きる、吐き気、便秘、下痢が起きる事がある。そのような場合は、漫然と飲み続けず、薬の変更を含め医師と相談した方がよい。
  • 薬で治らない場合は手術も考慮される。腹腔鏡手術や内視鏡による手術もあるが、手術実績の多い医師に相談したい。
    腹腔鏡手術:全身麻酔が必要。胸や腹に穴を開けて内視鏡を挿入して行う。ニッセン法。入院期間は1週間程度。
    内視鏡手術(ELGP法[経内視鏡的噴門部縫縮術]):まだ保険が適用されない。2004/6現在まだ20数例。手術時間は1-1.5時間、2泊3日程度の入院が必要。現在この手術を実施しているのは慶應大、慈恵医大、北里大など。
  • 米国等で治験中の方式が食道平滑筋磁気デバイスを用いる腹腔鏡手術。
  • 逆流性食道炎の人に食道ガン(腺ガン)が増えているとの報告があるので、逆流性食道炎と診断されたら、症状の強弱に関係なく、慢性化させないようにきっちり治療した方がよい。
  • 東京医科歯科大学医学部付属病院食道胃外科・河野辰幸助教授、東海大学医学部付属病院消化器外科・幕内博康教授(病院長)が著名。
原因
  • 食道(長さ22-25cm、太さ1-2cmの管状の消化管)から胃の入り口にあたる噴門部の締まりが緩いために、胃酸や胃内容物が食道に逆流して食道の粘膜を傷つけることから症状が出現する。健常者でも一日4-5回は胃酸の逆流が起きていると言われるが、滞留時間が短いと症状を自覚しない。ただ、
  • 胃から食道への逆流防止機構の働きが加齢などにより低下することや食道裂孔ヘルニア背中が丸くなって絶えず前屈みになったような人で起きる。
    食道裂孔ヘルニアとは本来は横隔膜を境に上に食道、下に胃があるのが普通なのに、食道が横隔膜を通り抜けるすき間(孔)を食道裂孔と言うが、ここが加齢などにより緩んで胃の一部が横隔膜より上の胸腔にはみ出しつり上がったようになった状態を言う。
  • 食道裂孔ヘルニアには3つのタイプがあるので、検査でタイプを確認することが治療上必要になる。  
    滑脱型:胃がそのまま滑り出しているタイプで、胃と食道のつなぎめである噴門部が胸の中に入ってしまうため,胃液の逆流を防ぐ仕組みが働かなくなる。大部分はこのタイプ。
    傍食道型:胃の一部が食道のわきを通って出ているタイプで、飛び出した胃が締め付けられて胃粘膜からの出血や,血液の流れが阻害されるので手術などが検討される。症例としては10%程度。
    混合型:両者があわさったタイプ。     
  • その他、食べ過ぎ・胃酸の分泌過多・肥満・食道蠕動運動の低下・腹圧の上昇・胃の手術後等により症状が起きる。
  • 非びらん性胃食道逆流症:内視鏡検査をしても、食道にびらんや傷が見つからないのに、週に2日以上、胸焼けなどの症状があって日常生活に支障がある人を言う。非びらん性胃食道逆流症の人の場合は胃酸の逆流があるのは60-70%で、残りの人は胃酸の逆流はなくても、食べた物の刺激等で胸焼けを起こす。治療には逆流性食道炎と同じ胃酸の分泌を抑える薬が用いられるが保険が適用される。
  • 薬や生活習慣の改善で症状が改善せず、相変わらず胸焼けなどの症状が強い場合、強皮症とかCREST症候群の事もあるから消化器だけでなく、膠原病の専門医を受診すること。
  • 逆流性食道炎を治療したら難治性の中耳炎が治ったと言うケースがあるそうだ。中耳へ胃酸が逆流して、中耳炎が治らないためと言われる。
検査
  • 胸焼けなどの症状だけでは確定診断出来ないので、食道ガンや狭心症、心筋梗塞などを否定するためにも、胃内視鏡検査(食道粘膜のびらん、発赤や潰瘍の確認)や心電図検査が必要。バリウムによるX線検査では軽症例の発見が困難。
  • 症状があっても胃内視鏡で調べてもまったく肉眼では変化が認められない程度のものから、患部が赤くなっているもの、潰瘍が出来ているものまである。事実、胃内視鏡で見ても約半数の人は炎症を起こすまでには至っていない。又、逆に食道の炎症がひどいのに症状を感じない人もいる。従って、検査でガンや潰瘍が否定されたら、治療は内視鏡の所見よりもむしろ患者の自覚症状の強弱を手がかりに行われることとなる。事実、内視鏡で調べても胸焼けを感じている人の60-70%は食道に傷や炎症が見つからないと言われる。
  • 逆流性食道炎の程度はロサンゼルス分類(改訂日本版)で表される。軽度のN→M→A→B→C→最重症D迄。N:胸焼けの症状はあるが、内視鏡的には変化を認めないもの、M:色調変化が認められるもの。A:長径が5mmを超えない粘膜障害のあるもの、B:少なくとも1ヵ所の粘膜障害の長径が5mm以上あり、それぞれ別の粘膜ひだ上に存在する粘膜障害が互いに連続していないもの、C:少なくとも1ヵ所の粘膜障害は2条以上の粘膜ヒダに連続して広がっているが、全周の75%超えないもの、D:粘膜障害が全周の75%以上にわたるもの。
  • 食道裂孔ヘルニアのタイプやバレット食道の有無を観察する。
    バレット食道:食道下部の粘膜は扁平上皮という組織でできているが、胃・十二指腸の内容物の逆流を長期間繰り返すうちに胃や腸に類似した赤っぽい円柱上皮といわれる組織に変化してしまう状態をパレット食道という。更に、円柱上皮には腸上皮化生上皮という食道腺がんの発生母地となる組織が含まれていることが多いので内視鏡でよく確認したり生検する必要がある。逆流を起すケースの10%程度(別の統計では0.4%〜1.5%))にみられるという。一度バレット食道の状態に陥ると、どんな治療を施してもそれを改善するのは極めて困難で、食道癌が起きる可能性が高まるので定期的な内視鏡による検査が必要となる。バレット上皮の人はそうで無い人に比べて20〜40倍食道ガンのリスクが高くなると言われている。(米国で人口2億人に対して食道がんによる死亡者は16,000人、内、半数以上のバレット上皮による食道ガンで約8,000人が死亡していると言われる) 胃酸の逆流による発生する食道ガンは腺ガンで治療が難しい。現在は全食道ガンの中で10%程度だが、食事の欧米化と共に今後急速に増加する事が予想されており早期発見が助かる唯一の道なので、逆流性食道炎と言われたら症状が無くても定期的な胃内視鏡検査が必要。尚、食道の長さは平均25cm(幅6cm)、食事した場合、蠕動運動により、固形物なら30秒〜60秒、液体なら1秒〜6秒で胃に達する。
  • 24時間pH(水素イオン指数)モニタリング検査をやれば胃酸の逆流が起きている状態を把握出来る。直径1mmほどの細い管を鼻から通してセンサーがpHを測定し計器に記録する。これを後で解析して逆流の程度を判定する。
参考情報

 逆流性食道炎の予防と治療関連図書

この頁は書籍・文献・新聞・雑誌・テレビ報道などより得た情報や先生方から直接お聞きしたことを整理したものです。医学の進歩は日進月歩であり、新しい治療法が見つかることも、また、従来の治療法が否定されることもしばしばあります。本欄を常に最新の情報に更新することには個人のHPでは限界がありますので記載内容の最新性、確実性が常に保証されるものではありません。また、対処法は個人の症状や体質などにより違ってきますから、この情報による効果や影響に関しては個人の責任と判断で行ってください。情報の利用の結果、万一、利用者に不都合、不利益が起きても一切の責任は負えないことをご了承下さい。記述は正確を期していますが、間違いにお気づきの場合は、「okiちゃんの趣味のアルバム」Top Pageよりメールをお寄せ下さい。

 

更新履歴:2004.6.22/2005.2.3/2006.12.22/2008.12.26/2013.2.25

 

 

 

趣味のアルバムTOPへ > 健康生活


BACK