咳(せき)のいろいろ

咳が出る病気は多い。病院を受診するきっかけとなる症状のとして、咳は熱と共に最も多いものの一つだろう。咳も色々ある、コンコンという乾いた咳、ゴボゴボという湿った咳、痰を伴う咳。それぞれ原因が異なるので詳しい診断が必要。数日で咳が治まる場合は問題ないだろうが、2-3週間も咳が続く場合や風邪の症状がないのに咳が出る場合は専門医を受診したがよい。

咳の診断
  • 問診
  • 聴診
  • レントゲン撮影...肺気腫、肺炎、肺がん、肺結核などの鑑別。必要によりCT検査。
  • 痰の検査
  • 血液検査
  • 肺機能検査
  • 問診時に言うこと
    1. 咳はいつからでるようになったか
    2. どういうときに出るか
    3. 痰も出るか
    4. 熱や喉痛はあるか
    5. 喉がぜいぜい言うか
    6. 胸焼け感、むせる感じはあるか
    7. アレルギーはあるか
    8. 家族に同様の症状はあるか
    9. 現在服用中の薬
  • 咳の種類
    1. ゴボゴボという湿った咳と黄色の痰は風邪、インフル等の感染症の疑い→細菌性肺炎、肺膿瘍、気管支拡張症など。
    2. ゴボゴボという湿った咳と血痰は肺炎、肺がん、肺結核、肺血栓塞栓症、真菌による肺アスペルギルス症等
    3. 湿った咳と透明や白っぽいたんが出る場合は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)やぜんそく等。
    4. 痰を伴わないコンコンという乾いた咳は湯気や冷気、化学物質の刺激で反射的に起きるものが多い。気管に入った異物を追い出す、風邪などのウィルスや細菌による炎症、気管支過敏、間質性肺炎、アトピー性の咳や咳喘息、鼻副鼻腔炎の膿が喉に垂れることで起きる咳、胃食道逆流症による咳などもある。
  • 咳が8週間以上続けば、慢性の咳と診断される。肺癌や結核のこともあるから、8週間以上咳が続く場合は呼吸器内科を受診したがよい。
  • 国立病院機構七尾病院(石川県七尾市)の藤村政樹院長は長引く咳の研究の第一人者。長引く咳の2大原因である咳喘息とアトピー咳嗽と検査法を突き止めたベストドクターと言われる。尚、外来は患者で混雑のため、3泊4日の検査入院が可能な人に限られている。(2016/11現在)
咳のいろいろと治療法
 
症状の特徴
診断と治療法
風邪 通常長引かない。喉痛、鼻水、発熱、頭痛、咳・痰などの症状が徐々に重くなる。原因ウイルスは多数。

子どもの発熱はこちらを参照。
通常14日以内に治まる。

インフルエンザ 多くは突然高熱が出て発症。症状は一般に強い。インフルエンザの予防、診断、治療はこちらを参照

迅速キットでインフルか鑑別可能(早期は不可、識別率は80%程度)
通常、10日以内に治まる。

急性気管支炎 気管支に炎症を起こした状態のことをいう。 鼻水、喉痛、熱が出る等風邪に似た症状が現れ、咳が次第にひどくなる。  
気管支拡張症

気管支が繰り返し炎症を起こしていると、痰がたまって肺に慢性的な炎症が起きる。粘性の高い膿性の痰が大量に出てくるのが特徴。起床時に大量の痰が出る。血痰が出ることもある。

CT検査によって喘息と鑑別。
喘息

患者数150万人。毎年2千人死亡。別名、慢性剥離性好酸球性気管支炎といい、白血球の中の好酸球が暴走することによって起きる病気。窒息を引き起こすきっかけは、カゼや疲労、ストレス、低気圧、室外に出て冷たい空気を吸う、怒り、香水やたばこの煙等。夜中、夜明けに咳が出る特徴がある。小児喘息の詳細はこちらを参照

 

1. アレルギー体質の有無(家族を含む)
2. 深夜から早朝にかけてセキ、息切れ、または「ゼーゼーヒューヒュー」
3. カゼのあと3週間以上セキが続くことが何度もある。これらの症状がある人は受診。
呼気一酸化窒素濃度の検査、肺機能検査等を行う。
X線では見つけられない。
薬は吸入ステロイド。
ピークフローを毎日検査をして徐々に低下した出したら発作の前兆。

結核

かぜに似て、咳や痰、微熱などがみられる。進行すると血痰が出る。身体のだるさや体重減少もある。
詳細はこちらを参照

喘息との鑑別は胸部X線検査による。

心臓病(突発性拡張型心筋症や慢性心不全)

突発性拡張型心筋症では、 疲労感、動悸などがある。進行すると呼吸困難や心室頻拍、心室細動といった重篤な不整脈が生じることもある。

慢性心不全では、心臓の働きが弱まり肺の血圧が上昇。血管から漏れ出た水分によって肺水腫の状態になり、激しいせきが出る。他に息苦しさや息切れなどの症状も出る。

高血圧性心不全の場合は、就寝後2時間くらいで咳が出る、疲れているときに咳が出る、特徴的な聴診器の音がする等の特長がある。

症状(咳・息苦しさ・息切れ)呼吸状態等の問診、聴診、胸部X線撮影、CT、心電図、心臓超音波エコー検査などを適宜行う。
COPD(肺気腫・慢性気管支炎) 気管支や肺に障害が起きて、呼吸がしにくくなる肺の慢性的「生活習慣病」で、長期間の喫煙歴のある人に多い。咳、 息切れや息苦しさが出る。「肺気腫」と「慢性気管支炎」をまとめてCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼ぶ。COPDの発症率は40歳以上で高く、患者数は530万人以上。90%は喫煙者。詳細はこちらを参照。 COPDでは、体を動かしたときに息苦しくなる特徴がある。禁煙、薬物療法(気管支拡張剤、去痰剤、鎮咳剤など)、酸素療法、リハビリ、肺容量減少手術等で症状を緩和。
肺がん 長期間の喫煙歴のある人に多い。初期には症状が無い。詳細はこちらを参照。 喀痰細胞診、CT、気管支内視鏡検査など。
肺水腫 喘息のようにゼイゼイというような呼吸をする。気管支や肺胞に、血液から漏れ出た水分が肺に溜まった状態をいう。呼吸困難になり、酸素不足で爪や唇が紫色になることもある。 胸部X線検査、心電図
アレルギー性 風邪の兆候はないのに咳が出る。 アレルギー性鼻炎、花粉症、黄砂アレルギー、動物アレルギーなどに起因する咳がある。それぞれ原因により治療法が異なる。花粉症の詳細はこちらを参照。
咳喘息 風邪の兆候はないのに咳が出る。通常セキだけが長期間出る。詳細はこちらを参照。 聴診器では肺の異常音はない。
副鼻腔気管支症候群 慢性気管支炎+慢性副鼻腔炎を合併した病態 抗菌薬を3週間ほど使って治療する。
亜急性細菌性副鼻腔炎 痰が絡んで、咳が出る、咳払いをする  
後鼻漏症候群 痰が絡んで、咳が出る、咳払いをする。複数の医療機関を受診して治療しているにもかかわらず、しつこい咳が治らないので、X線やCTで肺、鼻の粘膜や分泌物の様子、喉の奥の粘膜などを詳しく調べると、副鼻腔炎による後鼻漏が原因だったという症例が最近多いと言われる。 鼻副鼻腔炎の膿が喉に垂れることで咳が起きる。副鼻腔炎の治療のため抗菌薬、鼻炎を抑える抗ヒスタミン薬と点鼻ステロイド薬等が用いられる。
担子菌  痰が喉にしつこくまとわりつく感覚と息苦しさ。  真菌の一種担子菌が気道の粘膜の表面にくっついて繁殖。担子菌はキノコの一種の胞子。真菌感染症に使われる抗真菌薬が効く。喉の粘膜や痰を調べる必要がある。石川県済生会金沢病院呼吸器内科小川晴彦部長が長年担子菌の研究をしている。 
百日咳 風邪が治ったのに乾いた咳が2週間以上続く事が多い。昔は激しい咳、特に、夜間にセキが続く事が多かった。激しい咳で嘔吐すると肋骨を折ることもある。最初の1-2週間は感染力が強い。詳細はこちらを参照。 X線や採血で異常がない。抗体検査が参考になる。咳が長引き、短い発作のような咳込みが絶え間なく続く。ここ10年大人の患者が増えている。
肺炎 主として、細菌やウイルスが原因で起こり、38度以上の高熱をともなうことが多い。概ね、倦怠感、悪寒、関節などの痛み、激しい咳などを伴う。詳細はこちらを参照。 X線検査、CT検査、採血(白血球数、CRP、血沈)、血圧、酸素飽和度、脱水状況、意識障害などを調べる。
マイコプラズマ肺炎 咳がひどく長引く。1日の内、熱が1度以上変動する特徴がある。 乾いた激しい咳が出る、のどが痛むなどの症状が長期間続く。発熱、関節痛、目の充血などの症状が出る場合もある。 こちらの肺炎の中のマイコプラズマの項を参照下さい。 通常、咳は8週間以内で治まる。
肺炎クラミジア 咳が長引く。咳はひどいが熱はない。他に、呼吸困難、喘鳴、頭痛、筋肉痛などの症状が現れる。 こちらの肺炎の中のクラミジアの項を参照下さい。 X線では分かりにくい。CTで分かる。
逆流性食道炎(胃食道逆流症) 逆流性食道炎によっても咳が出ることがある。痰が出ない空咳が多い。胸焼け感や痛み。逆流性食道炎では、逆流してきた胃酸などが気管に入り、それが刺激となってせきが出る。太り気味の方がかかり易いのが特徴。詳細はこちらを参照。 胃の内視鏡検査で判別。治療は胃酸の分泌を抑える薬の服用や生活指導。
アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬) 一部の高血圧の薬の副作用として咳が出るもの。痰が絡まない空咳が特徴。高血圧の詳細はこちらを参照下さい。 症状次第ではARBなどの他の高血圧薬に変える。
仮性クループ 犬の遠吠えのような咳、ヒューヒューという呼吸、乾いた咳が出るのが特徴。重篤になることもある。 風邪の悪化。 抗菌薬の吸入や点滴。ステロイドの吸入や内服、静脈注射。
鳥関連過敏性肺炎 鳥の羽や糞を吸引することで肺に炎症を起こすアレルギー性の肺炎。インコや鳩を飼っているとき咳がひどくなったら疑う。羽毛布団、ダウンジャケットを着ることでも症状は増悪する。  
オウム病 発熱、頭痛、筋肉痛、倦怠感などのインフルエンザ様の症状が突然出現する。腹痛や嘔吐を伴う場合もある。オウム、インコ等から感染するもの。 抗生物質。
非定型抗酸菌症(肺MAC症) 倦怠感、痰が出るなどの結核に似た軽度の症状が長期にわたって続き徐々に悪化する。詳細はこちらを参照。 専門医にかかること。結核より手強い。抗生剤の服用が長期になることも。中高年に急増中で、1度罹ると治りにくい。ヒトヒト感染は無いので通院で治療。
胸線腫 胸痛、咳等の症状が出る。  
肺線維症 息切れ、疲れやすいなどの症状が現れる。 進行すると、指先が太くなる、皮膚が青紫がかった色になる、呼吸困難を引き起こす。  
塵肺 胸痛、痰、体動時の息切れ等。 長期にわたって粉塵を吸入した人にみられる病気。  
自然気胸 突発的な息切れ、胸痛などの症状が出現。 呼吸困難を引き起こす場合もあり、ショック状態となることもある。  
慢性咽喉頭炎 喉痛、咳払いなどの症状が長期間にわたって続くもので、喉が乾く感じや異物感などを訴える。  
胸部大動脈瘤 咳、呼吸困難、嚥下困難、声がかすれるなどの症状が現れることがある。  
好酸球性肺炎

気管支ぜんそくのようなせきや呼吸困難、ゼーゼーした呼吸音がある。X線検査では肺炎のような影がみつかる。

若い人に急激に呼吸困難が現れる急性好酸球性肺炎と言うのがあるが、生死にかかわるので至急呼吸器の専門を受診すること。手当が遅れると一生酸素ボンベの生活になる。

細菌による普通の肺炎ではなく、アレルギーによる肺炎なので抗菌薬(抗生物質)は効かない。ステロイドで治療するが再発も多い。診断には気管支肺胞洗浄という気管支鏡を用いた検査が必要。
多発血管炎性肉芽腫症 鼻や耳などの上気道の細菌感染をきっかけに発症することが多い。鼻づまり、鼻水、咳、頭痛などの症状が出る。進行すると肺や腎臓に障害が及ぶ。白血球が正常な細胞を攻撃して血管にも炎症が起き臓器に肉芽腫が出来る。肺にも肉芽腫が出来る事がある。ぜいぜいした呼吸になったり色の濃い痰が出るようになったら急いで受診。  
ストレスによる心因性の咳 男性に多い。  

 

参考ホームページ・参考資料

咳が出る病気の参考資料  
インフルエンザの予防、診断、治療

この頁は、書籍・文献・新聞・テレビ報道などより得た情報や先生方から直接お聞きしたことを整理したものです。医学の進歩は日進月歩であり、新しい治療法が見つかることも、また、従来の治療法が否定されることもしばしばあります。本欄を常に最新の情報に更新することには限界がありますので記載内容の最新性、確実性が常に保証されるものではありません。情報を参考にされることは構いませんが、最新情報は各自で医療機関にご確認下さい。また、対処法は個人の症状や体質などにより違ってきますから、この情報による効果や影響に関しては個人の責任と判断で行ってください。情報の利用の結果、万一、利用者に不都合、不利益が起きても一切の責任は負えないことをご了承下さい。

間違いにお気づきの場合は、「趣味のアルバム」topよりメールをお寄せ下さい

更新履歴:2011.2.13/2014.2.5/2015.11.18

>

趣味のアルバムTOPへ > 健康生活 > Top of Page

(blog) okiちゃんのあれこれ情報館

(Twitter)oki2010のツイート集


BACK