花粉症の予防と治療

最終更新:2014.10.23

花粉症の発症年齢は年々下がってきており子どもの患者も増えているそうです。(もちろん、高齢者も発症する可能性はある)今まで花粉症でない人も新たに発症する心配があるので、まずは、花粉が飛ぶ前に予防をする事が重要です。
花粉が大量に飛ぶ条件は、

・晴れて気温が高い日
・空気が乾燥している日
・風が強い日
・雨上がりの翌日

これまで症状の出なかった人でも自分の許容限界を超えると、コップの水が溢れるように、突然発症する事は充分にあり得ることです。従って、東京で花粉が飛び始める2月15日頃からは、マスクやゴーグルをするなりして不用意に花粉を浴びないようにした方が良いです。

2月はプロ野球のキャンプインの時期であるが同時に、花粉症のシーズンインでもある。ある日突然発症するから今まで症状の無かった人でも油断出来ない。コップの水が一杯になると急に溢れるように、各個人の許容限度を超えた途端に発症するらしい。私は幸い今までは花粉症ではないが、いつ患者の仲間に入るとも分からない。2010年の猛暑の影響で2011年は花粉の飛散が爆発的に多いらしいので(近畿は昨年比10倍)、今年まで発症していない人でも来年はそろそろ危ないかもしれない。花粉症の人は1月から対策を始める必要がある。そこで発症を免れるために、発症したら軽く済むためにどんな事に気をつければ良いかをまとめてみた。

■■ 花粉症対策チェックリスト ■■

@花粉飛散情報の入手(雨の日の翌日、晴れて温度の高い日、風の強い日は飛散量が多い。気温が15度以上になると飛散量が増えるから出来るだけ外に出ないか、外出するときは防備して行くことが望ましい)
・日本気象協会天気総合ポータルサイト http://tenki.jp

花粉飛散情報
  PC →http://season.tenki.jp/season/pollen/
  スマートフォン→http://lite.tenki.jp/lite/season/pollen/
Aマスク、メガネ、帽子で外出(マスクにより花粉の吸い込み量は1/3〜1/7に減る。
  症状のひどい人は室内でもマスク。
  ガーゼで鼻を覆い、その上にマスクをすると脇からの花粉の侵入をかなり防いで効果的)
B薬の内服、ステロイド剤のスプレー(1月中旬〜下旬に受診)
Cコートや洋服を玄関ではたくか、掃除機で吸い取る。(静電気により衣類に付着して室内に持ち込まれる花粉は予想以上に多い。
室内の花粉の80%以上は服に付着した花粉によると言われる)
D手洗い、うがい、鼻洗い、洗顔
E洗濯物、布団をはたいて取り込む
F部屋の窓を出来るだけ閉めておく
G濡れぞうきん、掃除機でこまめに掃除
H空気清浄器の使用(花粉の吸着)
I加湿器の使用(鼻の粘膜の乾燥を防止する)
K寝るときマスクして寝る
L玄関に新聞紙を2枚置いてスプレーして寝る(詳細下記)
M花粉症対策用品の活用(衣類にスプレーして花粉が付着するのを防止するものもある)


花粉症の現状

  • 今、花粉症の患者は2,000万人いると言われ、これは実に全人口の15%を超える。そして今後発症する可能性のある予備軍がほぼ同数いると言われている。中学生の38%が花粉症、一方、80才以上の高齢者の花粉症は少ない。
  • 2001年は観測史上二番目に多い年だった。2003年も引き続き飛散量は高水準で4年連続となった。2004年は比較的少なかった。2005年は2004年の猛暑で花粉の飛散は例年の2-3倍、2004年の10-30倍との予想が出ている。冷夏の翌年の7月が猛暑になると、その翌年は花粉の飛散が特別多い傾向にある。従って早めの対策が必要。2004/12頃から飛び始めるのでマスクを着用し花粉を体内に取り込まない事が重要。例え、今年発症しなくても体内蓄積量が増えれば、翌年発症したときに症状が重くなる。
  • 花粉の飛散は前年の夏の気温が高く、日射量が多いほど多い。花粉量が多く、1月の気温が高いほど早く飛散が始まる。
  • スギ花粉症のピークは2月中旬〜4月中旬(飛散終了は5月初旬)、ヒノキは3月初旬〜5月初旬がピークで、スギ花粉症の人はヒノキにも反応する人が多い。スギ花粉の大きさは、直径3/100ミリ、髪の毛の半分以下だが、ウイルスなどに比較すると1,000倍以上大きい。
  • 花粉は100KM飛ぶこともあるので広域の連携と情報が必要。
  • そもそもスギ花粉が急増したのは、戦後の林業政策で天然林を切ってスギを大量に植林したから。スギは樹齢30年ほどで花粉が増え始める。
  • 林野庁では花粉の飛散量が1/100という品種を開発し植え始めているが、杉は伐採までに50年程度かかるので即効性はない。 最近の研究ではマレイン酸ヒドラジドを杉の幹に注入する事で花粉の飛散量を96%抑制できるとの実験結果も発表されており今後の実施が期待される。
  • 飛散を減らすために、雄花の多い木の伐採なども行われている。
  • スギの他、ヒノキ、カモガヤ、ヨモギ、ブタクサ、白樺なども花粉症の原因となる。 ヨモギ、ブタクサなどに起因する秋の花粉症は8月下旬から10月にかけて発症する。鼻水・くしゃみなど風邪と紛らわしいので、夏風邪と思って風邪の治療をしても治らない。風邪は熱が出たり、頭痛がしたり、症状が変化する。風邪との区別が肝要。
  • アレルギー体質の人が花粉症になる。今発症していない人でも毎年花粉を浴びていると徐々に花粉に過敏になっていき、許容量を超えると花粉症を発症するので油断せず、普段から花粉にさらされないようにしなければならない。この許容量は個人個人で異なる。
  • 最近は20-40歳代の大人だけでなく、もともと許容量の小さい子供(1才の幼児から)の発症も増えているので子供の頃から注意が必要。0才児は皮膚が特に弱いので花粉が皮膚から体内に取り込まれるので、花粉を浴びないような注意が必要。 1970年代以降に生まれた人で特に大都市に育った人にアレルギー体質の人が増えていると言われる。両親のどちらかが花粉症なら、その子供は、花粉症でない子供より発症の危険が高いのでより一層の注意が必要。
  • 花粉症の発症には、花粉の他、ディーゼルエンジンの黒煙、ダニ・ほこり等も関係している。
  • 花粉食物アレルギー(口腔アレルギー):花粉症の人がある日突然、食物アレルギーになる事がある。ひどい場合はアナフィラキシーになって手当が遅いと呼吸困難等になって突然死もある怖い病気。野菜や果物を食べて、短時間で口中がかゆくなる、唇が腫れる、舌や喉の痛み、目がただれる、胃が痛くなる等の症状が出たら食物アレルギーを疑ってすぐに医療機関を受診したがよい。もやし等の野菜、リンゴ、桃、豆乳、豆腐・・・等が口中に入ると、アレルギー物質を花粉と勘違いして発症するもの。昨日まで大丈夫だった食品が今日からダメという事もあるから厄介。食物アレルギーに詳しい猪又直子横浜市大皮膚科准教授は「食物アレルギーの患者は増加傾向にある。大事なことは、花粉症の種類を知る事で、例えば、ハンノキの花粉がアレルゲンなら豆乳、豆腐、リンゴなどは食べない方が良い」と言う。ウイルモアの「クミタス」サイトでは、食物アレルギーの方、食事制限中の方のための、○○を含まない食品を探して購入できるサービスを行っている。AllAboutの花粉症になったら、こんな食べ物にご注意!等も参考にしたい。

症 状

  • 花粉を吸い込むと身体に出来た抗体(IgE)が化学伝達物質を出して神経を刺激し、免疫の働きで、侵入してきた異物である「抗原」(アレルゲン)を身体から追い出そうとくしゃみや鼻水の症状が起きる。つまり、体内に入った異物から身体を守る免疫の仕組みが花粉に対して過剰に働くために起きる。花粉症を発症するかどうかは体内の抗体量に左右され、多いと発症し易い。 IgE抗体が限度を超えると発症する。
  • ではくしゃみ、鼻水、鼻づまり
    このような症状が出たら、耳鼻科を受診して、@花粉症、Aアレルギー性鼻炎、B血管運動性鼻炎の鑑別をして貰うこと。
  • かゆみ、充血、涙目、ごろごろする、目やにが出る。 熱が出る人もいる。(花粉性結膜炎、結膜花粉症、アレルギー性結膜炎とも呼ばれる) 
  • 喉のかゆみや痛みが出る人もいる。 ひどい人は顔(特に目の下)や首にただれが起きる。
  • 鼻の症状はないのに、目だけ症状が出る人も多い。 (半数近い)
 
花粉症
風 邪
◎(出る事が多い)
鼻水 ○水様のサラサラしたものがスタスタ出る ○徐々に黄色く粘液になる
くしゃみ ◎しばしば10数回連発する △時々(初期のみ)
鼻づまり ◎ひどい
目のかゆみ・目の異物感 ○症状のない人もいる。目のかゆみはまぶた又はまぶたの縁に出る。目のかゆみの他にまぶたの結膜に粒状の隆起が出来るためゴロゴロする異物感。但し、目やには少ない。 X 眼のかゆみはほとんどない
喉の痛み 通常かゆみがあるが、喉が痛いこともある ○ 喉風邪の場合は喉が赤く腫れて痛い

初めて花粉症のような症状が出たとき:

  • 1度発症すると自然治癒は困難。
  • アレルギーの専門医を受診する。→アレルギー専門医リスト 重症化すると症状のコントロールが難しくなる。
  • 問診、鼻汁の細胞の検査、血液検査で抗体の有無を調べる。
  • 花粉症の治療は@内服薬(最近は眠気は少ない)、A点鼻ステロイド噴霧(液体又は粉末)、B免疫減感作療法、Cその他の治療法とある。
  • マスク、ゴーグルなどを適宜活用

検 査

  1. 鼻鏡検査:鼻の中をファイバースコープなどで覗いて粘膜を見る。赤く腫れていたり白い部分がある。空気の通り道も塞がっている。正常は綺麗なピンク色。
  2. 鼻汁中好酸球検査:鼻の粘液を取って顕微鏡で見ると好酸球が増えているのが分かる。
  3. X線検査:副鼻腔炎(蓄膿症)との鑑別のため二方向から写真を取る。
  4. 皮膚反応テスト:10数種類の抗原エキスを皮膚に注射する。10-20分後には判定出来る。
  5. アレルギー検査:指先から1滴の血液を採取し検査する。従来1週間かかったものが今は20分で結果が出る検査キット「特異的IgE測定試薬」が登場している。健康保険が適用される。(スギ、猫、ダニなどのアレルギー反応が分かる)
  6. 血清抗体検査:41種類の抗原を調べられる。いつ発症するかまでは分からない。
  7. 目の検査は色々あるが、通常は臨床症状により診断されている。
    目粘膜誘発検査: 花粉のエキスを約10倍に希釈して目にたらし、5-10分で痒みが出現するか、15〜30分後に結膜分泌物をとって顕微鏡でみて好酸球が存在すればアレルゲンが特定でき本症と診断できる。点眼誘発によりアナフィラキシーショックが生じることは希だが一応注意は必要。

予防

  • 両親が花粉症なら50%の子供が花粉症になる。片親(特に母親)が花粉症なら30%の子供が花粉症になる。両親とも花粉症でなければ、子供が花粉症になる確率は低い。遺伝性があるので、そのような人は子供の頃から注意が必要。
  • 重症になった花粉症を軽くするのは困難。従って予防が大事。花粉飛散開始日とは1平方センチメートル中に1個以上の花粉が連続してある状態。実際は開始日前から花粉は飛んでいる。従って、飛散開始予測日の4週間前くらいから第二世代抗ヒスタミン剤を服用するのが一番効果が高い。
  • 予防的に使える薬を花粉が飛散する2週間くらい前から内服すれば症状を軽くできる。是非この時期から始めたい。飛散量や前年の症状を考慮し、内服の他に、飛散予測日の1週間前から局所ステロイド薬の鼻スプレーを併用するのも良い。
  • マスク:花粉を80%程度cut出来る。花粉症専用が良いが、普通のガーゼマスクでも枚数を増やし、水で湿らせば効果が高い。ダチョウの卵から作ったマスクも花粉症に効果が高いと言われている。
    NHKおはよう日本まちかど情報室で2009.2.13紹介された花粉症対策用のマスクについて参考までに調べてみました。
    @超薄い花粉症対策マスク 製品名:「深呼Qマスク

    製造・販売元:グループウエストン 〒389-2254 長野県飯山市南町27-1 TEL:0269−67−2860
    マスクのフィルター素材には25ミクロン(0.025ミリ)の極細孔が1平方センチ当り3万2千760個開いている、表面が滑らかなポリエステル100%の縒られていない一本糸が使用されている。フィルターが一層のマスクなので、装着時圧迫感が無く、呼吸や会話が楽にでき、簡単な水洗いでOK。その上乾きも早く、何度でも使用出来るメリットがある。
    深呼Qマスク Mサイズ
    深呼Qマスク Sサイズ

A眼鏡が曇りにくいマスク 製品名:「サニーク 快適ガードプロ

製造:大三株式会社、発売:株式会社 白元(03-5681-7691) 〒123-0853 東京都足立区本木2-4-23 TEL:03−5681−7691(お客様相談室)

  1. ノーズクッションを採用しているのでメガネのくもり99%カット(マスクの弱点鼻の部分がパッドで密閉されておりメガネが曇らない)
  2. 縦横クロスプリーツ構造、W構造で超密着
  3. 特殊静電フィルターを採用し、花粉・ウイルスを含む飛沫を99%カット

amazonで購入する場合:
快適ガードプロ 立体タイプ レギュラーサイズ 5枚入 (3入り)
快適ガード プロプリーツ小さめタイプピンク 5枚入り

楽天で購入する場合:
【PC限定P10倍 2/17 9:59迄】快適ガードプロ 加湿立体タイプ 3回分
快適ガードプロ プリーツピンク 5枚入

B就寝用のマスク 製品名:「マスクにもなるシルクネックウォーマー」 

発売元:ドリーム 〒461-0023 名古屋市東区徳川町403 I・C・Cクオリアビル TEL:0120-559-553(お客様相談室)

首から肩まですっぽり。シルク+遠赤素材!!のどしっとり♪マスクにもなるシルクネックウォーマー

  • 眼鏡 ・ゴーグル:花粉症専用のゴーグル眼鏡型が効果が高いが、普通の眼鏡でも防塵効果はあるのでしないより良い。コンタクトはなるべく使用しない。興和のゴーグル「ディメンション」は同社のテストで花粉侵入を98%以上防いだと言う。
    花粉症ウィルス対策 保護 めがね[花粉メガネ] KOWA DIMENSION スポーツタイプ 花粉・紫外線プロテクトグラス コーワ ディメンション◆ライトスモーク
    スカッシー スマート ブラウン 標準フリーサイズ 8970-03
    スカッシー スマート
  • 花粉侵入防止のプラスイオンの膜:エーザイの「クリスタルベール」3G=150回分\1480は鼻の周りに塗ると鼻腔にプラスイオンの膜が張られて花粉やほこりを吸着するという。塗った後にマスクをすれば尚良い。
    クリスタルヴェール 3g
  • つばの広い帽子
  • 家の中で一番花粉が多いところは玄関。寝る前に新聞紙2枚を広げて、霧吹きで濡らして一晩置き、翌朝畳んで捨てると良い。夜中に花粉が落下し濡れた新聞紙に付着している。新聞紙が乾燥していたらもう一度スプレーして濡らして花粉が飛び散らないようにして畳む。 (NHKマサカメTVより) 
  • 空気清浄機は家の中で一番花粉の多い玄関に設置すると効果が高い。
  • 花粉の飛ぶ量は一定ではない。最盛期の花粉量は数日分で総量の30-60%にも達するので、特に飛散の多い時期の数日の外出を控えるだけで症状を軽くできる。是非花粉情報を活用したい。
  • 花粉は雨上がりの晴れた風の強い日、乾燥した日に飛散量が増える。飛散量は11〜14時頃と18時前後が多い。こんな日に外出する人は完全防備で。雨の翌日、地面が乾くと落ちていた花粉が舞うので注意が必要。
  • 自宅の庭にカモガヤやブタクサなどが生えていたら除草する。
  • 風邪をひくと鼻の粘膜が弱くなり症状が強く出るので注意。
  • ストレスを避け、十分な睡眠を取る。免疫のバランスが崩れると症状が余計に強く出る。
  • たばこは症状を増悪させるので、禁煙したい。
  • 白樺花粉症の人はリンゴ、桃、梨、プラムなどを控える。
  • 車のエアコンから出る花粉に注意。エンジンをかけて数分窓を開けてから乗り込む。
  • 便秘・冷え性の人は要注意。花粉症を発症しやすい。

特に、外出から帰宅後

  • 帰宅時に花粉を家に持ち込まないようにコートなどを戸外ではたいて花粉を落とす。着ていたセータ等に付着する花粉は想像以上に多いらしい。
  • 帰宅後、うがい、洗顔、シャンプー、手洗いをする。
  • 鼻洗いの実行:鼻の中に薄い塩水(普通の浄水では鼻を刺激して痛い)を注入して鼻腔のゴミや花粉を洗い流す。専用の鼻洗い器が市販されているが、最も手軽で安く管理人自身も使っているのが、「ナサリン鼻腔洗浄器」(\2435)で、その他、東京鼻化学研究所製造、株式会社ティーピーケーが発売している「Hana Clean S」(電話:03-3792-5080)(\3,654)等がある。
    ナサリン 鼻腔洗浄器  
    スウェーデンに伝わる治療方法ナサリン鼻腔洗浄器[CA-NASALINE] (本体60ml容器×1本、精製塩サ...
    ハナクリーンS
    他に、 「東京都足立区舎人4-7-2 株式会社中澤金属製作所製の(許可番号2799号)らくらく鼻洗浄器ヘゴタロー」等もある。(\1.974) ⇒鼻洗いは風邪の予防にはなるが、花粉症には効果が薄いという医師もおり過度な期待は出来ない。
  • ハナクリーンEX」等もあるが、特に使用後の洗浄等の管理が悪いと、内部が詰まってしまいすぐに使えなくなる欠点がある。価格が高いものは機構が複雑で手入れも面倒で必ずしも良いとは言えない。
  • 市販の「鼻シュッシュ」(富山小林製薬)[30ML]は容器のノズル先端を鼻腔に挿入して、ミストを噴出して花粉・埃・雑菌を洗い流して症状を緩和する効果があるとされる。
  • 蒸しタオルを鼻に当てて深呼吸をする。1日15分間、3回程度。 但し、あまり熱いタオルは赤鼻になるので注意。電子レンジで1分程度、42-43度がベスト。
  • ガーゼマスクはガーゼを数枚重ね、出来れば水で濡らすと効果的。
  • 高タンパク質の食事は控える。 大気汚染地域には出来るだけ行かない。
  • 花粉防護マスク」の効果、商品や使用者により大きなばらつき
    ここ数年、春先になるとマスクをかけた人をしばしば見かけるようになった。花粉を吸い込んで、花粉症の症状がひどくなるのを避けるためだが、この種のマスクの花粉阻止効果は2〜7割強と、商品によるばらつきが大きいことがわかった。⇒ワイヤーのある物が効果が高い。顔にぴったり密着するタイプを選ぶことが肝心。

早く治すために


予防

抗アレルギー薬
発症後 抗ヒスタミン薬+ステロイド剤噴霧・点眼
重症者 減感作療法(スギとブタクサのみ)
薬が効かない人 レーザー手術
花粉症のタイプにより治療法が異なるので医師に相談
 
症状の出始め
終了時期
症状のある期間
症状の強さ
花粉飛散量が少ない年に症状が出るか?
A型
早い
遅い
長引くこともある
弱い
症状が出ることもある
B型
遅い
遅い
長い
強い
症状有り
C型
早い
遅い
長い
強い
症状有り
D型
遅い
早い
短い
弱い
なし
  • 予防には、抗アレルギー薬、発症後の治療には抗ヒスタミン剤+局所用ステロイド剤、抜本的には減感作療法がある。その他、レーザー手術療法。
  • 抗アレルギー薬(第二世代抗ヒスタミン薬)は効き目が出る迄に2週間かかるので、1月中旬頃から服用する必要がある。但し、妊婦は避ける。シーズン終了まで服用する。 市販薬は眠気が強いので医師の処方の薬が良い。
  • 花粉が飛び始める2週間前から予防薬を内服すれば症状を軽くできる。 服用が遅れれば症状を悪化させるので、大事なことは早めに対応すること。尚、メキタジンは劇症肝炎の報告もあり医師の指示で慎重に服用。
  • 発症してしまったら、
    1. 抗ヒスタミン剤の内服(即効性がある)、
    2. 鼻腔内にステロイド剤を直接噴霧するスプレーの使用。 局所に使うステロイド剤は短期間の使用なら副作用はあまり心配しなくて良い。年単位で長期に使用すると鼻粘膜が弱くなり鼻血が出やすくなる等の副作用が出現するので医師と相談。尚、妊婦は主治医と相談。
    3. 目のかゆみを抑えるための第一選択肢は、抗アレルギー薬。抗アレルギー薬は長期に連用によっても眼圧上昇や白内障などの副作用を生じることはない。ステロイド点眼薬を使用する人は眼圧の上昇に注意。体質によってステロイド緑内障になることもあるから、定期的な眼科検診は必要。
  • 抗ヒスタミン薬の中で、最近開発された第二世代抗ヒスタミン薬ロラタジン(クラリチン錠10mg、クラリチンレディタブ錠10mg)や塩酸フェキソフェナジン(アレグラ錠)などは眠気や口の渇きが少ない。 クラリチンは水無で飲め飲み易い上に一日一錠で良い。 市販薬は眠くなることが多いが、医師の処方薬(クラリチン、アレグラ)は眠くならない。眠くなる人は10人に1人程度。
  • 同じ第二世代の抗ヒスタミン薬の中で、塩酸オロパタジン、フマル酸ケトチフェン、オキサトミド、フマル酸エメダスチン、ペシル酸ペボタスチンなどは効果は強力だが多少眠気を伴う。
  • 薬の種類は非常に多いので自分にあった薬を見つけるまで諦めず、次々と試させてくれる医師を選ぶことも大事。
  • 漢方薬で治療するなら第一選択肢は、小青竜湯。 但し、小青竜湯にはエフェドリンを含有する麻黄が含まれているので、高齢者や胃腸の弱い人、体力のない人(虚証)では、動悸、胃腸障害などの副作用が生じることもあるので、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)が勧められる。
  • 鼻づまりがひどい場合は、ロイコトリエンやトロンボキサンA2拮抗薬が用いられる。
  • ステロイドに抗ヒスタミンの成分が配合された合剤「セレスタミン」は症状が特に強い時期に短期間使うのが良い。緑内障、前立腺肥大の人は注意。原則長期には使用しない。徐々に減量又は中止。眠気が強く出る人もいる。
  • 舌下免疫療法:スギ花粉症を対象とした減感作療法(アレルゲン免疫療法)に使われる新薬「シダトレンスギ花粉症舌下液」(以下、シダトレン)が2014年1月に厚生労働省に認可され、花粉症が治る病になった。保険適用は2014年10月から。(自費では年間80万円かかっていたので保険適用は朗報。保険適用後の費用は1回分3割負担で30円)シダトレンを使用した舌下免疫治療法の治験を全国に先駆けて続けてきた日本医科大学付属病院耳鼻咽喉科教授の大久保公裕教授によると、舌下免疫療法はこれまでのところ、全体の約8割の患者の症状が改善され、5割は症状が大幅に改善、約2割は症状がきれいさっぱり無くなったという。定められた用量を1日1回舌下投与する。2分間舌下に保持した後で飲み込み、その後は5分間、うがいや飲食を控えるようにする。注射の10-20倍のエキスを取り込める。効果が固まるまで2年間かかり、時間のかかる治療法で即効性はないが、症状軽減が期待出来る治療法。 7-10月に治療開始すると良い。問い合わせ:日本医科大耳鼻科 03-3822-2131 大久保公裕教授(2011.1.12はなまるマーケットや2013.1.25ワールドビジネスサテライトで紹介された)
    [注意事項]舌下免疫療法を受けられない人:妊娠している人、抗がん剤治療中、免疫疾患患者、重症の喘息患者、12才未満。
  • リノライト紫外線照射療法(フォトテラピ-):上記の日本医科大耳鼻科大久保公裕教授は2011/1現在日本に2台しかないハンガリー製の紫外線照射治療器を使って治療中。紫外線を含む光を1分ずつ2分間鼻の粘膜に照射するとアレルギー物質に反応する細胞が変化する。痛みもなく副作用が少ないメリットがある。3週間で6回行う、自由診療、費用2万円。 問い合わせ:日本医科大03-3822-2131 。大阪歯科大学付属病院耳鼻咽喉科でも同様の治療が行われている。(准教授久保伸夫先生)
  • 超音波レーザー治療:鼻の内部が炎症で腫れている時、レーザーで鼻粘膜を焼き切る事で、粘膜の一部をアレルギーの起こりにくい粘膜に変性させるもので根治療法ではない。80%に有効。費用は保険適用で7千円程度。花粉症が発症する前に実施する必要があり、前年末頃まで、遅くとも1月中に実施するのがベター。日帰り可能。レーザー手術後の皮膚が元に戻る迄に治療後2〜3週間かかる。効果は2〜3年続く。その後再手術が必要。粘膜の炎症が極端にひどい患者が対象。治療は痛みはほとんどない。設備が高価なためどの耳鼻科でも出来る手術ではなく、また先生の技量に左右されるので信頼できる耳鼻科を探すこと。(東京医科大学病院など)
  • 最新治療法「光融合型レーザー治療(レーザー:Nd:YAG)」 信濃町の大城クリニックで行われているレーザー治療法。鼻粘膜をレーザーで軽く照射する治療で過剰なアレルギー反応を抑え、鼻づまり・鼻水・くしゃみなどの鼻の症状を解消することが出来ると言う。 シーズンに入った今からでも出来ると言う。治療は2分、費用6000-7000円。詳細はこちらを参照。
  • 最新治療法であるアルゴンプラズマ療法では、効き目が早く花粉症の症状が出てからでも治療でき、効果は半年〜2年続く。痛みはない。費用は30%負担で\5,500程度。治療は約1時間程度。 既に花粉症が始まり、鼻水が出ている状態での治療ではレーザー治療よりアルゴンプラズマ療法のほうが効果的。設備が高価なためどの耳鼻科でも出来る手術ではなく、また先生の技量に左右されるので信頼できる耳鼻科を探すこと。
  • 鼻づまり解消の最新治療「コブレーション法」(高周波電流)による鼻粘膜焼灼術:
    鼻づまりの80%は治る。高周波電流で鼻づまりを治す。注射で麻酔して通り道を広げる。レーザー治療では鼻粘膜の表面を焼灼するが、コブレーションでは鼻粘膜下に電極を刺して、粘膜下の組織を凝固・縮小させることで鼻閉を改善するもの。手術時間は両鼻で10分程度。費用はレーザーの2-3倍(自費)。鼻の出血は多少あるので治療後一時間は安静にする。花粉症の対策として行う場合は鼻粘膜が落ち着くのに1ヶ月程度かかるので、1月上旬までに行うのが良い。入院は不要だが、術後1週間は処置が必要。 新川クリニックの院長、新川敦医師が著名。
  • 鼻づまりの簡易解消法
    左鼻が詰まっている時は反対の右脇にペットボトルを挟んで、1-2分すると鼻が開通する。但し、一時的なもの。缶コーヒーではダメ。重度のアレルギー、自律神経の病気の人は効果がない。
  • 花粉症ワクチンの研究が理化学研究所等で進んでいる。治療薬開発の成果が期待される。
  • マスクと眼鏡  不織布のマスクでも顔にぴったりフィットしていなければ花粉ブロック率は85%位で、鼻の上部や頬の横の隙間から15%の花粉が侵入する。マスクの中にガーゼなどを入れて隙間を埋めると更にブロック率が向上する。
  • 部屋の窓を開けない。(短時間にする)
  • 寝る部屋には濡れタオルを干す。洗面器やバケツに水を張って枕元に2〜3個置くのも良い。加湿器があれば尚効率的。部屋の湿度を50-60%程度(最低でも40%以上)に保ち鼻の粘膜の乾燥を防止する。
  • 寝るときに軽くマスクをして寝るのも良い。但し息苦しく感じる人はしない方が良い。
  • 帰宅時に花粉を家に持ち込まないように衣類やコートなどを外ではたいて落とすそのまま家に入れば驚くほどの花粉が持ち込まれる。洗濯物も同様。 出来れば家の中に干す。布団は良く払って取り込む。
  • スギ花粉は直径3/100ミリと髪の毛の断面よりわずかに小さい程度だが、他の粉塵より大きいため、人が動いて巻き上げる時以外は床に落ちているので、こまめに掃除機をかけたり、雑巾などで拭き取るのが一番効果が高い
    掃除の仕方:花粉の飛散の少ない朝か夕に行う。台所の換気扇を回して、反対側の部屋の窓を10cm位(全開にしないことが重要)開けて10分程度換気をしながら掃除機をかける。(窓を少しだけ開けて掃除した方が空気の流れが速くなり、部屋の埃が室外に排出されやすい)
  • 空気清浄機の使用。 最近は花粉の他ウイルス、カビ菌なども吸着する空気清浄機が登場し年間を通じて使える。
  • ライオンの「花粉ガード」:玄関でスプレーすれば、静電気を防ぎ衣類に付着する花粉を99%減らせるとのこと。
  • 帝人ネステックスの「クロスキャビン」という網戸に貼り付けて花粉の侵入を防ぐ商品を発売。(花粉の80%をカットし、季節外は取り外せる)
  • ゼンワールド社の「エアープロット」は窓の内側に塗り花粉を分解消滅させる。
  • フマキラーの「花粉、鼻でブロック」は鼻の入り口にクリームを塗り花粉をブロックする。1回で4時間効果が持続すると言う。
  • 食生活の改善:肉食偏向を改める。肉食はアレルギー反応を促進する。魚は抑制する。
  • 市販の鼻洗い器で食塩水で鼻を洗う(水では刺激が強いので不可)
  • 外出から帰ったら顔や目を洗う(市販薬を使う場合は防腐剤が入っていないものを使う) 、但し頻繁に目を洗うのはむしろ逆効果。 (アレルギーに対する身体の反応そのものを無効にする)
  • 乳酸菌、緑黄色野菜を摂る。 ヨーグルトのビフィズス菌が予防に効果を発揮する。ビフィズス菌BB536の整腸作用と免疫調節作用が花粉症の症状軽減に役立つことが報告されている。BB536を含むヨーグルトを毎日100-200G食べ続けると症状を軽減できるとのこと。
  • 花粉症の症状を緩和する食品乳酸菌やポリフェノールが症状緩和に役立つ。@カルピスインターバランスL-92、AキリンノアレKW乳酸菌、B日本コカコーラ春のミント習慣、Cキッコーマントマトのちから等々。
  • 甜茶(ポリフェノール)+しそが良いとの報告もある。例:宝酒造 甜茶900ml \200 コップ1杯で6枚分のシソ葉エキス含有。メーカーは毎日1杯飲むことを薦めている。甜茶飴もある。
  • シジュウム茶のタンニンが効果があると言われる。
  • べにふうきと言うお茶が効果が高いと言われるが、まだ生産量が少なく入手難。
  • 加工用のトマト(トマトの皮に含まれるナリンゲニンカルコンがヒスタミンを抑える)[生食用トマトでは効果はない]
  • レンコンにはポリフェノールが含まれ効果があるとの報告がある。
  • 部屋にユーカリを置いたら花粉症が軽快したという報告もある。
  • 衣類の素材:Xウール、Xポリエステル。○レーヨン、○木綿。
  • 一旦発症した花粉症が自然に治るのは数%程度。
  • 即効性を求めてステロイドの筋肉注射を薦める医師もいるようだが、副作用が強く出る事もあり避けたが賢明。
  • 現在動物実験の段階にあるが将来有望な治療法となる可能性の高い治療法として、@免疫療法:ペプチド減感作療法、ADNAワクチン療法がある。
  • 2007年4月、厚生労働省は、スギ花粉を含む健康食品(飲料水、飴など)を食べた場合、例え、含まれる花粉が少なくても重いアレルギー症状を起こすことがあるとして注意を呼びかけている。

花粉症情報をインターネットで提供

花粉は雨上がりの晴れた風の強い日、乾燥した日に飛散量が増える。花粉飛散の情報をうまく活用しよう。

花粉症関連の主要ホームページ
花粉症関連グッズ、図書購入  
東京都の花粉情報  
yahoo!花粉飛散情報 一週間の飛散予測は便利
環境省花粉情報サイト  
花粉飛散情報 総合気象情報サイトでお出かけ前の飛散状況をチェック出来る
日本アレルギー学会 アレルギー専門医一覧など
日本アレルギー協会 花粉症なんか怖くないの中で花粉症の疑問を説明
花粉症の話 監修:獨協医科大学眼科教授 小暮文雄(参天製薬提供)
アレルギーi花粉症対策 飛散情報やマスクなどの対策グッズ紹介

日本気象協会

 

鼻アレルギー情報センター  
慈恵医大耳鼻科  
ウエザーサービス花粉情報  
日本新薬花粉情報  

この頁は書籍・文献・新聞・雑誌・テレビ報道などより得た情報や先生方から直接お聞きしたことを整理したものです。医学の進歩は日進月歩であり、新しい治療法が見つかることも、また、従来の治療法が否定されることもしばしばあります。本欄を常に最新の情報に更新することには個人のHPでは限界がありますので記載内容の最新性、確実性が常に保証されるものではありません。また、対処法は個人の症状や体質などにより違ってきますから、この情報による効果や影響に関しては個人の責任と判断で行ってください。情報の利用の結果、万一、利用者に不都合、不利益が起きても一切の責任は負えないことをご了承下さい。記述は正確を期していますが、間違いにお気づきの場合は、「okiちゃんの趣味のアルバム」Top Pageよりメールをお寄せ下さい。

更新履歴:2003.1.23/2003.9.4/2004.2.3/2005.3.17/2006.1.26/最新更新は上部に記載

 

 

趣味のアルバムTOPへ > 健康生活 > Top of Page


BACK