心筋梗塞や糖尿病の元凶か?:異所性脂肪

NHK総合テレビで2010年3月6日放送された番組「追跡! AtoZ “肥満は悪くない?”」 を見て驚きました。日本人の肥満者はアメリカ人の1/10と少ないのに、何故か生活習慣病を発病する人は日米で差がないというのです。

肥満=病気、標準体重=健康というのがこれまでの常識のはずでしたが、必ずしもそうではないというのです。確かに、世の中には、太っているのに生活習慣病と無縁の健康な人がいるかと思えば、標準体重か、やせているのに病院通いの人がいます。 これはいったいどういうことでしょうか? 

最近の研究で、皮下脂肪、内臓脂肪とはまた別の第三の脂肪、「異所性脂肪」の存在が分かってきました。この異所性脂肪が健康に悪いと言うのです。

異所性脂肪は体型とは関係がなく、太っていても異所性脂肪が少ない人は健康だということです。異所性脂肪があるかどうかはどうすれば分かるのでしょうか?、また、多い人は、一体どうすればよいのでしょうか? 3月6日の放送をおさらいしながらまとめてみました。

■どんな病気・原因

  • 異所性脂肪の蓄積を防ぐ鍵は、実は皮下脂肪にある。エネルギー貯蔵庫である皮下脂肪が多ければ異所性脂肪は皮下脂肪に貯まり外には出ない。皮下脂肪にためきれない脂肪が、異所性脂肪となるが、これは強い毒性を持っていて、心臓、肝臓や膵臓等脳以外に付着・蓄積して、細胞の奥まで入って強い毒性で攻撃して心筋梗塞、糖尿病やがんを引き起こすと言う。
  • 異所性脂肪の量は太っているとかやせているとか外見とは無関係だと言う。
  • 日本人はアメリカ人に比べて皮下脂肪の貯蔵能力が低いため、少し太っただけで異所性脂肪が心臓やすい臓等の臓器にバターを塗ったみたいに付着して生活習慣病の危険性が増すらしい。
  • 日本人はアメリカ人と比べて内臓脂肪がたまりやすい傾向がある。異所性脂肪も貯まりやすい民族。いわば、肥満に弱い、少し太っただけで病気になる人種という事になる。健康上大事な皮下脂肪が付きにくい体質、だから、日本人は皮下脂肪に十分な量の脂肪を貯められない事になる。
  • 太っていても皮下脂肪が多い人は防波堤となって、異所性脂肪を皮下脂肪に蓄積できるので問題が起きない。つまり、太って皮下脂肪が増えれば糖尿病は改善するという常識では考えられないような事実がある。ただ、太っているのが良いかと言うと必ずしもそうではない。やはり、太っていることは良くない。何故なら防波堤をオーバーフローすればいろいろな病気を引き起こす事になる。標準体重で皮下脂肪が多い人が一番望ましい。
  • 脂肪肝は異所性脂肪が付着した肝臓のことで、最近多いのが、NASH(非アルコール性脂肪肝炎)で患者数は150万人。脂肪肝の状態が長く続くと脂肪肝→脂肪肝炎→肝硬変→肝がんにもなるので要注意。脂肪肝炎こちらを参照
  • 心臓に貯まった異所性脂肪は画像診断(CT)で見える。異所性脂肪が貯まると冠動脈にも悪影響が及ぶ。エコーで心臓に脂肪がまとわりついて動きが悪いのが確認出来る。
■検 査

どういう人が異所性脂肪が多いか

    1. ALT(GPT)が高い人
    2. 中性脂肪の多い人
    3. HDL(善玉コレステロール)の低い人

は要注意だ。

心配な人はCTで精密検査したが良い。実際にどれだけ異所性脂肪が貯まっているかは、腹部をCTで検査したり、ふくらはぎをMRIで検査して測定するのでどこでも出来る訳ではない。

■対 策

どうすれば、異所性脂肪を減らすことが出来るか、その対策は?

  1. 脂分を減らす。(適正カロリーを守り、肉を赤身肉、魚に変える。揚げ物を控える。)
  2. 1日1万歩歩く。

これで劇的に異所性脂肪が減るという。実験では、3日間努力したら、異所性脂肪の量が30-50%減った。異所性脂肪は簡単に貯まり病気の元になるが、日々の努力で簡単に減る事も分かった。継続的な努力が必要ということ。

■参考資料・ホームページ

この頁は、書籍・文献・新聞・テレビ報道などより得た情報や先生方から直接お聞きしたことを整理したものです。医学の進歩は日進月歩であり、新しい治療法が見つかることも、また、従来の治療法が否定されることもしばしばあります。本欄を常に最新の情報に更新することには限界がありますので記載内容の最新性、確実性が常に保証されるものではありません。情報を参考にされることは構いませんが、最新情報は各自で医療機関にご確認下さい。また、対処法は個人の症状や体質などにより違ってきますから、この情報による効果や影響に関しては個人の責任と判断で行ってください。情報の利用の結果、万一、利用者に不都合、不利益が起きても一切の責任は負えないことをご了承下さい。

間違いにお気づきの場合は、「趣味のアルバム」topよりメールをお寄せ下さい

最終更新:2010.3.7

∧ 又は ∨をクリックすると次の項目が見られます。

趣味のアルバム > 健康生活 > Top of Page


 

BACK