2008年4月 桃源郷

ピンク一色の新府桃源郷と一宮桃源郷!

2008.4.16(水)〜4.17(木)
高遠城址公園の桜を堪能した帰り、翌日、甲府の桃源郷に立ち寄った。新府桃源郷はまだ見頃だったが、一宮桃源郷は盛りを少し過ぎていた。町全体に桃の花が咲き誇っていてこの時期はどこを見ても街全体がピンク一色だ。初日新府桃源郷を見た後、石和温泉に泊まり、翌日は一宮桃源郷に行った。一般的には、一宮桃源郷の方が有名だが、私は新府桃源郷の方が好きだ。何故なら、@普段はそれほど混雑していなくて、人も少ないので静かに桃源郷を楽しめる、A八ヶ岳、南アルプス、富士山の景色が綺麗、B散歩を兼ねて新府城跡に登れば武田勝頼の夢の跡を想像し、更に眼下に広がる壮大な桃畑を見られる。
天気:晴れのち曇り 
お薦め度:★★★★☆

新府桃源郷

新府桃源郷は一宮桃源郷より標高が高いので開花が少し遅く丁度見頃だった。満開は2008.4.14とのこと。(2008.4.16 11:09am)

同じ桃でも色が変わる。最初、白→薄いピンク→濃いピンクと色が変わっていく。美味しい桃を作るために、蕾や花びらは農家の人が適宜間引いて取って捨てる。(2008.4.16 11:10am)
八ヶ岳をバックに桃畑が続く。一宮桃源郷よりも開花が少し遅く丁度見頃だった。あいにく天気が悪く八ヶ岳もかすんでいた。(2008.4.16 11:17)
桃の種類により花びらも違う。これは上の桃の木のもの(2008.4.16 12:12)
丘陵地一帯に広がる新府桃源郷。この日は曇りで八ヶ岳連峰もかすんで見えた。周辺には駐車場が少ないせいか観光バスは一台も見なかった。(乗用車用の小規模駐車場はある)(2008.4.16 11:36am)
桃の花のトンネル の下を歩くのは何とも贅沢なもの。まさに桃源郷という感じがする。新府桃源郷で。それにしても、観光客は桃農家の庭に勝手に入って歩き回って写真を取るのだから農家の人は迷惑千万だろうが、一言も文句を言わない、寛大なものだ。(2008.4.16 11:40)
桃に、菜の花とチューリップ(2008.4.16 11:40am)
桃畑でのんびり写生する老人。バックは南アルプス。新府桃源郷では絵を描く人が多い、この日だけでもざっと20人はいた。農園のおばさんの話では毎日こん な状態という。場所にもよるが、ここからは八ヶ岳連峰、南アルプス、富士山が見られる最高の立地にあることも画家が多い理由かもしれない。桃の他、菜の花が美しい。(2008.4.16 12:27)
新府城跡に登って新府桃源郷を眼下に見る。新府城は武田勝頼(武田信玄の4男)が1581年山梨県韮崎市中田町に築いた城。(入場無料)遠くが霞んで富士山が見えなかったのは残念。(2008.4.16 12:53)
新府桃源郷では4月中旬になると桃の花が満開になり周辺はピンク一色となる(2008.4.16 15:40)
一宮・御坂の桃
笛吹市大堀山の麓に広がる桃畑。菜の花との競演が美しい。近くに、みさか桃源郷公園がある。天気の良い日には桃畑の向こうに残雪をいただいた甲斐駒ヶ岳や北岳が見えると言う。(2008.4.17 11:01)
みさか桃源郷公園の近くの桃畑(2008.4.17 11:03am)
釈迦堂遺跡博物館
中央高速道路の釈迦堂パーキングエリアから行ける釈迦堂遺跡博物館。下りPAより専用階段で2分、上りPAより10分。電話:0553-47-3333(2008.4.17 12:09)
釈迦堂遺跡博物館(入館料\200)の庭にはいろいろな花が咲いておりとても綺麗だ。ユリ、スイセン、ジャーマンアイリス、バーベナ等々(2008.4.17 12:10)
新府城跡
石垣を使わない平山城で、本城は600X550Mの広さがあり、外堀と本丸の標高差は80Mと言う。図の上部に見られる東西の出構えは鉄砲による攻撃に対抗するための構えと言われる。
新府城跡にある看板。武田勝頼は本城を1581年12月完成させたが、その三ヶ月後の1582年3月3日の織田軍の侵攻を前に自ら城を焼いて、群内領岩殿城を指して落ち延びたという。
新府城跡の頂上はフラットになっている。ここからは桃畑は見えないので端の方に移動すると眼下に桃畑が広がる。標高は529m (2008.4.16 12:50) 新府城跡には階段を上ってくるか、なだらかな坂道を上ってくるか2通りの方法がある。脚力に自信のない人は階段横の傾斜の緩い坂を利用しよう。社殿や階段には一面の散り桜が。(2008.4.16 13:01)

桃源郷のデータ
お薦め度
★★★★☆
どんなところ

桃源郷を標榜する名所は、@笛吹市一宮・御坂桃源郷、A韮崎新府桃源郷、B南アルプス桃源郷がある。

韮崎新府桃源郷:新府桃源郷(中田町中条地区)は韮崎市の北部にある。
一宮桃源郷:笛吹市の一宮は日本一の桃の里として知られている。みさか桃源郷公園、釈迦堂遺跡博物館(中央自動車道釈迦堂PAから行ける)、石和温泉などがお勧め。甲府盆地南東の丘陵地に広がる桃畑は一宮と御坂をあわせて870HA、桃30万本ある。一宮なら国分寺周辺、御坂ならみさか桃源郷公園周辺、釈迦堂遺跡博物館あたりがビューポイント。
釈迦堂遺跡博物館:中央自動車道建設に先立って調査された日本有数の縄文遺跡。
新府城跡: 山梨県韮崎市中田町中条上野

入園料
なし
電話
笛吹市観光商工課:055-262-4111
笛吹市観光連盟:055-261-2829
石和温泉観光協会:055-262-4111
一宮町観光協会:0553-47-1111
駐車場
釈迦堂遺跡博物館やみかさ桃源郷公園に駐車場がある(無料)
アクセス

一宮まで調布インターから中央自動車道で約1時間10分。
新府桃源郷:JR中央本線新府駅から徒歩20分、中央自動車道韮崎インターから15分。

ホームページ
天気予報
Yahoo!ピンポイント天気予報はこちら
地図
新府城跡 みさか桃源郷公園

 

趣味のアルバムTOPへ > 花紀行 > Top of Page


BACK