群馬県板倉町・日本一のコスモス畑
2006年10月のコスモス
2006.10.17(火)
板倉町のコスモス畑はなにしろ広い。60Haに80,000,000本のコスモスがあるという。こんなに大きなコスモス畑は見たことがないほどだ。多分、日本1、2の規模だろう。コスモス畑に段々近づくと見渡す限りのコスモスの群生で辺り一面がピンク色に染まっているかのようだ。花は好きなだけ摘み取り自由で、大勢の人がどれだけ取っても、後から後から新しい花が出てくるので詰み取った感じは全くしない。見頃のピークは10月15日〜10月22日頃。 ピンクが主体だが、黄花コスモス(オレンジ)もある。白が少ないのが残念。10月7日〜29日迄コスモス祭り開催中。駐車車はあるが最盛期の週末は満車になることも。あまりに広いので歩いて回るのは困難。どこか一個所場所を決めて花を摘み取るのが良い。付近にレストランやコンビニはない。この日は気温22度、風も弱く絶好のコスモス日和だった。

2003年10月のコスモス

群馬の水郷と揚舟ツアー

写真をクリックすると大きな写真に変わります

2003.10.10(金)
新聞のタウンガイドに、「コスモス8,000万本、日本一の規模。摘み取り自由」とあったので早速行ってみた。この日は21度と絶好の日和。コスモスは80-90%の開花度で枯れた花がほとんどなく綺麗だった。2003.10.11(土)〜10.13(月)10:00-15:00のコスモス祭の期間は一番の見頃になると思われる。麦を作った後の転作田を利用したコスモス団地は東京ドーム13個分とのことで流石に広い。コスモス畑は何カ所にも分かれており、あまりに広く端の方は見えない程遠く離れているので歩いて回るのはかなり困難。丸々と育ったコスモスが、“どうだ参ったか”と言わんばかりに咲き乱れていた。明日からコスモス祭だというのに、その前日でも花の摘み取り自由だという。“好きなだけ取って持ち帰ってください”と言う。それもそのはず、膨大な面積に8,000万本のコスモスがあるのだから、どれだけ取っても大勢に影響はない感じ。畑の中のコスモスだけあって、平坦地で風情には欠けるが、コスモス摘み取り自由だから有り難い。これだけの長期間コスモスの摘み取りが出来る場所は滅多にないだろう。新田町でも摘み取り可能なのは最終日、一目100万本で有名なホテルサンバードの水上高原コスモス園は入場料一人当たり\500(車1台\500ではない)で摘み取りは不可。それに比べれば、コスモス摘み取り自由といい、群馬の水郷の「揚舟」乗船無料といい、板倉町は気前がよい。お陰でもう一度自宅で綺麗なコスモスを眺めて良い気分になった。板倉町の皆様、有り難うございます。コスモスを見終わったら、是非、コスモス畑から直ぐの(約3.2km)ところにある群馬の水郷に寄って見ることを薦める。
2003.10.16(木)
群馬の水郷の揚舟に乗りたくて、今度は午前中に行った。11:00の出発便に間に合った。のんびり1周40分の舟の旅を楽しんだ。途中、アマゾンの密林のような場所を通過する。両岸の自然が気分を爽快にさせてくれる。土日などは午後は混雑するらしい。今は無料だが、将来有料化されるだろう。船頭さんの話では4月も良いらしい。柳が緑になる前に赤く色づいてきれいとのこと。揚舟ツアーを終わって、もう一度コスモス畑に行った。流石に広大なコスモス畑、イベントも終わったのに、次々とコスモスが咲いており、もったいないほどの量である。今月末までは十分楽しめる。これほどのコスモスが咲き乱れているところはないだろう。

お薦め度 板倉町のコスモス:★★★★☆
群馬の水郷:★★★☆

場所

コスモス畑:板倉町役場の北側のコスモス団地(JA群馬板倉カントリーエレベーター北側)
群馬の水郷:群馬県大字岩田(東北自動車道館林I.Cから国道354号線板倉方面に5分)

どんなところ

コスモス畑:60ヘクタール(東京ドーム13.5個分)という日本一の面積に約8,000万本のコスモスが咲き乱れるさまは圧巻。コスモス祭は2003.10.11(土)〜10.13(月)10:00-15:00開催される。コスモスの摘み取りは10月4日(土)〜26日(日)までは自由。入場無料。花はピンクが一番多く、ついでオレンジ、赤、白の順。
折角摘み取り自由なのだから、是非ハサミ、バケツ又は花瓶、水、新聞紙、手袋、エプロン、ビニール袋、長靴などを持って行くとよい。家で二度楽しめる。
群馬の水郷
:総面積10万uには3つの釣り場があり太公望に人気。自分も釣り人になった気分で眺めるのも良い。揚舟(あげふね)ツアーは2001年度から始まり、2003年度は4月20日〜10月26日まで運行されており、1日6回(9:00,10:00,11:00,13:00,14:00,15:00)群馬の水郷公園船着き場から出ている。4艘あり6人〜8人乗り、谷田川ヤナギ山周遊約40分のコースである。現在は乗船無料(将来有料化される可能性が高い)。毎週月曜日と火曜日は運休。水〜金は午前中が空いている。土日は9時までに行くこと。シルバー人材センターのおじさんが漕いでくれる。この揚舟は昔は水害時の避難用に使用されたという。現在船頭さんの最高齢は84才で今でも頑張っている。この日は着いたのが3時だったので最後の舟が出たばかりで残念だった。次回是非乗って見たい。ここの難点は仮設トイレが2つしかないこと。

いつがよいか 10月上旬〜下旬。例年、10/10-10/20頃が見頃。
問い合わせ先

板倉町役場産業振興課商工観光係:群馬県板倉町 〒374-0192 群馬県邑楽郡板倉町大字板倉2067
Tel. 0276-82-1111

入園料 無料
アクセス 東北自動車道館林インターから約15分
駐車場

JA群馬板倉カントリーエレベーター内(平日ならコスモス畑に短時間の路駐は可能)

食事 付近にはレストランやコンビニはない
天気予報 Yahoo!ピンポイント天気予報はこちら
地図
ホームページ

板倉町役場産業振興課商工観光係
群馬の水郷の場所(板倉町のホームページより)

 

 

 

 

 

趣味のアルバムTOPへ


BACK