聖書のおはなし 

〜剣を取る者は〜           

 
 


イエスがまだ話しておられるうちに、見よ、十二弟子のひとりであるユダがやって来た。

剣や棒を手にした大ぜいの群衆もいっしょであった。

群衆はみな、祭司長、民の長老たちから差し向けられたものであった。

イエスを裏切る者は、彼らと合図を決めて、「私が口づけをするのが、その人だ。

その人をつかまえるのだ」と言っておいた。

それで、彼はすぐにイエスに近づき、「先生。お元気で」と言って、口づけした。

イエスは彼に、「友よ。何のために来たのですか」と言われた。そのとき、群衆が来て、

イエスに手をかけて捕らえた。

すると、イエスといっしょにいた者のひとりが、手を伸ばして剣を抜き、

大祭司のしもべに撃ってかかり、その耳を切り落とした。

そのとき、イエスは彼に言われた。「剣をもとに納めなさい。剣を取る者はみな剣で滅びます。

それとも、わたしが父にお願いして、十二軍団よりも多くの御使いを、

今わたしの配下に置いていただくことができないとでも思うのですか。

だが、そのようなことをすれば、こうならなければならないと書いてある聖書が、

どうして実現されましょう。」

そのとき、イエスは群衆に言われた。

「まるで強盗にでも向かうように、剣や棒を持ってわたしをつかまえに来たのですか。

わたしは毎日、宮ですわって教えていたのに、あなたがたは、わたしを捕らえなかったのです。

しかし、すべてこうなったのは、預言者たちの書が実現するためです。」

そのとき、弟子たちはみな、イエスを見捨てて、逃げてしまった。



イエスをつかまえた人たちは、イエスを大祭司カヤパのところへ連れて行った。

そこには、律法学者、長老たちが集まっていた。

しかし、ペテロも遠くからイエスのあとをつけながら、大祭司の中庭まで入って行き、

成り行きを見ようと役人たちといっしょにすわった。

さて、祭司長たちと全議会は、イエスを死刑にするために、イエスを訴える偽証を求めていた。

偽証者がたくさん出て来たが、証拠はつかめなかった。しかし、最後にふたりの者が進み出て、

言った。「この人は、『わたしは神の神殿をこわして、それを三日のうちに建て直せる』と言いました。」

そこで、大祭司は立ち上がってイエスに言った。

「何も答えないのですか。この人たちが、あなたに不利な証言をしていますが、これはどうなのですか。」

しかし、イエスは黙っておられた。それで、大祭司はイエスに言った。「私は、生ける神によって、

あなたに命じます。あなたは神の子キリストなのか、どうか。その答えを言いなさい。」

イエスは彼に言われた。「あなたの言うとおりです。なお、あなたがたに言っておきますが、今からのち、

人の子が、力ある方の右の座に着き、天の雲に乗って来るのを、あなたがたは見ることになります。」

すると、大祭司は、自分の衣を引き裂いて言った。

「神への冒涜だ。これでもまだ、証人が必要でしょうか。

あなたがたは、今、神をけがす言葉を聞いたのです。どう考えますか。」

彼らは答えて、「彼は死刑に当たる」と言った。

そうして、彼らはイエスの顔につばきをかけ、こぶしでなぐりつけ、また、他の者たちは、

イエスを平手で打って、こう言った。「当ててみろ。キリスト。あなたを打ったのはだれか。」

〜詳しくは聖書をご覧ください〜



(新約聖書 マタイの福音書 26章47〜68節)
[聖書本文は新改訳聖書第三版(新改訳聖書刊行会)を使用しています]


牛津キリスト集会
 

M1-HOME.GIF - 1,766BYTES