千葉県浦安市の心療内科・精神科 東京メトロ東西線浦安駅徒歩1分

心理カウンセリングについて

当院では、通院中の方を対象に心理カウンセリングを行っています。

他院に通院中の方や、カウンセリングのみでの受診希望は承っておりません。
必ず、並行して当院で医師の診察を受ける必要があります。

 

カウンセリングをご希望の方は、診察時に医師にお申し出下さい。
医師が必要と判断した場合には、内容や約束事について説明を受けて頂き、同意書にサインを頂きます。

 

注意点

医師の診察日と、カウンセリングの日を同じ日にすることは出来ません

混合診療の禁止から、別日に設定させて頂きます。

カウンセラーを選ぶことは出来ません

曜日や内容により、担当カウンセラーが決まります。患者様の方でお選び頂く事は出来ません。

保険外(自費)診療になります

費用は1回につき、25分間で4000円、50分間で8000円になります。

完全予約制になります

予約の変更・キャンセルは4営業日前までは可能です。
3営業日前からキャンセル料2000円がかかります。

 

よくある質問

どのくらいのペースでカウンセリングをするのが望ましいのですか?

体調やカウンセリングの目的などにより異なります。急性期の場合には、1週間に1度など頻繁に行ったほうが良いケースもありますが、一方で、刺激を考慮して1か月に1回程度が適切な場合もあります。カウンセラーと相談して決めてください。

1回のカウンセリング時間は長いほうが良いのでしょうか?

これも状態によりますので正解はありません。当院では、ある心理学者の「カウンセリングは50分が基本」という説を元に、1回50分を基本としています。ただし、短時間でのカウンセリングで十分なケースもありますので、25分の枠も用意しています。カウンセラーと相談し決定してください。

いつまで続けるのが良いのでしょうか?

開始当初にカウンセラーと相談した「カウンセリングの目的」が達成されるまで継続するのが望ましいと思われますが、ある一定の効果が出た時点で終結する場合もあります。カウンセラーとご相談ください。

やめたくなったらやめてもいいですか?

一定の効果が出る前に中止してしまうと、それまでのカウンセリングが無駄になってしまうこともあります。終結のタイミングは、可能な限りカウンセラーと相談して決めてください。やむをえず急に中止する場合でも、まとめのカウンセリングなどを行ってから終結するのが望ましいと思われます。

カウンセラーと相性が合わないのですが?

カウンセラーはあえて刺激をしたり、厳しい話をすることもあります。それも含めてカウンセリング(心理療法)です。不快な思いをしたら、まずは直接その気持ちをカウンセラーに伝えてみて下さい。そこから、新しいカウンセリングの展開が始まることが多くあります。
ただ、どうしても、カウンセラーと合わない、という気持ちが強い場合には、まずは主治医に相談下さい。


 
TOP 当院の紹介 受診の流れ Q&A 対象疾患 物忘れ外来 妊娠産後ケア 心理カウンセリング アクセス