BCLラジオ博物館 5

カセット付きのBCLラジオを集めました。

CFー5950

スカイセンサー5900にカセットをつけたような受信機。
受信周波数は

FM 76〜90MHz
MW 530〜1605KHz
SW1 3.9〜10MHz
SW2 11.7〜20MHz
SW3 20〜28MHz

大型なので、置き場所に困るが、中々魅力的なラジオ。
なおマーカーは5900と基本は同じだが、
分周回路途中の500KHzに変調がかけられていて、
目盛りのずれによる周波数読み取り誤りを防止している。
したがって250KHzと750KHzの部分(ピー)と、0KHZと500Kの位置(2重変調、ピロピロと言う感じ)は音色が異なる。
スカイセンサー5900と回路構成は似ている、同じICも使われている、しかし基板は異なる。
なぜICF−5950では無くて、CF−5950なのだろう。
(カセット付きはCF−型番、ラジオのICFとカセットのCFは同じ文字でも意味が異なるようです。ご教授有難う御座います)
全体的に値段が高いせいか、凝った作りになっている。
何しろICF−5900の2倍の値段なのでこんなことが出来たのか。
例えば、ランプも一時点灯と常時点灯が切り替えられ、
さらに短波受信時のみ、サブダイアルの指針ランプが連動する仕掛けまである。
受信をモニターしながら、ボタン(カセット部の左上)を押すと自分の声が録音出来る仕掛けもある。
この機種の中古品は故障している物が比較的多い。
壊れている部品が複数なのもこの機種の特徴。
それもトランジスターの不良が多いように思う。
修理は比較的面倒で、何しろ大きいし、カセット部分も故障している事が多いので、手間がかかる。
でもICF−6800ほどのいやらしさと難しさは無い。
不良の機種を修理する場合、これは半分冗談だが、片っ端からTRを交換すれば、修理できる可能性がある。
ソニーのラジオにしては比較的保守がし易い工夫がして有る、若しかして設計部門が違うのか?。
AC電源内臓で、コードの差し込みはソニーの細いタイプ。
置き場所さえあれば、ICF−5900よりお勧めです。

この機種は壊れている可能性が高いので、購入時は注意すること。


定価56800円 (1976年9月発売)

カタログは資料室のソニーカタログをご覧ください。


松下
RQ―585

松下のカセット付きBCLラジオ。
RF−1180にカセットをつけた構成。
クーガ118同様豪華な作りになっている。
ジャイロアンテナもついている。
ファイン チューニング機構有り。
この機種はカセットのカウンターはベルト切れで、動作しないものが多い。

FM 76〜108MHz
MW 525〜1605KHz
SW1 1.6〜3.6MHz
SW2 3.6〜7.5MHz
SW3 7.5〜15MHz
SW4 15〜30MHz

定価49800円 1976年発売


ソニー
CFー1700


カセット付きのBCLラジオ。
この機種は興味が無かったが、修理の問い合わせがあり、
当時どんなものかも知らなかった。
その後このラジオを見かけたので買ってしまった。
この機種でBCLをやっていた方が多いらしい。


1973年3月発売 35,800円


ソニー
ジャッカル FX−300



1976年10月発売 61,800円
TV(1〜12 UHF) FM MW SW。
どこかが壊れていることが多く、完動品はまれ。
未整備品ではカセット部分の速度が遅くなっていて、
他のカセットレコーダーで録音したものは再生すると音が低くなる。
これは整備すると良くなるが、手間がかかるのが難点。
何故か上面に塗装むらの如き汚れがあることが多い。
結構人気があり、使って楽しい。
詳細はラジオ資料館のジャッカルを参照ください。



ソニー WA‐5000

小型のカセットつきBCLラジオ
短波は放送周波数帯に特化している。
数年前に購入したが行方不明に、やっと見つけた。

FM 76〜108MHz
MW 530〜1605KHz
SW1 3.9〜4.0MHz
SW2 5.95〜6.2MHz
SW3 9.5〜9.8MHz
SW4 11.7〜12.0MHz
SW5 15.1〜15.5MHz


アイワ TPR-255


ラジカセにBCLラジオが付いた感じのもの。
数年前に購入していたが、倉庫の奥で取りだせなかった。
MW FMの他に
SW1 1.6〜4.5MHz
SW2 4.5〜12MHz
SW3 12から28MHz
一見ただのラジカセに見えるが、
短波はBFOのピッチコントロールや感度の切替が可能。
またチューニング速度切替レバーまである。

2001年11月23日
2002年11月22日


2006年7月2日よりカウント


radiokobo-all