最終更新日:2004年03月31日

○ 更新履歴 ○

○ 中文(簡体字)簡介 ○

○ お問い合わせ ○


 中国帰還者連絡会とは?
 中帰連関連文献集
  バックナンバー
 
定期購読はこちら
 季刊『中帰連』の発刊趣旨

 戦場で何をしたのか
 戦犯管理所で何があったのか 
 お知らせ・活動紹介
 証言集会を開催します
 受け継ぐ会へ入会はこちら
 受け継ぐMLへのご登録

 


表紙 > バックナンバー > 第6号 > 戦犯自筆供述書「皇軍の性犯罪」


戦犯自筆供述書「皇軍の性犯罪」

新井利男


 「軍命令で慰安婦誘拐」中国の日本人戦犯供述書・旧軍中将ら認める(東奥日報)
 「慰安婦に140人誘拐」中国の戦犯裁判・高級将校らの供述書判明・旧軍が設置を命令・毒ガス使用も生々しく。(新潟日報)
 「慰安婦連行 軍が命令」中国の日本人戦犯裁判・旧軍中将認める(信濃毎日新聞)
 「慰安所の設置命令市民に毒ガス攻撃」旧日本軍中将ら関与を認める。中国の戦犯裁判自筆供述書判明 中国人女性ら140人誘拐 侵略の実態鮮明(京都新聞)
 「中国、朝鮮人民婦女を誘拐して慰安婦とした」中国の日本人戦犯裁判供述書旧軍中将が認める・侵略の全体像も鮮明に(沖縄タイムス)
 「軍命で慰安婦連行」旧軍中将が認める 供述書で軍の犯罪鮮明に(琉球新報)

 今年4月5日、北から南までの全国地方紙45紙に掲載された戦犯自筆供述書記事の見出しの一部である。一面トップ扱いはこの中17紙であった。

 供述書の一部は、『世界』(5月号〜7月号)と『週刊金曜日』(6月26日号−7月24日号)に掲載したが、本誌でも今後掲載していきたい。


自筆供述書とは何か

 56年に中国の瀋陽と太原で行なわれた日本人戦犯裁判で、有罪判決を受けた45人分の「筆供自述」=自筆供述書(以後、供述書と略す)の一部が、42年ぶりに公表されることになった。いずれも、中国侵略を推進し、数々の残虐行為を指揮した将軍や「満州国」高官が自ら筆を執ったもので、当事者にしか知りえない種々さまざまの戦争犯罪が赤裸々に綴られている。

 拷問、撲殺、斬殺、銃殺、刺突、生き埋め、焼殺、軍犬による噛殺、細菌・毒ガスの人体実験と散布、強制労働のための人間狩りと虐待、家屋焼却と破壊、阿片政策、中国侵略のための数々の悪辣な法令の制定・実施、糧食・鉱物資源・牛馬・羊などあらゆる物の略奪、そして女性に対する陵辱−。

 今回入手した1185枚(有罪45人分=1094枚、起訴免除者2人分=91枚)の中から女性に対する犯罪の記述個所を抜粋した。

 軍命令による「慰安所」設置と、中国・朝鮮人女性の誘拐(強制連行)および強姦・凌辱行為などが明らかにされている。戦時国際法で禁じられていた細菌・毒ガスや一般住民の殺人などは明らかな犯罪として数多く記述されている。その中で日本軍首脳部が通達した慰安所制度や女性へのこうした行為が犯罪として認識され記述したことに注目したい。

凡例

・旧字体は新字体に変更し、現代的表記に改めた。旧仮名づかいはそのままとした。簡体字は、日本語の漢字表記に改めた。
・明白な誤字は訂正し、その他の場合はママを付けた。


匿名A(1955年2月19日記)太原

 二月中旬大谷県新庄村で大隊主力が一日休養した時、私は部下四、五名に命じ翌日の道案内と八路軍の情報を蒐集の為新庄村の裏山の洞窟から村民四名(男二名婦人二名)を拉致して来た。比のうち二十二、三歳位の婦人に対して私は私の部屋で強姦し、他の二十七歳位の婦人は私の許可の下部下二、三名が輪姦し夫々釈放した。その後部下の部屋で二名の男を八路軍の情報調査の目的で麺棒とその他の棒を用ひ、私自ら頭部と腕或は着物を脱がせ背部を拷打し、その中一名の中年の男は回答しないので納屋で私自ら斬殺し屍体はその場で放棄した。


神野久吉(1954年11月26日記)太原

 大同省平魯県警察隊附警尉補指導官として勤務中の一九四二年七月十五日平魯県城内十字路北街の農民家屋内に於いて、三十二歳位の農民婦女一名を強姦しました。


匿名B(1954年11月22日記)太原

 一九三八年四月、江蘇省呉江縣で日本陸軍宣撫班軍属雇員教育係の時、蘇州より呉江県城内の日軍専用の慰安所に売られて来た蕭太媛(年齢十八歳蘇州婁門内北張家巷二十五号)に対して私の獣欲を満足せしめるため日幣百二十円にて引き取り姦汚し、その後愛欲の対象として関係し、安慶に一箇月連行しました。

 一九四〇年八月安徽省安慶市で北支派遣安慶特務機関軍属判官待遇大民会安慶聯合支部及大民会安慶聯合支部興亜劇団指導官の時、日本の西部第十六部隊に入隊せんとして中国を引揚げる時、蘇州の蕭太媛の家に最後の慾望を満すために赴いた時不在であったため、老太太を「何処に行った、早く連れて来いと(ママ)」脅迫したゝめ恐れて河の中に飛び込ましめました。

 一九四三年十月−十一月、山西省聞喜県横水鎮で北支派遣第三十七師団第三十七歩兵団司令部情報室勤務兵長の時、共産軍の根拠に対し−(中略)−婦女に対する強姦暴行姦汚蹂躙罪悪四十件、(強姦)罪・人妻を強姦し略奪し同棲した罪悪一名、小女〈ママ〉を強姦し同棲した罪悪一名、中央系野戦軍大隊長の妻を拉致し強姦した罪悪一名、共産軍地区の住民婦女を強姦した罪悪一名、工作員の妹に対する強姦罪悪一名、工作員の妻に対する強姦罪悪一名、中央系野戦軍戦士の妻に對する強姦罪悪一名)計七名、慰安所開設三件人員十二名(日軍のため呉江にて五名、日軍のため聞喜県河底鎮にて三名、保安隊のため霍県にて四名)姦汚罪悪十六件(慰安所に於ける公娼四名、私娼八名、食堂に働く女給四名)婦女に対する凌辱(暴行脅迫を含む)罪悪十四件人員二十名殴打二名脅迫一名裸体(スボンを含む)八名、輪姦二名、拉致し暴行を加へた者(氷〈ママ〉の上に又髪の毛を切った者六名、関係せしめた者一名)(略)。


長島勤(1955年5月30日記)撫順

 一九四二年七月一一〇大隊ハ莱蕪県九頂山デ瓦斯弾ヲ以テ平和人民老幼農民十五名ヲ殺害シ、一九四五年六月一一一大隊ハ海陽県索格荘デ農民三十四名ヲ初年兵刺突教育ヲナシ虐殺シマシタ。

 作戦進行中主食ノ不足及ビ副食物ヲ掠奪シ、根拠地討伐ノトキ私ハ軍民遮断ノ目的ヲ以テ覆滅ノ命令ヲ下シタコトガアリマス。ソレ故殺害、放火、掠奪、拷問等ノ罪行ガ尚更惨酷ニナリマシタ。人民暴行、中国婦人侮辱等モ多クアリマシタ。一九四五年五月所謂秀山領一号作戦ノトキ沂水県東西依蚊ブン荘デ只一回ダケデ民房四〇〇余間ヲ焼却破壊シマシタ。


鈴木啓久(1954年8月8日)撫順

 私ハ巣県二於テ慰安所ヲ設置スルコトヲ副官堀尾少佐ニ命令シテ之レヲ設置セシメ中国人民及朝鮮人民婦女二〇名ヲ誘拐シテ慰安婦トナサシメマシタ

五、第二十七歩兵団長ノ時ノ罪行

 魯家峪二於テノ洞窟攻撃ニ際シ毒瓦斯ヲ使用シテ八路軍ノ幹部以下百名ヲ惨殺シ又戦火内二引キ入レラレルコトヲ恐レ魯家峪部落附近ノ山地二避難セル中国人民ノ農民二三五名ヲ中ニモ妊婦ノ腹ヲ割リ等ノ野蛮ナル方法ヲ用ヒテ惨殺シ魯家峪部落約八〇〇戸ヲ焼キ尽シ尚俘虜ハ玉田ニ送り其ノ中約五名ヲ殺害シタノデアリマシテ尚且ツ婦女ノ強姦百名ニモ達シタノデアリマス

日本侵略軍ノ蟠居スル所ニハ私ハ各所(豊潤、砂河鎮其他二、三)ニ慰安所ヲ設置スルコトヲ命令シ中国人民婦女ヲ誘拐シテ慰安婦トナシタノデアリマス其ノ婦女ノ数ハ約六〇名アリマス

 日本侵略軍ノ蟠居地ニハ私ハ所謂慰安所ノ設置ヲ命ジ中国並ニ朝鮮人民ノ婦女ヲ誘拐シテ所謂慰婦トナシタノデアリマシテ其ノ婦女ノ数ハ約六〇名アリマス

婦女誘拐ノ罪行

 一九四五年七月私ハ新郷地区ヨリ東北ニ移動ヲ命ゼラレタル際所謂慰安所設備ノ為日本人婦女五名ヲ新郷ヨリ東北洮(トウ)南ニ連行シテ来マシタ


匿名C(1954年8月24日記)撫順

強姦

一、一九四〇年九月一七日より一九四二年五月迄山東省済南独立歩兵第四一大隊本部医務室蟠居中私は強姦の目的を以って済南市緯八路中国人民家屋に侵入し日本帝国主義者(私を含む)が中国に侵略の為貧困と飢餓にある中国人民婦人一五名に(一七才−二五才位)一五回強姦し其の侭放置して来ました。

二、一九四〇年一一月三〇日山東省臨清県臨清第三二師団野戦病院に於いて衛生下士官被教育者として蟠居中三〇日夕方私伍長は強姦の目的を以って中国人民家屋に侵入し朝鮮婦人二〇歳一名に対して自己の欲望を満す為に二回強姦し強姦後は其の侭放置して来ました。

三、一九四二年六月中旬山東省長清県長清独立歩兵第四一大隊本部蟠居間私軍曹は夜間強姦の目的を以って中国人民家屋に侵入し朝鮮婦人二二才位一名に対し一回強姦し強姦後は其の侭放置して来ました。

四、一九四二年九月上旬山東省長清県長清独立歩兵第四一大隊本部蟠居間私軍曹は強姦の目的を以って長清城内の中国人民家屋に侵入し朝鮮婦人二二才位一名に対し一回強姦し強姦後は其の侭放置して来ました。

五、一九四二年一二月一日より一九四四年四月迄山東省泰安県泰安第五九師団防疫給水班蟠居間私曹長は強姦の目的を以って中国人民家屋に侵入し第五九師団司令部で誘拉監禁している中国婦人二〇才−二五才位五名五回と朝鮮婦人一二名に(一八才−三〇才一二回強姦し強姦後は其の侭放置して来ました。

六、一九四四年四月下旬より一九四五年七月迄山東省済南第五九師団防疫給水班蟠居中私曹長は強姦の目的を以って第五九師団司令部で誘拉監禁中の中国人民家屋に侵入し中国婦人一七才−二五才五名に五回済南市内緯八路中国人民家屋に侵入し中国婦人二〇才一名に二回強姦を行い、強姦後は其の侭放置して来ました。

強姦集計表

場所

中国婦人

朝鮮婦人

責任

山東省済南

21

 

21

直接

山東省泰安

12

17

直接

山東省臨清

 

直接

山東省長清

 

直接

26

15

41

 

強姦所設置と中国朝鮮婦人位数監禁

 一九四一年九月下旬山東省歴城県西営第五九師団第五三旅団独立歩兵第四一大隊第四中隊蟠居中私軍曹は西営が田舎で交通不便の為中隊衛生係として勤務中、中隊長中尉長尾英典、准尉大塚栄等と共謀して西営鎮長を呼出して二名の婦人を拉致し強姦所を設置することを強制し一〇月一日頃より一箇月間済南緯八路より中国婦人一名朝鮮婦人一名何れも二〇才位を鎮長をして西営に位数させ一ヶ月一名一〇〇円食事は村民に支払はせ西営蟠居隊より二〇〇米位離れた中国人家屋に監禁し自由を束縛して中隊員一五名に強姦行為を行はしめ中国婦人は性病があるに拘らず強姦させ昼間中隊で洗濯四回、一時間位酒呑みに二回、夜間連行して自由を束縛して酒つぎをさせ辱かしめ中国婦人は性病の侭朝鮮婦人は血色悪く体が衰弱しましたがその侭一箇月後済南に追い帰しました。

中国朝鮮婦人に対する凌辱行為

一、一九四二年一〇月山東省歴城県西営第五九師団

第五三旅団独立歩兵第四一大隊第四中隊蟠居中私軍曹は第四中隊衛生係として蟠居中私が中隊長中尉長尾英典、大塚栄准尉と共謀して済南緯八路より中国婦人朝鮮婦人二〇才二名を西営に拉致し中国人民より掠奪した家屋に監禁し嫌がるのも気かず(ママ)寝台に寝せ、子宮鏡を入れては弄び幕もはらず陰部をいじり中国婦人一名朝鮮婦人一名二〇才一箇月間四回に亘り凌辱行為を行いました。

二、一九四二年一二月一日より一九四四年三月頃迄山東省泰安第五九師団防疫給水班蟠居中私曹長は防疫給水班検索助手として第五九師団長中尉細川忠康(一九四三年三月頃迄第五九師団長中将柳川梯)が泰安街に監禁している中国、朝鮮婦人六〇名(一七才−三〇才)に対し毎週一回一箇月月四回泰安診療所に於いて性病検査と称し野戦病院三浦 伊藤少尉が行う性病検査に立会し陰部を見ては「大きい小さい」と罵言を発し陰部より可検物をとり弄び凌辱行為を行いました。検査後は性病の有無を印刷し泰安軍内と監禁している家に衛生兵をしてその成績を配布させました。一回に五、六名の性病者がありましたが「お前は今週は駄目だ」とどなり治療もせず放置しました。


中井久二(一九五四年八月一四日記)撫順

黒河省次長在任中ノー九三九年五月、璦琿(アイグン)縣璦琿ニ駐屯スル、日本軍部隊ノ要求ニ基キ、兵士慰安ノ妓楼ニ、供用スル為、金三万円ヲ以テ、建物一棟(約二百平方米)ヲ建設シテ、之ヲ貸与シ、日本帝国主義軍隊ヲ援助シマシタ。比ノ、私ノ、行為ハ、反民主、反人民的罪悪デアリマシテ、私ハ、其ノ責任ヲ自覚シ、認罪致スモノデアリマス。


匿名D(一九五四年八月一四日記)撫順

 済南二於ケル一部後方施設監督時ノ罪行

 一九四四年四月上旬第十二軍ノ河南作戦出動後軍副官ヨリ済南二於ケル軍後方施設中ノ軍人会館星倶楽部料亭「桜」偕行社料理部反軍酒保ノ監督業務ヲ継承シマシタ。星倶楽部ハ日本軍将兵専用ノ中国人妓館デアリマシテ其経営ハ済南中国妓館組合長ニ委託シ建物ハ日本軍ガ済南占領時中国人ヨリ押収掠奪セルモノヲ利用内部ヲ改造シ使用セシメ、従業員ノ食糧日用品等ハ日本軍酒保ヨリ廉価ニテ供給、又医療ハ日本軍ニ於テ負担スルトイフ名目ノ下二欺瞞シ廉価ニ日本軍将兵カ佚楽シ得ルノ具ニシタモノデ、妓女ハ約三十名一名一日平均約二十名多キ日ハ三十名ノ日本軍将兵ヲ相手ニセシメマシタ年齢十七才乃至二十才ノ若キ中国女性多クヲ侵略者ノ肉欲ノ対象タラシメ又其過労ニヨル疾病損耗ヲ生セシムルノ大罪悪ヲ犯シマシタ、病人ハ経営者タル組合長力自己組合妓館ノ妓女ト交代セシメテヰタノデソノ数ハ判リマセンデシタ

 軍人会館ハ日本軍将兵(主トシテ下士官兵)ノタメニ映画観覧食事飲酒理髪入浴娯楽日用品甘味品等ノ購入ニ便宜ヲ与フルタメニ設ケタモノテアリマス従業員日本人百二(三)十名(内約半数ハ婦人)中国人約六十名デアリマシテ此中国従業員ニ対スル待遇ハ日本従業員ニ比シ其住居労銀共ニ極メテ低劣テアリマシテ中国人ヲ軽視シ差別的取扱ヲナスノ罪悪ヲ犯シマシタ。

 日本軍 河南作戦進捗ニ件ヒ一九四四年六月頃第十二軍ヨリ妓女ヲ前線ニ送ラレタキ旨ノ依頼要求ガアリマシ夕日本人料理組合ハ当時日本人妓女カ著シク減少シ此要求ニ応シ難キ旨回答ガアリマシタノデ済南朝鮮人料理組合ニ依頼シ派遣後ノ妓女ノ補充ニ付便宜ヲ与フルコトヲ条件トシテ承諾セシメ朝鮮人妓女約三十名ヲ危険多キ第一線ニ近イ鄭州ニ派遣(約三ケ月)スルノ罪悪ヲ犯シマシタ 僥倖ニシテ此間妓女ノ損害ハ一名モアリマセンデシタ。


藤田茂(一九五四年八月一日記)撫順

自 一九三八年一〇月一〇日
至 一九三九年五月三一日
華北方面軍 第一軍 第二〇師団。
自一九三八年一〇月一〇日
至 〃  年二月二二日
山西省史村(運城西方四K)
自一九三八年一一月二三日

至 一九三九年五月三一日

山西省安邑県張良村。騎兵第二八聯隊長。大佐
華北方面軍司令官大将寺内壽一
自 一九三九年二月以後大将、杉山元。
第一軍司令官中将梅津美治郎
第二〇師団長中将牛島実常
任務師団予備隊及運城。水頭鎮間鉄道警戒。
鉄道警戒ノ為水頭鎮駅、張良村駅ニ小隊ヲ分駐ス。

犯罪事実

掠奪強姦。張良村蟠居間糧食ノ受領ノタメ大行李ヲ使用ス、大行李ノ特務兵(五〇名)ハ運城−張良村ノ往復間ニ於テ家財ノ掠奪、強姦ノ行為アルコトハ特務兵ノ年令三五才以上ナルコト、大部素質不良ナル大阪附近ノ出身ナルコト、常時賭博ヲ実施シアルコトハ之ヲ証明シマス。之八私ノ糧食運搬ノ日々命令ニ依リ実行セシメタモノデアリマス

(あらい としお 本誌編集委員)

 

表紙 > バックナンバー > 第6号 > 戦犯自筆供述書「皇軍の性犯罪」

 

●このサイトに収録されている文章・画像・音声などの著作権はすべて季刊『中帰連』発行所に属します。
 無断転載を禁じます。
●ご意見・ご感想は
tyuukiren(アットマーク)yahoo.co.jpまでお寄せください。
●迷惑メールを防ぐため、上記「(アットマーク)」部分を「@」に変えて送信してください。