特 別 企 画

東海道新幹線 0系よ 永遠に・・・

 

東海道新幹線が、昭和39年10月1日に開業以来、活躍してきた
0系車両が、平成11年9月18日に惜しまれつつ引退となりました。
このページでは、0系車両のすばらしさを御紹介したいと思います。

0系  こだま 425号

ダウンロード   (797KB)  三河安城駅〜名古屋駅区間

ストリーミング再生


東海道新幹線と言えば、まさに日本経済を支えた大動脈路線で
今の日本は、この路線と車両があってこそ成り立っているといっても
過言ではないでしょう。
その 0系車両が、平成11年9月18日東海道新幹線から引退してしまいました。
私が、幼いころから親しんできた車両ですから残念でなりません。
この車両のおかげで鉄道ファンの一員となった方も多いことでしょう。
あの富士山をバックにしてさっそうと走りぬける姿が、もう見られないんですから・・・

この録音は、引退する2ヶ月ほど前の録音ですが、乗車した印象はとても引退するとは
思えないほど元気に走行していました。
指定席は、2+2シートで0系より新型車両の100系や300系、500系700系よりもシート幅が
広くて快適でした。
今後は、JR西日本管轄の山陽新幹線での活躍の場がありますが、やはり寂しいですね。



  さらば東海道新幹線 0系 

  私たちの心の中でこれからも永遠に走り続けます。

  そして35年間 夢をありがとう。

 

 


0系車両の皆さんの思い出を、掲示板に書き込みしてください。


トップページに戻る