大井川鉄道 SOUNDの部屋

 

のんびりとした森林鉄道の旅を楽しむには最高
な、井川線 DD20型ディーゼル機関車と客車

 


井川線 DD20型ディーゼル機関車

ダウンロード (1184KB) 奥泉駅〜アプトいちしろ駅区間

ストリーミング再生

大井川鉄道といえば、何といっても SLが定期運行されていることで
有名ですが、それはあくまでも本線(金谷駅〜千頭駅区間)のことで、
そこより先の井川線(千頭駅〜井川駅区間)を乗車した方は、
少ないのではないでしょうか?
実際に私が乗車した際も、SLで千頭駅まで乗車して、そこから先は
バスに乗車して、寸又峡温泉に向かう観光客が大半でした。

 しかし、実際は井川線のほうが貴重な路線なのです。
 それは井川線が、日本でここだけのアプト式鉄道だからです。
 アプト式鉄道とは、2本のレールの間に歯車をかみ合わせて
 急勾配を鉄道で登ることが出来るようにした方式です。
 (主にスイスなどの山々を越えるために開発された方式です)


井川線は、日本一の急勾配を登るために、このアプト式鉄道を
採用しています。(アプトいちしろ駅〜長島ダム駅区間)
列車の最後尾に、ED90型電気機関車(日本に3両しかない)を
連結して登ります。他の区間は、ディーゼル機関車が、動力となっています。

沿線は、とにかく景観がすばらしく、特に紅葉の時期なんかは最高ですね。
雄大なダムを眺めながら、列車はトコトコとゆっくりと走行します。
(私がスピードメータで確認したところ20キロ平均ぐらい)でした。

とにかく走行音をお楽しみください。観光電車なので、車掌さんが沿線案内を
してくれるので、退屈しません。
走行音を楽しんだら、必ず井川線に乗車したくなりますよ!!


井川線 ED90型 アプト式電気機関車  

ダウンロード883KB) アプトいちしろ駅〜長島ダム駅区間

ストリーミング再生

日本で唯一のアプト式区間の走行シーン

背高のっぽのED90型電気機関車と
DD20型ディーゼル機関車を連結する
組み合わせが面白い。

この区間は、現在日本で唯一のアプト式区間です。
日本で3両しかないアプト式電気機関車ED90型の走行音を
お楽しみください。
録音時は、車両の編成が長かったためED90型電気機関車2連で
後ろから客車を押しながら走行していました。
発車する際の「ガリガリ」と歯車のかみ合う独特の音が印象に残ります。
走行音を楽しんだ後は、ぜひ御自身の耳で一度体験されることを
オススメします。


本線 C10_8型   SL急行「かわね路」号  

 ダウンロード (1,376KB) 新金谷駅〜家山駅区間

 ストリーミング再生

 


大井川鉄道の目玉車両といえば、何といっても定期運行されている
SL車両でしょう。
最近のSL人気のおかげで、イベントなどでSLを走行させることは
珍しく無くなりましたが、定期運行されているとは驚きです。
SLと言えばやっぱり汽笛がいいですね。汽車旅には欠かせません。
車掌さんの案内放送も、汽車旅気分が盛り上がって大変いいですよ。
では、SL急行「かわね路」号の走行音を、お楽しみください。


トップページに戻る