JR東海 SOUNDの部屋


名松線の家城駅で、2004年1月26日まで使用されていた
腕木式信号機。車両はキハ11

 


名松線  キハ11形

ダウンロード  (722KB)  松阪駅〜上ノ庄駅区間

ストリーミング再生

名松線は三重県の松阪と伊勢奥津を結ぶ43,5Kmのローカル線です。
一日に8往復の普通電車しか走っていないため、乗車した人は少ないと思います。
しかしローカル色豊かですばらしい路線なのでぜひ一度訪れてみてください。
終点の伊勢奥津駅には、SL時代に使われていた給水塔も残っていますよ。

それからキハ11形気動車ですが、特急「ワイドビューひだ」のキハ85系にも採用されて
その俊足ぶりが証明された、英国カミンズ社製エンジンが採用されていますので
見た目よりも俊足ですよ!!

途中の家城駅には、腕木式信号機が最近まで現役で使用されていましたが
2004年1月26日で廃止されたのが残念でなりません。


高山本線  キハ48系

 中川辺駅〜下麻生駅区間

  ダウンロード (604KB)  

  ストリーミング再生


高山本線は岐阜駅と富山駅を結ぶ225.8Kmの路線です。
(本線ですが単線で非電化区間です。)
沿線には下呂温泉と高山市があり、まさに観光路線と言った感じです。
飛騨川沿いを走るときの車窓の眺めはすばらしいの一言ですよ。

キハ48系気動車ですが、高山線は勾配の厳しい区間がかなりあり、思わず後押ししたくなるほど
遅いです。しかしながら、エンジン音をうならせながら走る姿は、気動車に乗車している
醍醐味ではないでしょうか?


関西本線  キハ75系  快速「みえ」

 名古屋駅〜八田駅区間

 ダウンロード (590KB)  

 ストリーミング再生


快速「みえ」号は、名古屋駅から三重県の鳥羽駅までを直通で運転している
普通運賃だけで乗車できるお得な列車です。
どれくらい早いかと言うと、名古屋駅から多気駅までは、特急「ワイドビュー南紀」号と
所要時間は8分ほどしか変わらないんですからね。
(気動車で最高時速120Kmですからねー)
特急車両と同じ英国カミンズ社製エンジンを搭載しているので当然と言えば
それまでですけど・・・

ちなみに快速「みえ」号は、名古屋から関西本線、四日市から途中の伊勢鉄道を経由して
津からは紀勢本線、多気からは参宮線を走行して、終点の鳥羽を走行していますが、
なんと行っても参宮線の臨時駅の、池の浦シーサイド駅周辺の景色は一見の価値が
あります。特に夕日の海が綺麗ですよ。

なお録音は、名古屋駅発車直後からですが、車掌のアナウンスで、停車駅や列車の
経路など手に取るようにわかりますよ。


東海道本線  113系

 近江長岡〜醒ヶ井駅区間

  ダウンロード  (522KB)  

  ストリーミング再生


東海道本線と言えば日本の大動脈路線と言った印象がありますが
すべての区間でそうとは言えません。
JR東海の大垣駅と米原駅の区間の普通列車は、日中は1時間に 2本程度と
本当に寂しいダイヤなのです。
しかし車窓からは伊吹山が大変綺麗に眺めることができます。
113系の湘南色カラーが東海道本線に一番似合ってると思ってるのは
私だけではないでしょう。
113系車両ですが、JR東海では新型車両の313系を大量導入中で
かなりの車両が置き換えとなるそうで寂しい限りです。
113系のモータ音を響かせながら新型車両に負けまいと東海道線を
一生懸命に走る姿を、これからも楽しみたいものです。


飯田線  119系  

 小和田駅〜大嵐駅区間

  ダウンロード  (668KB)

  ストリーミング再生


飯田線は、愛知県の豊橋駅と長野県の辰野駅の195.8Kmの
区間の長いローカル路線です。
とにかく沿線の景観がすばらしく、一度は訪れるべきでしょう。
特に南アルプスが360度広がる車窓の景色は最高ですよ。
また、天竜川に沿ってすばらしい景観を楽しむことが出来ます。
特に夏がお勧めですが年中楽しめます。

途中の中部天竜駅には、車両展示館の「佐久間レールパーク」があり、
電車で訪れれば無料で楽しむことが出来ます。
展示車両は、キハ181系やクモハ52系やクモハ12系など、鉄道ファンなら
たまらない車両が16両展示されています。
ただし開館日に注意して出かけて下さい。(土曜・休日・春休み・夏休み期間中)

走行音を公開した区間は、とにかくトンネルと急勾配、急カーブが連続していて、
119系車両が、レールをきしませながら走行する音をお楽しみ頂けます。


中央本線 (西線) 313  快速

 大曽根駅〜勝川駅区間

  ダウンロード  (604KB) 

  ストリーミング再生


313系は、1999年のゴールデンウィーク明けから中央本線に営業運転が
開始となったJR東海の新型車両です。VVVF制御車両で、ウィーンウィーンという
独特のモータ音で走行します。

録音する側の感想ですが、とにかく静か過ぎて録音が難しい車両ですね。
電動車でもモーター音が車内にあまり聞こえないんです。
エアコンの送風ファンの音が加速中でも聞こえるぐらい静かなんですよ
乗り心地は良いし、とにかくよく出来た車両というのが初乗車の感想です。


紀勢本線 キハ58系

 亀山駅〜下庄駅区間

  ダウンロード  913KB  

  ストリーミング再生


紀勢本線は、紀伊半島を一周するように走る路線で、私の大変好きな
路線の一つです。
和歌山県の新宮駅でJR東海とJR西日本に分けられていますが、
私の好きなのは、非電化地区のJR東海の路線です。
この路線は、山越やトンネルや海あり田園風景ありで、日本の昔ながらの
風景そのものだからです。

国鉄急行カラーのキハ58が普通電車として数多く活躍しているのも魅力の一つ
だったんですが、1999年12月4日のダイヤ改正で、引退しました。
今後は、紀勢本線を走行しないと思うと、さびしいですね。
なんといってもあのカラーリングは日本の風情に最高にマッチしています。
私の好きな車両が次々と廃車されてしまうのが、残念でなりません。

この走行音の聴き所は、下庄駅到着少し前の勾配を登るときのエンジン音です。
キハ58のエンジン音が、最高に盛り上がります。
しかしながら、速度はどんどん遅くなるんですよね。


飯田線   EF58形電気機関車  

  「トロッコファミリー号」 走行時汽笛音

   ダウンロード  (16KB)




EF58形電気機関車は、数ある電気機関車の中でも私の一番のお気に入りです。
特急「つばめ」「はと」などの牽引機関車として、華々しい活躍をしていたことでも有名ですね。
現在JR東海では「トロッコファミリー号」の牽引に、EF58形とED18形を使用していますが、
どちらも貴重な車両なので、21世紀にも雄姿を見たいとともに活躍を期待しています。

さて、EF58形の音の公開ですが、私の乗車したときには団体の観光客が多く
残念ながら走行音を公開できませんでした。
そこで、走行時の汽笛音を公開することとしました。(トロッコ車両内より録音)
一緒に乗車していたお客さんも、「汽笛の音がすばらしい!」と絶賛していました
ことを付け加えておきたいと思います。


中央本線 (西線) 211系  

 恵那駅〜美乃坂本駅区間

   ダウンロード  (645KB)

   ストリーミング再生


中央本線は、名古屋駅から塩尻駅の西線と、塩尻駅から新宿駅までの 東線に分けられています。
この西線路線は、名古屋駅近郊の区間こそ通勤時間などは凄い乗車率ですが、
郊外のほうに向かう区間は、山あり川あり丘ありの山岳ムード満点で景観がすばらしく良く、
長時間乗車していても、ぜんぜん飽きずに車窓を楽しめる区間です。
211系車両は通勤形車両ですが、名古屋から中津川までのロングラン走行をします。
以前は中津川より東の区間は、165系急行形車両が普通電車として山間部を走行していて
乗車するのが楽しみだったんですが、現在は313系に駆逐されてしまったのが残念です。



トップページへ戻る