名鉄廃線区間 SOUNDの部屋


このページでは、2001年9月30日限りで、残念ながら廃線となりました、
名鉄4路線 谷汲線全線、八百津線全線、揖斐線(黒野ー本揖斐区間)
竹鼻線(江吉良ー大須区間)のうち谷汲線、八百津線の走行音を 公開しています。
なお廃線ではありませんが、同日限りで廃止と なりました、
「北アルプス号」8500系の車内線特急での活躍と、 2002年8月31日に
さよなら運転を行った「イモムシ」こと、3400系の 走行音もあわせて 公開しています。
なお、2005年3月31日限りで残念ながら廃線となりました、名鉄4路線、
岐阜市内線、美濃町線、揖斐線、田神線のうち、揖斐線の走行音を公開しています。


廃線路線はこれからも、私たちの心の中で永遠に走り続けます。


谷汲線  750形   

  長瀬駅〜谷汲駅区間

   ダウンロード  (642KB)  

   ストリーミング再生


谷汲線は、岐阜県の黒野と谷汲を結ぶ 11.2Kmのローカル路線でした。
終点の谷汲駅周辺には、紅葉で有名な、谷汲山華厳寺や横蔵寺があります。
途中の車窓の景色も、名鉄としては山間部に入っていくので、春の桜や秋の紅葉の
季節のロケーションのすばらしさは、名鉄の中で一番であっただけに廃線は残念です。
750形は昭和3年〜4年に製造した半鋼製車両で、リベットむき出しの重厚な車体が
たまらなく、車内もレトロな感じでいいです。
公開した音には、吊革が吊り棚にあたる音や、急勾配と急カーブによるレールと車輪の
摩擦音などがうまく収録されたと思っています。


谷汲線 510形

  長瀬駅〜谷汲駅区間  

  ダウンロード   (690KB)

  ストリーミング再生


谷汲線で510形の走行音を収録しました。
上の750形と収録区間が同じですので、比較が面白いです。
あえて言うなら、大正を代表する510形と、昭和を代表する750形の
違いですが、510形の方がモーター音が苦しそうに聴こえるのは、
私だけでしょうか?


八百津線  30形

  八百津駅〜中野駅区間

   ダウンロード  (377KB)  

   ストリーミング再生


八百津線は、岐阜県の明智と八百津を結ぶ 7.3Kmのローカル路線でした。
この路線は、レールバスのような、30形ディーゼル気動車が走行していました。
この30形は、平成7年製造の新しい車両ですが、走行中の車内音は、かなり騒々しいですね。
しかし、エンジン音がパワフルで電車に負けない加速が出来るところが魅力です。
八百津線は、車窓の景色が好きで、私が今までで一番出かけた路線でしただけに、
廃線は残念です。


小牧線  3400系  

  田県神社前駅〜楽田駅区間

   ダウンロード  (337KB)  

   ストリーミング再生


小牧線は、愛知県の上飯田と犬山を結ぶ 20.4Kmの路線です。
この路線には、少し前まで3400系という愛称「いもむし」車両が走行しており、
乗車する楽しみとなっていましたが、2002年8月31日限りでさよなら運転を行いました。
昭和12年の生産で、旧型国電ファンにはたまらない釣り掛けモーターの音を響かせ走行していたんですが、
残念でありません。
往年の「ツリカケサウンド」をお楽しみください。


名古屋本線  8500系  特急

  新岐阜駅〜新一宮駅区間

   ダウンロード  (1,315KB 

   ストリーミング再生


8500系は、名鉄でも特別の車両で、新名古屋駅から犬山線経由で
JR東海の高山本線に乗り入れて、高山まで往復する「北アルプス号」として
活躍していた気動車特急です。 (現在は、会津鉄道で活躍中)

JR東海のキハ85系と同じ英国のカミンズ社製のハイパワーエンジンを搭載して
いるので (350ps×2)気動車とは思えないほど早くて快適な車両です。

録音は、車内線特急として走行している様子を収録しました。
走行音は、加速中のエンジン音が最高にシビレます。
ハイパワーエンジン搭載の気動車の走行音は最高ですよ!!


揖斐線  510形  急行     

  ダウンロード  (471KB)  美濃北方駅〜真桑駅区間

  ストリーミング再生 
                  

 


揖斐線は、岐阜県の忠節駅と黒野駅を結ぶ路線でした。
岐阜市内線の延長上にあリ、2001年9月末までは谷汲線にも
黒野駅で連絡していましたが、すべての区間が廃線となっています。

510形車両は、大正15年(1926年)生産車両で、最近まで活躍していた営業車両としては
最も古い車両になると思います。
しかしながら廃線末期には、完全な予備車両となっており、770形や780形などが
検査時や、臨時電車ぐらいしか、残念ながら走行することがありませんでした。
まさに大正時代のロマンを感じさせる貴重な車両で、重厚な重い吊り掛け音を
響かせながら走行する姿をいつまでも楽しみたかったのですが残念です。

<録音時の解説>
美濃北方駅は、車両交換が可能な駅で、すでに780形の新岐阜駅行が待機しています。
先に平成時代の780形が「ウイーンウイーン」とVVVF車独特モーター音で発車します。
780形を見送った後、大正時代の510形が、重厚な重い吊り掛け音を響かせながら発車します。
その時代を感じさせる、モーターの音の比較がまず興味深いです。
その後は、「カチカチ」と懐かしい踏切の音が収録されています。
最後の方は、かなり高速走行しているので、510形のモーターが悲鳴を上げているように聞こえます。


名鉄廃線路線に乗車した時の思い出など掲示板にお寄せください。


トップページへ戻る