TDK

 TDKのテープは、音質面では不動のスタンダードであったと思う。中高域に力強さのある明瞭で前に出る音色は、ポップス向けには最適で、走行系も常に安定した品質管理がなされているようで、ハイエンドはもちろんローエンドまであたりはずれがなかった。明るく元気な学級委員型優等生といったところか。

 TDKのもつ安心感の根っこに、この“D”の基本デザインがある。レンジは狭いが、しっかり腰を持った中音域はFMエアチェックに最適な音質だ。70年代的な抑制の効いたシンプルなデザイン(面白みはないが..)もあらためて見るとなかなかよい。
 右はOgura氏現物投稿もののSD。ADの先代にあたる70年代前〜中期のもの。

 左は70年代後期のノーマルポジションの王者、ADの初代である。高域の伸び、を売りにして、一気に定番の座を射止めた名作。中音から高音にかけてクリアに華やかにしっかり前に出る感じが新しかった。下左が、TDKハイポジの定番銘柄SA。下右がADの上位に位置する、より艶やかでリッチな質感のED。いずれも明瞭快活な感じの音づくりで、時代の扉を開いたシリーズだ。
...てなことを適当に書いていると、'ばばさん'氏より貴重な投稿。EDなのだが、よく見ると上のやつと微妙に異なってますねえ。デザイン考古学的観点(?)からは、こちらが古いことは一目瞭然である。

 なお、'ばばさん'氏からは、SAの先代として、'KR' なるクロームポジションが存在していたことが報告された。(TDK確認済みということである。)
 さらに、'kureha'氏より、これらの件に関して情報が寄せられた。'ED'については、星の数によるグレードスケール表示があるものが初代、-(ハイフン)表示のものが二代目であり、また'KR'は、1975年3月に初代SAが発売されるまで二世代の存在が確認されているとのこと。ちなみに、TDK製品は、72年の春頃に全ラインナップ(D、SD、KR)プラスチックケース入りになり、KRは☆(白星)一個の表示で120分テープも存在していたとのことである。
 情報を総合すると、72年春頃のラインナップがD、SD、KRであり、その後SDの上位としてEDが加わり、さらにその後SDの後継としてAD、KRの後継としてSAが生まれたという順序のようである。ADやSAには、上のEDのようなハーフデザインのものは存在しないと思われる。

 70年代末頃の新デザイン。微妙な変化であるにもかかわらず、ちょっとだけPOPな印象が加わり、80年代への予感を感じさせる。左のODは、EDに代わるノーマルの最上位で、ダイナミックレンジの広いリッチな豊かさが印象的な新ラインナップ。
 80年代初頭は、カセットテープの高音質化競争が頂点に達し、微妙な差異化に突入し始める時期でもあり、デザインも、各社とも高級志向の金銀系が幅をきかす。こうして並べて見てもあんまり面白みはない。上段は左よりD、AD、SA、下段左がOD。下段右Ogura氏より投稿の、メタルMA。
 このころ登場するSAの上位、ハイポジの最高峰SA-X。力強さと繊細さのバランスがとれた音質、走行の安定性など、文句のつけようがない名作。右のほうが古いタイプだと思うんだが、さだかではない。
 左は'ばばさん'氏の投稿物件、AD-X。あんまりぱっとしなかったODの後継、ノーマル最高峰というやつである。はじめての ' -X' ものではないかとのこと。
 そして、Ogura氏よりの現物投稿中でも貴重品、私はMetalをあんまり使わなかったのでので買った覚えが無いが、ずっしり重い金属素材のハーフを持った左MA-R(ではないかということだが違うかもしれん)及び右MA-XGだ。左が古いタイプだろうと思われるが、詳細不明。TDKでは珍しい、モノとしておもしろい作品。80年代中盤くらいか。
 80年代中盤になり、先代のごーじゃす感にシャープなモダンさを加味したデザインとなったが、はっきりいって地味だ。D、AD、SAといった定番ラインは、音質的にはそんなに変わって無いんではないかと思う。ハイポジ最高位の新ラインとして登場した左のHXは、シャープな質感でちょっと新しい。
 'ばばさん'氏投稿の'AR' 二態及び'AR-X'。
AD-Xの後継にあたる。これはフォローできていなかったラインナップ。(このころあんまりノーマル使わなかったんです...)
 80年代中盤〜後半、音質的にはもう行くところまで行ってしまった感がある中で、デザイン的には透明広窓タイプがはやる。上段左は、ノーマル普及タイプの新ラインとして登場したSF。上段中央はSA、上段右SA-X、左AD。すっきりしたデザインではあるが、相変わらず地味じゃない?
 80年代後半から90年頃にかけては、それまで比較的安定していた製品ラインの構成も複雑化し、だんだんわけがわからなくなる。上左AD-S、上中AR。ともにノーマルポジションだが、すでに私は何が何だかわからない。上右はOgura氏投稿の廉価盤ノーマルAE。これがけっこうチープでいい味出してるな。右は90年代初頭頃のAD。下がOgura氏投稿のメタル、MA。渋い、というか、やっぱりこれは地味だ(;)