kendama.top
kendama.topホームへ

けん玉、やってみよう!
《こだわり》けん玉における技の美とは

けん玉を学ぶ

書籍のご紹介

けん玉を手に入れよう

けん玉選びアドバイス
買ってくる
借りる

myけん玉を手に入れたら
けん玉の調整
けん玉のしまい方

さっそくやってみよう
けん玉の持ち方と構え方
基本技10とは
級の技認定表
段の技認定表
Touchさんが選んだ百の技《技百選》
けん玉マスターへの道
   《マスターリスト》
もっとうまくなる秘訣





ホーム>けん玉、やってみよう!:myけん玉を手に入れたら

☆けん玉のしまい方☆

けん玉を使い終わったら、けんに糸を巻いてしまいましょう。 巻き方は、決して難しくありません。斜めに巻いていくだけです。最後に、玉をけんにさしてできあがり!





左のように、逆さまにしても玉が抜け落ちないようにしてください。

ただ、糸の長さによってはこの巻き方ではどうしてもうまくいかない(玉がけん先に届かない、届くんだけどブカブカになるなど)ときがあります。そのときは、皿胴の下に何回か巻いてけん先にかぶせてください。

Touchさんに調整をご依頼された場合、このしまい方で糸を巻いています。
逆さまにしても抜けないよう、調整後の糸の長さに合った巻き方にすることが大切ですので、ぜひ覚えておいてください。


「あれ〜?玉がはずれないよ〜(?_?)」という方、はずし方はいたって簡単です。
玉を思い切って引っ張ってみてください。ゆっくり引っ張っていくとけん先が見えてきます。

このけん玉(新富士)の糸はナイロン製の編み込みで非常に丈夫にできています。切ろうという意志を持って無理矢理引っ張るなどしない限り切れるものではありません。
どうか安心して引っ張ってみてください(^_^)

それでは、楽しいけん玉ライフを!


Copyright (C) 2002-2017 Touch@sun! , All Rights Reserved.