奥の細道:敦賀の章



あさむづの橋をわたりて、玉江の蘆は穂に出にけり。鴬 の関を過て湯尾峠を越れば、燧が城、かへるやま に初鴈を聞て、十四日の夕ぐれつるがの津に宿を もとむ。その夜、月殊晴たり。あすの夜もかくあるべきにや といへば、越路の習ひ、猶明夜の陰晴はかりがたしと、あるじ に酒すゝめられて、けいの明神に夜参す。仲哀天皇の御 廟也。社頭神さびて、松の木の間に月のもり入たる。おまへ の白砂霜を敷るがごとし。往昔遊行二世の上人、大願 発起の事ありて、みづから草を刈、土石を荷ひ泥渟を かはかせて、参詣往来の煩なし。古例今にたえず。神前 に真砂を荷ひ給ふ。これを遊行の砂持と申侍ると、亭主 かたりける。 「月清し遊行のもてる砂の上」 十五日、亭主の詞にたがはず雨降。 「名月や北国日和定なき」






気比神宮前



気比神宮内芭蕉像前



LINK:敦賀名所案内




徳間ホームページへ
「奥の細道」俳枕の旅へ