ナスタチウム(2017/06)

<ナスタチウム(キンレンカ)>
別名:キンレンカ(金蓮花)、ノウゼンハレン
科名/属名:ノウゼンハレン科 / ノウゼンハレン属
原産地:ペルー、コロンビア
特徴:ハスのような丸い葉をつけ、金色の花をつけることから、金蓮花(きんれんか)と呼ばれるようになった。葉、花、果実、種子は辛みと酸味があって食用になり、サラダや彩りに利用される。本来はつる性の一年草だが、あまり伸びない矮性品種のほうが多く流通している。
花色:赤、黄、オレンジ、複色
開花時期:4月下旬〜7月、9月〜11月上旬
形態:一年草



徳間ホームページ/身近な花へ