投稿棋譜

ここでは、皆さんから投稿頂いた棋譜を掲載します。
現在、掲載する棋譜を募集していますので、見せても良いという棋譜がある方は下記の投稿要項に沿ってご投稿下さい。
<投稿要項>


投稿棋譜リスト  棋譜閲覧は“棋譜名”をクリックして下さい。

投稿者名
棋譜名
先手
後手
先手戦型
後手戦型
掲載日 管理人評
疾風さん
振り負けたが
勝負には勝つ
疾風さん
vs.
24の3級
玉頭位取り
vs.
四間飛車
2005/
04/03
どちらが飛車を振るか、面白い駆け引きの後、後手の四間飛車になりました。角交換から先に角を打ち込んで桂得した後手が有利に見えましたが、疾風さんも玉頭の厚みを生かして盛り返します。疾風さんが79手目▲8四銀▽同歩と、銀を桂と刺し違えて▲7六桂と打ったのがうまい寄せで、以下も緩みなく寄せ切りました。後手は72手目▽8四桂あたりが問題だったかもしれません。
鍼魔王さん
「魅せる将棋」
会心譜
鍼魔王さん
vs.
Yahooレート
1400位の人
四間飛車
vs.
中飛車
2005/
04/09
戦型には四間飛車 vs 中飛車と書いてありますが、通常の相振り飛車と違って超急戦になっています。「魅せる将棋」がモットーとおっしゃる鍼魔王さんの誘導でトリッキーな展開に。管理人も面白く観戦できました。鍼魔王さんの奔放な指しまわしに幻惑されたのでしょうか、46手目後手に致命的な悪手▽4五銀が出てしまいます。以降は鍼魔王さんの独壇場。気持ちの良い手を連発して圧勝となりました。
さとのおとうさん
死中に銀を拾う
さとのおとうさん
vs.
6級の人
向かい飛車
vs.
四間飛車
2005/
04/18
当サイトと相互リンクして頂いている「横下工作室」のさとのおとうさんにご投稿頂いた棋譜です。じっくりとした陣容整備が続く中、後手陣の隙を逃さず角交換から馬を作ったさとのおとうさんが優位に立ちます。しかし後手も切れそうな攻めをうまくつないで一手争いに持ち込み、白熱の終盤戦に。最後は僻地の銀を取る手が詰めろになることを読み切ったさとのおとうさんが、鮮やかな即詰めに討ち取りました。後手は96手目▽2九とあたりに問題があったかもしれません。
鬼さん
四枚穴熊との
激闘を制す
鬼さん
vs.
穴熊さん
石田流
vs.
居飛車穴熊
2005/
09/03
鬼さんの石田流三間飛車に対して後手は四枚穴熊の堅陣で対抗しました。じっくりとした駒組みの中、後手が歩交換に出た動きに乗じて鬼さんが積極的な指しまわしを見せ、角桂交換の戦果を挙げます。ところが後手の反撃に遭って角を取り返され、逆に駒損となった鬼さんが苦戦になりました。非勢にめげず、鬼さんは勝負手を連発して攻め立てます。この積極策が功を奏し再逆転に成功、最後は鮮やかに四枚穴熊を攻略しました。
鬼さん
泥沼流・拾い勝ち
鬼さん
vs.
同じくらいの
Rさん
三間飛車
vs.
三間飛車
2005/
09/06
先手鬼さんの三間飛車に対して後手も三間飛車に構え、相振り飛車になりました。機敏に銀交換に出た後手の判断が良く、▽8七銀(飛角両取り)のキズを抱えた鬼さんが苦戦になりました。銀損のまま終盤戦に突入し鬼さん危うしと思われましたが、後手の一瞬の隙を突いた鬼さんの勝負手が見事に決まり、一気の巻き返しに成功しました。最後は入玉模様の後手玉を鮮やかな即詰めに討ち取っての逆転勝ちとなりました。
トムさん
銀の成らずに好手あり?
トムさん
vs.
ヤフーの
1800さん
四間飛車
vs.
居飛車棒銀
2005/
10/10
先手トムさんの四間飛車に後手はオーソドックスな棒銀戦法を採用しました。27手目トムさんに意表の銀引きが出ますが、結果的には損だったかもしれません。一時的に銀得となったトムさんですが、と金を作られ飛車の侵入も防げない形となりやや苦戦になりました。しかしトムさんの堅陣を利した激しい攻めを後手が受け損ない、攻めが切れなくなって逆転しました。後手も最後の抵抗を見せますがトムさんが鮮やかに寄せきって一手勝ちとなりました。
トムさん
睨み倒して勝つ
ヤフーの
1800さん
vs.
トムさん
四間飛車
vs.
居飛車
2006/
02/19
先手が三手目角交換から立石流四間飛車模様に、後手番のトムさんは自陣角から玉頭方面に銀を盛り上がるという力戦風の展開になりました。トムさんの角の睨みが素晴らしく堂々の作戦勝ちに。そこから先手が苦しくなって動いて来たところを捕らえて一気に優位に立ちました。その後も上位者を終始圧倒し続けたトムさんの快勝譜となりました。先手の敗因は駒組みにあると思いますが、そうさせたトムさんの序盤感覚が光る一局でした。
鬼さん
絶妙手で大逆転
深海魚さん
vs.
鬼さん
四間飛車
vs.
三間飛車
2006/
04/16
相振り飛車の将棋になりました。先手は美濃囲いから鬼さんの3筋歩交換を逆用して矢倉に組み換えようとします。それに反発して鬼さんが△3六歩としたことから抜き差しならぬ勢力争いが始まりました。玉頭に強大な厚みを築いた先手が大優勢となって勝利間近と思われましたが、鬼さんに意表の妙手△3三金が飛び出します。先手はこれに動揺したのか対応を誤り大逆転。いつもながら鬼さんの逆転術が冴えた一局でした。
涓滴さん
理想的な勝ち方
R1237さん
vs.
涓滴さん
4六銀急戦
vs.
四間飛車
2006/
04/30
鬼さんと同じzzz倶楽部のメンバーである涓滴さんの投稿棋譜です。涓滴さんの四間飛車に対して先手が▲5七銀左から▲4六銀と攻める急戦型になりました。定跡にもある難しい攻防が続きましたが、先手の一瞬の疑問手を衝いた涓滴さんが優位に立つとそのままどんどんリードを拡げ、気づくと大差に。最後も緩みなく寄せきって涓滴さんの圧勝になりました。本局は四間飛車の理想的な勝ち方と言えるでしょう。
鬼さん
居飛車新人
鬼さん
vs.
Nさん
角換わり
相腰掛け銀
2006/
05/03
居飛車党に転向した鬼さんに対して、後手が採った作戦は流行の一手損角換わりでした。そのまま相腰掛け銀となって、鬼さんが仕掛けると後手もこれに呼応して激しい攻め合いに。駒得で先手陣を乱した後手が指せると見られましたが、王手飛車が飛び出して逆転。その後後手の反撃にヒヤリとする場面もありましたが、鬼さんが持ち前の終盤力を発揮して鮮やかに寄せきりました。
鬼さん
糸谷流右玉の譜
鬼さん
vs.
Kaさん
糸谷流右玉
vs.
向かい飛車
2006/
06/03
今度は右玉(風車)の使い手となった鬼さん。本局では「糸谷流」と言われる対振り飛車右玉戦法を見せてくれます。後手は右玉と戦った経験が少なかったのでしょう。普通に組んだ結果、先手が指せる流れになりました。後手は先手玉頭に襲いかかるはずの飛銀が遊ぶ苦しい展開に。中盤以降も鬼さんに好手が続出し、危なげなく寄せきっての快勝となりました。
鬼さん
糸谷流 vs.
三間飛車
鬼さん
vs.
Mさん
糸谷流右玉
vs.
三間飛車
2006/
07/13
後手三間飛車の出だしに対して、鬼さんの作戦はお馴染み糸谷流右玉です。鬼さん▲9七角の挑発に乗った後手が▽9五歩と自ら玉側の端歩を突っかけて開戦しました。この端攻めを逆用した鬼さんが優位に立つも、後手も頑張り一進一退の攻防に。一時は後手良しかと思われる局面も出ましたが、鬼さん絶妙の▲6二歩を境として一気に先手有利の流れになりました。以下緩みなく寄せきって鬼さんが競り合いを制しました。

鬼さん
新風車
1tさん
vs.
鬼さん
居飛車雁木
vs.
新風車
2006/
07/15
本局も鬼さんからの投稿棋譜です。今度は同じ右玉でも対居飛車編です。序盤、後手の角筋に玉を囲った先手の構想が疑問だったようで、右玉側の作戦勝ちになりました。その後先手にも何度か勝負形に持ち込むチャンスがありましたが、それを逃したためそのまま押し切った鬼さんの快勝となりました。鬼さんの角のにらみが最後まで先手を苦しめた一局でした。

鬼さん
糸谷流 vs.
四間飛車
Kさん
vs.
鬼さん
四間飛車
vs.
糸谷流右玉
2006/
11/04
糸谷四段の活躍で俄に注目を集めている「対振り飛車右玉」の一局です。後手の鬼さんは以前からこの戦型に着目して実戦で用いてきました。本局では先手四間飛車に対して正統「糸谷流」で対抗しています。仕掛けから見応えのある応酬が続きましたが、鬼さんが放った「手裏剣の歩」に対する対応を先手が誤ったため、一気に鬼さん有利の流れに。その後も右玉らしい手堅い指しまわしで優位を拡大した鬼さんの圧勝となりました。

将棋厨房「ホームに戻る」