代を刻む

富山妙子と火種工房のあゆみ

1921

神戸市で生まれ、少女時代を旧満州、大連とハルビンで過ごす。

1938〜45

東京女子美術専門学校(現女子美大)中退・戦争。

1950年代

戦後画家の社会参加として鉱山、炭鉱をテーマとして出発。

1960年代

第三世界をテーマとして、ラテンアメリカ、アジアへの旅。

1970〜

軍事政権下の韓国で、詩を発表して捕らわれた詩人、
金芝河(キム・ジハ)の詩をテーマとして リトグラフ・シリーズ制作。

1973〜

チリの詩人、パブロ・ネルーダの詩によせて、チリに軍事クーデターおこる
『声よ、消された声よ、チリに』リトグラフ・シリーズ制作。

1975〜

リトグラフ「キム・ジハとパブロ・ネルーダの詩によせて」制作。
ニューヨーク、シカゴ、バークレイを巡回。 「深夜・金芝河・富山妙子詩画集」(土曜美術社)出版。
韓国でキム・ジハに死刑が求刑される。

1976

新しい芸術運動として、詩と絵と音楽によるスライド作品を制作、
全作品の音楽を高橋悠治が担当。 自主制作のための火種工房を主宰。
政治犯釈放を訴えるため表現者の協力で「しばられた手の祈り」
つづいて『めしは天』『蜚語』制作。

1980 5月、光州市で民衆が蜂起。
倒れた者への祈祷・1980年5月光州』版画シリーズ巡回展。
につづいて映画『自由光州』制作。
1982〜83

パリ、ベルリン、ハイデルベルグ、ミュンヘンにて巡回展。
朝鮮人強制連行の死者に捧ぐ、尹東柱の詩によるシリーズ映画化される。

1984

朝鮮人強制連行・尹東柱の詩によるシリーズを制作。
東京と関西で個展と映画『はじけ鳳仙花』(監督土本典昭、幻燈社制作)上映。
パリ、ベルリンで映画上映(1986年にメルボルン映画祭招待作品)。

1986

朝鮮人従軍慰安婦をテーマとしたシリーズを制作。
築地本願寺境内で佐藤信演出、黒テント公演『海鳴り花寄せ』

1988

富山妙子ロンドン・ベルリン展。スライド「海の記憶」制作・上映。

1989〜92

タイの出稼ぎ女性をテーマとして「帰らぬ少女」シリーズ制作、原画展とスライド上映。
バンコク、パルテノン多摩市民ギャラリー、国際交流基金アセアン文化センター巡回。
「エロース・ワガ痛み 富山妙子展」多摩市主催のフェミニスト・アートフェスティバル行事

1993

「アジアへの視座ー帰らぬ少女原画展」東京・国際交流基金アセアン文化センターギャラリー

1995

戦争50周年記念企画・富山妙子 東京・ソウル展。
多摩美術大学附属美術館(4月)、ソウル東亜ギャラリー(8月)
「ハルビン・20世紀へのレクイエム」制作。
「第1回光州ビエンナーレ国際展」に特別招待出品。

1997

「慰安婦へのレクイエム・富山妙子作品展」”リバティ・おおさか”

1998 「From The Asia」(ホン・ソンダムとの2人展)巡回。
光州市望月洞特設ギャラリー(5月)、富川市庁舎ロビー(11月)、川崎市教育会館(12月) 。
スライド「きつね物語」制作(〜2001年)
2000 「第3回光州ビエンナーレ国際展」に参加。
インスタレーション「倒れた者への祈祷」「きつね物語シリーズ」を出品。
世田谷区生活文化工房(キャロットタワー)
「きつねと炭鉱」展(絵・写真・詩・音楽のコラボレーション)開催。
2001 アクロス福岡に「きつねと炭鉱」展巡回。
成蹊大学トラスコンガーデン「富山妙子展−Let's Go To Japan−」開催。