ここをクリック 


 2つの平面波が異なる方向に進むとき,重なった部分では下図のような波ができる。

 このときの合成波は,2つの平面波の進行方向の角の2等分線の方向に進む波(進行波)となり,その振幅は合成波の進行方向に垂直な方向に周期的に変化している。すなわち定常波ができていることになる。

 本ページでは,このような波ができる理由を説明します。



 ここをクリック