昭和52年4月17日(1977) 完成 稲村神社境内にある。
小形山地区住民の集会、行事、稲村神社の祭典、資料館まつり、食生活改善推進員の伝達講習会など、小形山以外の個人、団体も申し込みにより低料金で利用ができ合宿も可。設備は舞台付大広間(畳)1、小部屋(畳)1、広い厨房1、駐車は集会所前の稲村神社境内に可
 維持・管理は小形山自冶会
画像は、2002年12月3日撮影

○都留市小形山地域集会所条例施行規則 昭和52年3月31日 規則第5号 (趣旨) 第1条 この規則は、都留市小形山地域集会所条例(昭和52年都留市条例第5号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。 (使用時間) 第2条 集会所の使用時間は、午前8時から午後10時までとする。 (使用許可の申請) 第3条 条例第4条の規定により、集会所を使用しようとする者は、都留市小形山地域集会所使用許可申請書(様式第1号)を自治会長に提出しなければならない。 (使用許可) 第4条 自治会長は、前条による申請を許可しようとするときは、都留市小形山地域集会所使用許可書(様式第2号)を交付する。 第5条 条例第5条ただし書の場合にあっては、1時間につき210円を申請と同時に自治会長に納付しなければならない。 (遵守事項) 第6条 集会所の使用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。 (1) 許可しない施設、設備又は器具を使用しないこと。 (2) 火気の使用又は喫煙は、所定の場所以外で行わないこと。 (3) 自治会長の指示に従い、常に集会所を清潔に保持するとともに他に迷惑を及ぼす行為をしないこと。 (原状回復の義務) 第7条 使用者は、集会所の使用が終わったときは、直ちに原状に復さなければならない。 (賠償) 第8条 使用者は、集会所使用に際して施設又は附属設備を亡失又は損傷したときは、これを賠償しなければならない。 (帳簿等の備付け) 第9条 自治会長は、次に掲げる帳簿等を備えなければならない。 (1) 利用計画表及び利用日誌 (2) 備品台帳 (3) 会計簿 (補則) 第10条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、自治会長が市長と協議して定める。 附 則 この規則は、公布の日から施行する。 附 則(平成9年4月1日規則第5号) 1 この規則は、平成9年4月1日から施行する。 2 この規則の施行の際現に使用料を納付したものに係る使用料については、なお従前の例による。 附 則(平成12年4月1日規則第8号) この規則は、公布の日から施行する。

様式第1号(第3条関係)

都留市小形山地域集会所使用許可申請書

年  月  日

  小形山自治会長    様

住所              

申請者                 

氏名              

 下記のとおり使用したいので、許可されるよう申請します。

  ※ 許可年月日

年 月 日

行事の名称 ※許可番号

第    号

行事の目的 予定人員

使用日時

自    年  月  日(午

前後

  時) (  時間)

至    年  月  日(午

前後

  時)
使用施設 1 大会議室  4 浴室

      2 小会議室  5 図書室

      3 調理実習室

特別設備概要
備付器具  使用する   使用しない その他
使用責任者

   住所

   氏名

   電話              番

※使用料   有・無

    ( 時間 分)

    (     )

    計    円

 ※欄は、記入しないで下さい。

様式第2号(第4条関係)

都留市小形山地域集会所使用許可書

年  月  日

             様

小形山自治会長          印

 下記のとおり許可します。

団体名  
行事の名称  
使用日時

自     年  月  日午

前後

  時から (  時間)

至     年  月  日午

前後

  時まで
使用施設 1 大会議室   4 浴 室

2 小会議室   5 図書室

3 調理実習室

使用条件  
使用料

円(        )


名所・旧跡 小形山発 このページトップ