画像は2001年11月に文人像建立と周辺が整備され2002年4月に整備を終わる。2002/04/14撮影
冨春寺、金山工業、川久保地区住民、島崎進さん(80才、2008年5月、87才で没する)をはじめ多くの協力により整備される。

 寺記によると天文5年(1536)小山田越中守信有によって建立された。世音菩薩と閻魔大王と秦広王、初江王、宋帝王、五宮王、閻庁王、変成王、平等王、都市王、五道転輪王の十王が祀られてる。
 人間は生きるためには、必ず罪を犯すにで死ぬと初七日を始め四九日まで七回、それに百ヶ日、一周忌、三年忌の10回裁判を受けなければならない、これを裁くのが十王である。その他生前の罪の重さを計る、しょう塚のお婆さんという人の像もある。
 正月16日の地獄の獄卒も仕事を休む日といわれるこの日に祭礼が行なわれる。昔は7月16日にも行なわれたようだ。現在の堂は昭和55年(1980)2月16日、以前の堂が老朽化したので建て替えられた。 
2008/5 更新
堂内の仏像としょう塚のお婆さん

名所・旧跡 小形山発 このページトップ