ごあいさつ・・・・・・・・・・
 サミゾチカラコレクションは、佐溝力が青年時代から40余年にもわたって集めてきた資料を収蔵したもので、その数は約20,000点です。
 それは、ホーロー看板をメインとして、懐かしい木彫看板や日本広告史を飾った引き札、また、キャラクターグッズや、メディアが未発達であった頃の宣伝チラシなど、スローな良き時代の広告資料を多数収蔵しています。
 収蔵する広告資料は佐溝力が精選して集めた資料ばかりです。図案の斬新さ、キャッチコピーの言葉の巧みさ、宣伝広告の”妙”がいっぱいの、時代を生きてきた広告資料が迎えてくれます。
 レトロ好きのあなたの感性をきっとゆさぶることでしょう。ぜひご覧ください。



『絵はがき・錦絵に見る郷土の風景展・明治大正・昭和の豊川』
豊川市・豊川市文化のまちづくり委員会編集
2006年(平成18年)7月(A4版・86頁)
豊川市・豊川市文化のまちづくり委員会発行
*サミゾチカラが収集した絵はがき・錦絵などのコレクションを中心に掲載。
 収録された資料は(絵はがきのみ)豊川市桜ヶ丘ミュージアムに寄贈。
¥非売品
(桜ヶ丘ミュージアムにて頒布中)

『三河の広告』(はるなつあきふゆ叢書20)
春夏秋冬叢書編集
2007年(平成19年)2月(B5版260頁)
愛知県豊橋市・春夏秋冬叢書発行
*サミゾチカラの広告コレクションから引き札を中心に掲載。
 地元三河の歩んできた歴史が明らかになる資料です。
¥3,000(本体)

『サミゾチカラ・コレクションの世界
     日本ホーロー看板広告大図鑑』

佐溝力・平松弘孝編
2008年(平成20年)6月
東京 国書刊行界(A4版169頁)
*空前絶後の明治・大正・昭和ホーロー看板大博覧会!」と帯に書かれているようにホーロー看板の集大成で見応えのある書。
¥4,800(本体)

『広告から見える明治・大正・昭和 - 懐かしのホーロー看板』
佐溝力著
2009年(平成21年)11月(B5版222頁)
東京 祥伝社発行
¥1,600(本体)

『東三河&西遠・西三河・南信応援誌 季刊そう(叢)』
味岡伸太郎編集
季刊誌(毎年3月,6月,9月,12月発行)
豊橋 春夏秋冬叢書発行(A4版約90頁)
*三遠南信の歴史、風俗、習慣等を現在の視点で紹介し町づくりを応援する貴重な季刊誌。「サミゾくんちのこぼれ話」連載中。
¥600(本体)
(写真は2011夏31号のもの)

購入等の申し込み・問い合わせ先は・・・・・
愛知県豊川市大橋町三丁目38




昭和21(1946)年 豊橋市生まれ。
昭和38(1963)年 自転車・徒歩旅行、ヒッチハイク等、その後トラック運転手として全国を回る。
昭和63(1988)年 豊橋市のライブハウス「バークレー」にて、ジャズ・ポピュラーバンド「ボグワッシュ」とのコラボレーションで看板を展示。
平成4(1992)年 豊橋市の喫茶店「フォルム」にて、「ホーロー看板展」が開催される。
平成4(1992)年 日本タイポグラフィ協会誌「タイポグラフィックス」に紹介される。
平成4(1992)年 蒲郡市立図書館にて「明治・大正・昭和のホーロー看板展」が開催される。
平成10(1998)年 雑誌「サライ」に紹介される。
平成12(2000)年 日本経済新聞文化欄に掲載される。
平成15(2003)年 テレビ朝日「ニュースステーション」で紹介される。
平成16・17(2004・5)年 NHK BS「熱中時間」に出演。
平成17(2005)年 豊川市桜ヶ丘ミュージアムにて「ホーロー看板に見る広告文化史・サミゾチカラコレクション展」が開催される。
平成18・19(2006・7)年 大阪府豊中市の「スペース草」にて、「ホーロー看板展」が開催される。
平成19(2007)年 神戸市「ストリートギャラリー」にて「ホーロー看板展」が開催される。
平成19(2007)年 春夏秋冬叢書より『三河の広告』が出版される。
平成19(2007)年 「看板と広告の資料館・琺瑯看板研究所」が開館する。
平成20(2008)年 図書刊行会より『日本琺瑯看板広告大図鑑・サミゾチカラコレクションの世界』が出版される。
平成20(2008)年 NHKラジオ「どよう楽市」にゲストとして出演。
平成20(2008)年 朝日新聞「ひと」欄で紹介される。
平成21(2009)年 日経BP社の「セカンドステージ」で紹介される。
平成21(2009)年 豊橋こども未来館で「ホーロー看板展」が開催される。
平成21(2009)年 浜松復興祈念館で「資料展」が開催される。
平成21(2009)年 岡崎市で開かれた私立短期大学、東海北陸地区図書館協議会で講演する。
平成21(2009)年 祥伝社より『広告から見える明治・大正・昭和−懐かしのホーロー看板』が出版される。
平成21(2009)年 看板と広告の資料館にて「商品広告のさきがけ、仁丹の世界展」が開催される。
平成22(2010)年 仁丹本社に招かれ「仁丹の看板展」と講演を行う。
平成22(2010)年 豊橋美術博物館にて「すりもの展」に資料出品と講演を行う。
平成22(2010)年 看板と広告の資料館にて「昭和を照らし続けた”明るいナショナル”広告展」が開催される。
平成23(2011)年 蒲郡市博物館にて「佐溝力コレクションの世界展」が開催される。
平成23(2011)年 岐阜市生涯学習センター・ハートフルスクエアーGを会場に「佐溝力広告コレクションの世界展」開催。「佐溝力のサロントーク」が開かれ講演。
平成24(2012)年 サミゾ資料館が取材を受けたTV番組「遠くへ行きたい」が日本テレビ系列で放映。
平成24(2012)年 大阪豊中市のギャラリ−「スペース草」を会場に坂井ユウジロー氏とコラボで「大阪企業看板ラプソディー」展を開催。
平成25(2013)年 栃木県佐野市郷土博物館が主催する「看板」展にホーロー看板を出品。同時に開催された講演会で、「ホーロー看板に見る広告文化史」をテーマに講演。
平成26(2014)年  愛知県高浜市やきものの里美術館で開かれた「ボーダレス・アート・コレクション」展に、佐溝制作の作品が展示される。
平成26(2014)年  愛知県豊橋市子ども未来館主催の「振り返る昭和の暮らしとホーロー看板」展が開催され、サミゾ資料館の資料類が展示される。
平成27(2015)年  佐溝の漂着物アート作品の初の個展「ヒロッタージュ」展が、大阪府豊中市のギャラリー「スペース草」で開催される。
平成27(2015)年  愛知県蒲郡市立図書館主催の戦後70年記念展「戦時下の暮らしと戦後復興のあゆみ」展に、サミゾ資料館の資料が展示される。
平成28(2016)年  愛知県豊橋市で開かれた都市型アートイベント、SEBONE2016に参加。穂の国とよはし芸術劇場にて「ヒロッタージュ」作品を展示。
平成28(2016)年  愛知県新城市のアルフォンソカフェにて、 ”あいちトリエンナーレ2016パートナーシップ事業” となった「サミゾチカラ…とよがわの恵み…ヒロッタージュ作品」展を開催する。
平成28(2016)年  愛知県芸術文化センターで開かれた「あいちアール・ブリュット作品」展に参加。 ”ヒロッタージュ” 作品を展示。
平成29(2017)年  愛知県蒲郡市立図書館主催の企画展「カワラ・デ・ヒロッタージュ作品展…とよがわ〜やはぎがわの恵み」が開催される。
平成29(2017)年  静岡県藤枝市郷土博物館・文学館主催の企画展「昭和レトロデザイン展〜懐かしのホーロー看板とレトロゲーム体験〜」にサミゾ資料館の資料が展示される。同時にミュージアムトークと講演会が開かれ、展示解説と「ホーロー看板」をテーマに講演。