Subaru Astronomers Circle


すばる天文同好会







 毎月のすばる天文同好会の定例観望会情報や、ほかの天文関連イベントにつきましては、このトップページに掲載します。

 すばる天文同好会の観望会には、どなたでもお気軽にご参加ください。




リンク

長久保赤水顕彰会
高萩が生んだ江戸時代の地理学者、天文学者である長久保赤水の公式ホームページ


マナスル山荘新館
天文台を備えた星空に近い山荘



舟越和己さんのHP
すばる天文同好会の会員です
かなり密度の濃いHPで、「星見雑記帳」なども面白いです


M's Color
染め物アーティスト美和さんのHP
すばる天文同好会の会員です


井上浩さんのブログ
すばる天文同好会の会員 井上さんのブログです
栃木県大田原市の「星旅祭」や井上さんの幅広い活動に関する情報が満載です。


日立星の会のブログ
日立星の会の八重座さんが管理するブログです。


十文字星見台
岸正一さんの個人天文台&カフェ&野外ライブステージ


おおたま村 森の小さな天文台
2020年春オープン予定。福島県にある大玉村と、アマチュア天文家有志がプロジェクトを組み、クラウドファンディングを活用しての開設を目指しています。

写真は設置予定の15p屈折望遠鏡


高萩 Hagi Village
高萩市の小山ダムで自然体験ができます。










すばる天文同好会のマスコット

ねこうさぎ

更新の内容



2018年11月25日
ホームページを一新しました。

2015年1月18日
長久保赤水著『天象管き鈔』を掲載

2016年9月11日
立原翠軒著『古今沿革地図』を掲載。

2018年5月6日
『長久保赤水の天文学』に渾天儀の画像を追補。

2019年6月25日
十文字星見台「星空のもとでフラメンコ」開催されました

2019年7月6日
高萩市「Hagi Village」OPENのお知らせ
2019年8月27日
第1回天文勉強会の報告
2019年10月16日
11月定例観望会のお知らせ
2019年10月17日
10月定例観望会、臨時観望会の報告を掲載





2019年11月定例観望会のお知らせ



日時 : 11月23日(土)   18:00〜20:00
場所 : 高萩市さくら宇宙公園
     高萩市大字石滝608番地の1

観望会  : 18:00〜20:00
月齢    : 26.3
観望対象 : 傾きかけた土星、秋の星雲・星団、アンドロメダ銀河、二重星など
         

や観望会の開始時刻が、変更になっております。10月から3月までは18:00開始となります。



大好評企画  : 目標天体を望遠鏡や双眼鏡で手動で導入方法を毎回舟越さんが講習します。

望遠鏡をお持ちの方は、どうぞご持参して一緒に導入方法を勉強しましょう。望遠鏡や双眼鏡などの機材をお持ちでない方は、同好会員のもので実際に動かしてみましょう。


11月23日19:00ごろ、東から南にかけての星空

夏の星座は舞台から去り、少し寂しげな秋の星座が中心に居座ります。20時くらいになると、いよいよ冬の主役たちたちが顔をのぞかせます。



10月定例観望会の報告


105日(土)に実施しました定例観望会の実施結果をご報告致します。(場所:さくら宇宙公園)

参加頂いたのは、すばる天文同好会の川口さん、巻さん、舟越さん、高野さん梶山さん、由奈さん、岡部さん、ひかりさん、はるかさん、萩谷さん、徳永さん(新会員)いわき天文の小沼さんでした。

天気は曇りがちで、月、木星、土星、M57、アルビレオ等を観望しました。また梶山さんが撮影撮影をしました。

萩谷さんが持参した双眼望遠鏡でアルビレオを見せて頂きましたが、3等星のβ1星はきれいなオレンジ色に見え、5等星のβ2星も美しい青色に見えました。

まさに「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治)のサファイアトパーズのようでした。

また、小沼さんは私のミューロン210でアンドロメダ座のミラクのすぐ横にあるNGC404(ミラクゴースト)を探しました。かすかに確認することがでしました。

今回、新会員の徳永さんに参加頂きました。自分の望遠鏡で月、木星、土星などを導入する練習をされていました。まだ、接眼レンズ(31.7mm)を2個しか保有されていないので今後増やしていき様々な天体を観望して頂きたいと思います。

21時ごろ天候が悪化してきましたので撤収しました。

仲田















10月臨時観望会の報告


1013日(日)に福島県田村市の星の村天文台スターライトフェスティバルに参加しようと思いましたが台風19号の荒天により中止となりましたので代わりに臨時観望会を実施しました。(場所:さくら宇宙公園)

参加頂いたのは、川口さん、笹山さん、舟越さん、萩谷さん、仲田、いわき天文の小沼さんでした。

台風一過の晴天の中、月、木星、土星、M57、アルビレオ、M31等を観望しました。ただ、気流が悪くシーイングはいま一つでした。

月齢14.7の満月が明るく夜空を照らしていましたのでお月見会となりました。望遠鏡にニコンのデジカメを接触させコリメート撮影したりして遊びました。

ひさしぶりに笹山さんも130mmニュートン反射望遠鏡を持参して参加されました。この機材一式は森泉君に贈呈されますので、楽しみにして下さい。

現在、光軸他を調整中ですので少しお待ち下さい

22時ごろ撤収しました。

仲田


























第1回 天文勉強会開催の結果



第1回の天文講習会を開催しました。同好会の会員向けの勉強会ですが、一般開放の勉強会です。(参加は同好会会員のみでした)

メシエカタログは講師の舟越さんが、フランス語原典から直接訳した資料を使用しました。


日時 : 8月24日13:00〜15:00

場所 ; 高萩市中央公民館2階小会議室

参加費 無料

内容及び説明者
 (1)メシエカタログ原典紹介・・・・・ 舟越
   メシエカタログにどんなことが書かれているか等、古典の紹介です。
 (2)MTFの話       ・・・・・ 舟越
   MTFはカメラレンズの評価でも使われる評価指標です。MTFがどんなものか、その考え方を紹介する内容です。




以下 参加された仲田さんの報告です


すばる天文同好会第1回天文勉強会を実施しました。開催結果は下記でした。

1.日時:2019年8月24日(土)13:00-15:00

2.場所:高萩市中央公民館2階小会議室

3.参加者:川口さん、巻さん、高野さん、梶山さん、森泉君、仲田

4.講師:舟越さん

5.内容

 (1)メシエカタログ原典紹介

    メシエカタログにどんなことが書かれているか等、古典の紹介。

 (2)MTFの話

    MTFはカメラレンズの評価でも使われる評価指標。MTFがどんなものか、その考え方を紹介する内容。

6.参加した感想

(1)最初にメシエカタログの原典を紹介して頂きました。メシエカタログが1回に作成、発行されたものではなく、3回に分けて作られ  たものであり最後はメシエの弟子により完成されたものであることを知りました。

  また、カタログの内容が観測日、星雲番号(メシエ番号)赤径、赤緯、直径、天体の説明から構成されており簡単に見ることがで  きるガイドブックであることが分かりました。もちろん原本はフランス語ですが舟越さんに翻訳して頂いたお陰で日本語で読むこと  ができました。

  原本がインターネットで販売(40万円程度)されていることを知り驚きました。

(2)MTF(Modulation Transfer Function)変調伝達関数について詳細に説明して頂きました。これは、天体望遠鏡の光学系の評  価として「対象天体の持つコントラストを天体望遠鏡がどの程度再現できるかを表現するため」に使われるものです。

   順番に結像システム、空間周波数とコントラスト、空間周波数の単位、空間周波数の例、コントラストの数値化、回折像の畳み   込みによるコントラストの低下、空間周波数と天体望遠鏡、MTFチャートについて分かり易く解説して頂きました。解説して頂い   た順番に参加者から質問して行き舟越さんから答えて頂きました。参加者全員が気軽な雰囲気の中で楽しくディスカッションす   ることができました。

7.その他

  勉強会の後高萩市内のファミレスに集まり食事をしながら勉強会の感想について雑談しました。次回の勉強会も楽しみです。

                     仲田










十文字星見台」 GrundOpenのお知らせ


福島県南会津郡下郷町大字音金字十文字3292-2

google mapにはまだ掲載されえていませんが、韓国料理のお店「平野屋」さんのすぐ北に位置しています。「平野屋」さんまで行けばもう見えますが、そこで聞いてもらってもすぐに教えていただけます。

・ 安心/安全星見スポット
・ 野外ライブステージ
・ カフェ
三つの機能を備えた「十文字星見台」がいよいよ5月にグランドオープンします。
天文同好会の合宿などに活用してください。

施設利用料(AC100V 水場 トイレ利用可)
  ベース利用料 : 1基1夜3,500円、貸し切り1夜12,000円
  ドーム、レンタル望遠鏡利用料 応談(操作熟知者のみ)
   ※ 宿泊施設ではありませんので、テント泊か車中泊となります
くつろぎカフェ
  不定営業 11:00〜16:00ごろ
  飲み物 :400円〜、軽食 :800円〜




十文字星見台「星空のもとで フラメンコ!」


  6月8日(土)十文字星見台の野外ステージにおいて、「星空のもとでフラメンコ」が開催されました。あいにくの雨にもかかわらず、およそ百人の観客が訪れ、大いに盛り上がりました。
 屋良有子さんの踊りは迫力満点で、まさに圧巻でした。お客さんも大興奮でした。針谷美慧さんはお客さんをステージに引き上げて、一緒に踊るなど、本当に楽しいステージでした。
 ギターの高橋秀男さんのソロに、また、カンテの大沢玉紀さんの朗誦にも観客席から割れんばかりの拍手が巻き起こりました。
 会場では、地元の手打ちそば、北欧料理が出され、皆さんが舌鼓を打っていました。星空の観賞は残念ながらできませんでしたが、本当に楽しい一夜でした。

   出演
    バイレ:屋良有子、針谷美慧
    カンテ:大沢玉紀
    ギター:高橋秀男




屋良有子さんの迫力あふれる舞い





出演者の皆さん





出演者の皆さんとスタッフ










高萩自然体験ツアー・グランピング

Hagi Village

7月13日Open


高萩市の「高萩アウトドアフィールド事業、高萩グランピング事業」計画に基づいて、7月13日より「高萩自然体験ツアー・グランピング」がオープンしました。高萩市の山間部にある、小山ダムを中心に、カヌーやボート、シャワーウォークが楽しめます。
 小山ダムは、常磐自動車道高萩インターから約15分ほどのアクセスのよい場所にあり、夏はゲンジボタルの群舞が見られるなど、とても自然が豊かです。
 体験ツアーのなかには、バードウォッチングや天体観察体験も入っており、すばる天文同好会も参加することになっています。
 是非、高萩に遊びにおいでください。







7月13日のオープニングセレモニーに、すばる天文同好会からは、仲田さん、舟越さん、川口の三人が、参加してきました。グランピングで実際に提供される食事や、カヌー、ボートの試乗を楽しんできました。



ヤマメの塩焼き





まだ準備中でした。こだわりの七元豚。







湖上から見る景色は、まったく別でした。実際のツアーでは、幻の砂浜に上陸して美しい渚で遊ぶことができます。





グランピング用のゲルは、山・清流・海をイメージした3基です。



予約・問い合わせは Storm Field Guide/はぎビレッジ受付
 WWW.storm.cx
 TEL 080-9175-0217


8月16日に宿泊者向けの観望会を初めて実施しました。あいにくの天気でしたが、何とか月、木星、土星、アルビレオを見ることができました。21時までの予定だったのですが、気づいたら22時近くなっていました。写真は舟越さんの望遠鏡がお気に入りになったお嬢さんです。








「第11回星空案内人の集い」が開催されました


「星空案内人の集い」が山形県最上町の「保養センターもがみ」で開催されました。今回は開催時期が梅雨時ではなく、4月の開催となり、会場は初めての山形県でした。参加者は50名を超え、夜になって実施された公開観望会には近隣の参加者も加わり、100名を超えました。過去最高の活況でした。

 初日の講演は、2015年に続き2回目になる会津大学准教授寺薗淳也氏の「探査機による惑星探査のお話」、東北大学名誉教授市川隆氏の「南極から見る宇宙〜第2の地球を求めて」

 2日目は活動・研究報告が行われました。また、恒例になった「渡部潤一奨励賞」が投票で選ばれた発表者に贈られました。さらに、今回で主催者を退く吉田裕氏に感謝状が贈呈されました。

 詳細は別途掲載いたします。