Subaru Astronomers Circle


すばる天文同好会







 毎月のすばる天文同好会の定例観望会情報や、ほかの天文関連イベントにつきましては、このトップページに掲載します。

 すばる天文同好会の観望会には、どなたでもお気軽にご参加ください。




リンク

長久保赤水顕彰会
高萩が生んだ江戸時代の地理学者、天文学者である長久保赤水の公式ホームページ


マナスル山荘新館
天文台を備えた星空に近い山荘



舟越和己さんのHP
すばる天文同好会の会員です
かなり密度の濃いHPで、「星見雑記帳」なども面白いです


M's Color
染め物アーティスト美和さんのHP
すばる天文同好会の会員です


井上浩さんのブログ
今年10月に入会された井上さんのブログです


日立星の会のブログ
日立星の会の八重座さんが管理するブログです。










すばる天文同好会のマスコット

ねこうさぎ

更新の内容



2010年10月5日
ホームページを一新しました。

2015年1月18日
長久保赤水著『天象管き鈔』を掲載

2015年7月5日
長久保赤水『天象管き鈔』の解説を掲載

2016年03月06日
「松村任三と南方熊楠」を最終回まで掲載

2016年6月2日
小惑星「(15763)Nagakubo」誕生

2016年9月11日
立原翠軒『古今沿華地図』を掲載

2017年9月10日
『天象管き鈔』解説を改訂

2017年10月22日
小惑星「Nagakubo」命名式典・講演会の様子

2017年12月24日
入会申し込みのページ 同好会の改正規約を掲載
2018年2月4日
2月定例観望会のお知らせの掲載
2018年2月4日
1月31日の月食報告





2018年2月定例観望会のお知らせ

         

日時 : 2月17日(土) 
場所 : 高萩市さくら宇宙公園
     高萩市大字石滝608番地の1

観望会  : 19:00〜21:00
月齢    : 1.6
観望対象 : アンドロメダ大銀河、すばる、オリオン大星雲、天王星など

寒さ対策 :冬本番になっています。くれぐれも寒くない服装でご参加ください。

新企画  : 目標天体を望遠鏡や双眼鏡で手動で導入方法を毎回舟越さんが講習します。

 今月は本企画は講師の舟越さんが欠席なので、先月のおさらいをします。

望遠鏡をお持ちの方は、どうぞご持参して一緒に導入方法を勉強しましょう。望遠鏡や双眼鏡などの機材をお持ちでない方は、同好会員のもので実際に動かしてみましょう。


1月観望会の報告

120日(土)に実施しました定例観望会の実施結果をご報告致します。

場所はいつものさくら宇宙公園です。私は午後3時ごろ現地に着き機材のセッティングしているとすぐに山形さんが到着されました。

参加頂いたのは山形さん、巻さん、梶山さん、高野さん川口さん、萩谷さん、舟越さん、上妻さん、岡部さん、ひかりちゃん、はるかちゃん、森泉君、その他巻さんが所属しているラジコン飛行機クラブの方々やそのご家族など多数の方に参加頂き盛況な観望会となりました。

ラジコンクラブの方が持参された望遠鏡ビクセン114mmニュートン反射を見せて頂きましたが、大変良い見え方で感心しました。

また梶山さんが持参された高橋イプシロン130mmとCCDによるタイムラプス画像は大変興味深いものでした。高野さんが使用している屈折とデジカメや巻さんが使用しているシュミカセとデジカメの撮影スタイルと違う特徴があると思います。

観望したのは月、M42M41NGC2362h3945M46, M47M93M50その他でシーイングも良くひさしぶりに観望三昧を楽しめました。特に南のアルビレオと言われているh3945は美しい二重星で一見の価値があるものでした。

ひとしきり観望したのち舟越さんに作成して頂いた天体手動導入ガイドに基づき天体導入講座をして頂きまし。

星図に基づいた導入のコツと目盛環を利用した導入について良く分かりました。私も天体観測を始めたころを思い出し楽しめました。

岡部さんにホットコーヒーの差し入れを頂きました。ありがとうございました。

2018年の第1回目として幸先の良い定例観望会となりました。

                    仲田



1月31日に皆既月食

1月31日に皆既月食ありました。テレビや新聞などでも報道されたので、ご覧になった方も多いかと思います。
会員が撮影した写真をいくつか紹介します。


森泉玲君が望遠鏡を使いスマートフォンで撮影したものです。ターコイズ現象とみられる青い色が左下に見られます。



那須塩原市の井上浩さんの写真です。美しいですね。



管理人の写真です。満月なのに周辺に恒星が見られるのが感動的でした。



仲田義章さんが日立星の会の月食観測会に参加した様子です・










小惑星「Nagakubo」命名記念式典が開催されました。


10月9日(月)、高萩文化会館において小惑星「Nagakubo」命名記念式典・記念講演会が開催されました。

記念式典・記念講演会は200人ほどの市民の皆さんにおいでいただいて、盛大に行われました。
 小惑星「Nagakubo」の発見者である札幌在住の渡辺和郎さんから、高萩市教育長の小沼弘道氏へ命名額が贈呈されました。
 続いて行われた講演会では、渡辺和郎さんが「小惑星Nagakuboについて」、国立天文台副台長の渡部潤一先生が「宇宙の中の地球」と題して講演をされました。少々難しい話題にも会場は笑いに包まれる場面も多く、とても楽しい雰囲気でした。
 最後の質問コーナーは、小学生も含め多数の皆さんから活発に質問が投げかけられ、その都渡部潤一先生、度渡辺和郎さん、富岡啓行さんが丁寧に答え、時折会場の皆さんが爆笑するなど予想外に活発でした。


          

        



写真左は命名額の贈呈式の様子。
写真右は渡辺和郎さんの講演風景
写真下は渡辺潤一先生の講演様子です。






小惑星「Nagakubo」誕生!!


生誕300年を迎えた長久保赤水の名が小惑星につきました!

長久保赤水(1717〜1801)は、江戸時代の地理学者です。現在の茨城県高萩市赤浜に農民の子として生まれました。幼少時から学問をたしなみ、優れた儒学者として、後に水戸藩主徳川治保公の侍講とまでなりました。
 赤水の業績として特筆すべきは、1779年に刊行した『改正日本輿地路程全図』です。本人が実際に測量して作成したものではないが、それまでの行程図を中心とした「行基図」のような前近代的な日本地図から脱却した、日本で最初の近代的な日本全図(北海道を除く)作成しました。本図は、明治の初めまで日本地図のスタンダードとして普及しており、吉田松陰や高山彦九郎らに多大な影響を与え、日本近代の黎明にも大きな役割を果たしました。

 赤水には天文関係の著作も数点あり、中でも天文学入門書ともいうべき『天象管き鈔』は、今日の星座早見盤ともいえる回転式の星座早見表が付されています。
 詳細は当ホームページの長久保赤水関係をご覧ください。


発見時の画像





小惑星「Nagakubo」の軌道イメージ


 


写真は発見者の渡辺和郎さんご提供のものです。



「第9回星空案内人の集い」が開催されました
       「渡辺潤一奨励賞」新設

7月8日〜9日にかけて、「第9回星空案内人の集い」が栃木県の那須高原ビジターセンターにおいて開催されました。
今年から、渡部潤一奨励賞が新たに設けられ、投票により受賞者が決められ記念品が贈られました。

詳報は追って掲載いたします。