Subaru Astronomers Circle


すばる天文同好会







 毎月のすばる天文同好会の定例観望会情報や、ほかの天文関連イベントにつきましては、このトップページに掲載します。

 すばる天文同好会の観望会には、どなたでもお気軽にご参加ください。




リンク

長久保赤水顕彰会
高萩が生んだ江戸時代の地理学者、天文学者である長久保赤水の公式ホームページ


マナスル山荘新館
天文台を備えた星空に近い山荘



舟越和己さんのHP
すばる天文同好会の会員です
かなり密度の濃いHPで、「星見雑記帳」なども面白いです


M's Color
染め物アーティスト美和さんのHP
すばる天文同好会の会員です


井上浩さんのブログ
今年10月に入会された井上さんのブログです


日立星の会のブログ
日立星の会の八重座さんが管理するブログです。










すばる天文同好会のマスコット

ねこうさぎ

更新の内容



2010年10月5日
ホームページを一新しました。

2015年1月18日
長久保赤水著『天象管き鈔』を掲載

2016年9月11日
立原翠軒『古今沿華地図』を掲載

2018年4月21日
守屋成義『衆星測度星象指南』を掲載

2018年4月22日
『天象管き鈔』写真映像(PDF)を追加しました

2018年5月6日
『長久保赤水の天文学』に渾天儀の画像を追補

2018年6月25日
速報 第10回星空案内人の集いが開催されました

2018年7月5日
「星旅祭」の案内を掲載

2018年7月14日
十文字星見台が近くオープン
2018年10月10日
10月定例観望会のお知らせ





2018年10月定例観望会のお知らせ

         

年間予定では、10月の定例観望会はありませんでしたが、開催することになりました。

日時 : 10月27日(土) 
場所 : 高萩市さくら宇宙公園
     高萩市大字石滝608番地の1

観望会  : 19:00〜21:00
月齢    : 18.3
観望対象 : 火星 と秋の星雲星団
        火星の表面を覆う砂嵐もおさまり、模様や極冠も観察できるようになりました。最接近時       よりはやや小ぶりになってはいますが、まだまだ見頃です。この時期は、まだ夏の星座も見ら       れますし、秋の星座も楽しめます。アンドロメダ銀河や二重星団などが見られます。
        秋の星団・星雲の手動導入の講習もします。

夜になるとかなり冷え込みます。防寒対策を十分してお出かけください。。


大好評企画  : 目標天体を望遠鏡や双眼鏡で手動で導入方法を毎回舟越さんが講習します。

望遠鏡をお持ちの方は、どうぞご持参して一緒に導入方法を勉強しましょう。望遠鏡や双眼鏡などの機材をお持ちでない方は、同好会員のもので実際に動かしてみましょう。



9月定例観望会の報告


 922日(土)に実施しました定例観望会の実施結果をご報告致します。


参加頂いたのは巻さん、川口さん、梶山さん、舟越さん、吉田さん(舟越さんのご友人)、巻さんのラジコンクラブの会員さんとに来て頂きました。

15時30分ごろ現場に到着すると晴れていて今夜は天体観望に期待できるとわくわくしていました。しかし雨雲のような黒い雲がじわじわと空を覆ってきましたので、折角設置した望遠鏡を一旦撤収しました。

雲が空全体にありましたが、月、火星、アルビレオ、M57等を観望することができました。また吉田さんに持参頂いた10cm屈折で観望させて頂きました。

火星は極冠がおぼろげながら確認できましたがやはり砂嵐が発生しているようであいかわらず詳細な地形は確認することができませんでした。

22時ごろ撤収しました。


                   仲田

  昼間はこんなに良い天気でした。

  雲が切れるのをひたすら待ち続ける。

  埼玉県から駆けつけてくださった吉田さん。



いよいよ「星旅祭」 開催!!



今年も「旅ゆけ 星空と音楽と出会う場所 星旅祭」が開催されます。今回のメインテーマは”冒険”です。開催要領は下記のとおりです。

     2018年
10月13日(土) 12:00〜20:30
     栃木県大田原市 ふれあいの丘
      前売りチケット  大人   2,000円
                学生   1,500円
                小中学生 500円


祭終了と同時に天体観測会が始まります。ぜひお出かけください。


詳細は 「星旅祭」☆inおおたわらのホームページをご覧ください。



十文字星見台」 近日Open予定のお知らせ


福島県南会津郡下郷町大字音金字十文字3292-2

google mapにはまだ掲載されえていませんが、韓国料理のお店「平野屋」さんのすぐ北に位置しています。「平野屋」さんまで行けばもう見えますが、そこで聞いてもらってもすぐに教えていただけます。

・ 安心/安全星見スポット
・ 野外ライブステージ
・ カフェ
三つの機能を備えた「十文字星見台」がいよいよ8月にオープン予定です。オープンに先立って、施設の様子を拝見してきました。
周囲は山に囲まれて、とても閑静な場所です。当日は残念ながら蛍は見られませんでしたが、少し歩いたところでは蛍の群舞(まではいかないかな?)が見られるそうです。
路地の入口には本格的な観光料理が楽しめる「平野屋」さんがあります。帰りに本格キムチを買ってきました。(メチャ美味しかった (^o^))


オープンが決定しましたら、詳しい連絡先等を改めて掲載します。
天文同好会の合宿などに活用してください。

   
左:ドローンにより上空から見た施設全景と周囲の山並み。(巻さん撮影)
右:店内の風景。



ドームに格納されている望遠鏡。10cmのフローライトがサブスコープという贅沢さ。

野外ステージでは本格的なフラメンコやフラダンスなどの外音楽を楽しむ企画などが予定されています。





「第10回星空案内人の集い」が開催されました

第2回「渡辺潤一奨励賞」


「星空案内人の集い」は6月23日、24日に福島県田村郡三春町の”さくら湖自然観察ステーション”において開催されました。
昨年新設された「
渡部潤一奨励賞」と今回特別加わった「縣秀彦奨励賞」が、参加者の投票により優れた天文普及活動やアマチュア天文研究に対して贈られます。
また、「集い」が10回を迎えたことを記念して、スペシャル対談『天文10年今昔物語』が企画され、パネラーには次の方々が基調報告をし、その後会場からの質問に応答しました。
  縣 秀彦氏(国立天文台)
  神山 治貴氏(アストロアーツ)
  田中 千秋氏(日本天文愛好者連絡会)
 司会は茶木恵子氏(日本天文愛好者連絡会)


会の様子など詳細は追ってページを作って紹介いたします。





写真は各奨励賞の受賞者の皆さん。