映画、アンソロジー、シナリオ、ETC


THE ART OF TRON
メビウスが映画のコンセプトアートに協力したものは数多くありますが、特にTORONに関してはビジュアルデザインの中心的役割を果たして注目されました。この本にはメビウスのコンセプトアートも多く掲載されています。

ビジュアルガイドブック トロン
日本版のトロン ガイドブックですが、こちらは映画の場面が主体でメビウスのイラストはほとんど掲載されていません。


LES MAITRES DU TEMPS
ルネ ラルー監督 メビウスデザインで映画化された長編アニメ映画のビジュアルブック。
映画の場面に台詞をいれたコミック。

時の支配者 
LES MAITRES DU TEMPSの日本語版ですが、こちらはメビウスの設定画やイラストが前半に収録されており、後半がフランス版と同じように映画の場面に台詞をいれたコミックになっています。
フランス版は設定画集とは別の本として出版されたようですが、日本版は2冊を1冊にまとめた”お徳用”のようです。


9eART (No5)
フランスのコミック情報誌 表紙はメビウスですが、内容は色々なアーティストについてのテキストとカットが主体です。(白黒)

SILENCE ON REVE
メビウス他多くのコミックアーティストの作品を集めたアンソロジー的な1冊。(DARROWも参加しています。)カラー+白黒

LA NUIT DE L’ETOILE
メビウスがシナリオを担当した作品。BATIが描いた作品ですが、メビウスに似たタッチで描かれています。
THE MAGIC CRYSTAL
これもメビウスがシナリオを担当してBATIが描いた作品。全3巻の内の第1巻です。

LITTLE BOY (季刊コミック誌) 1988年4月号 ふゅーじょんぷろだくと(株) 刊  (絶版)
最近のようにインターネットが一般的になる以前はメビウスについての情報は雑誌に頼る意外になかったのですが、日本で唯一メビウスの情報が掲載されていた”スターログ日本版”が廃刊となってしまい、何かないか?と思っていた頃に見つけたのがこの雑誌です。このメビウス特集で”CITY OF FIRE”の存在を知って以来、ずっと探し続けていましたがようやく最近になって入手することができました。

デザインの現場 1992年12月号 (美術出版社 刊)  (絶版)
メビウスの鋭い目が表紙を飾り”コミックスの芸術家たち”という特集でBDについての情報が満載の1冊。かつてBDに関してこれほどまとまった情報を提供してくれた雑誌はありませんでした。メビウス、ビラル、ルスタル、ギベール、ボードワンといったアーティストのインタビューがカラーページで本人の写真、作品を紹介しながら40ページ以上に渡って掲載されました。


(どちらも絶版のため、出版社に対する問い合わせはご遠慮願います。)


ARZACH スタチュー ナンバー入り 2000個限定
(スタチューとは彫像のこと。 塗装済み完成品として販売されるガレージキットを称することもあります。)

アルザックを立体化した物は数少ないのですが、ランディーボウエンが制作したスタチューはなかなか良いデキです。
コミックよりも二枚目のような気もしますが・・・





HOME

BACK