1.スタディグループの目標

CMS(Craniomandibular System)の概念」を軸に診査・診断することを基本とし、顎機能に調和した快適な咬み合わせを構築することに主眼を置いた治療を進める。また、多方面にわたる歯科治療の概念と実際の手技を広く習得し、より高いレベルの歯科診療を目指すことを目標とする。

2.沿革

もともと東京歯科大学水道橋病院総合歯科に勤務していた時の院内勉強会がその源流である。大学を離れて町の臨床医(General Practitioner: GP)としての活動を始めるときに、同じ釜の飯を食った兄弟がともに切磋琢磨していこうということでグループ名をGeepee Brothersとした。

 

3.活動

              @勉強会 毎月第一木曜日

              A年間コースの開催 年間6回(全12日間)

           2015  418,19日・620,21日・829,30日・1024,25日・125,6

                       2016  220,21

              B学会等への参加、発表

a.    VieSID Summer School

b.    日本顎咬合学会

              C学会運営など

a.     国際先進学際歯科学会アジア部会(iaaid-Asia)

b.     CFnetwork http://www.ne.jp/asahi/tdcsh/gp/CFnet_TOP

               

4.広報活動

              @ホームページ http://www.ne.jp/asahi/tdcsh/gp/index.html

              Aブログ http://blog.livedoor.jp/poko_poko_21/

              B出版 ツーランク上の美しさと健康が手にはいる歯の「かみ合わせ」の教え48
     (青木・多胡共著)

5.研修室

              東京都新宿区西新宿4-41-7 クレベール西新宿101

Copyright (C) 2005-2015 Geepee Brothers All Rights Reserved.
Geepee Brothers Homepage
Last update 10 April 2015
Home  about GPs  Blog  Seminar  CFnetwork  Team  Link  iaaid-Asia  iAAID  Contact
Geepee Brothersとは

 Geepee Brothersは顎頭蓋機能(Craniomandibular Function)・咀嚼器官(Masticatory Organ)を真面目に考える歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士が参加しているスタディーグループです。