曲泉(きょくせん)
膝の内側で膝を曲げて出来るしわの先端の所

陰包(いんぽう)
ふとももの内側で膝頭の内側から上方に4寸

陰谷(いんこく)
膝を半分ほど屈してできる内側の横紋中で腱の間の所

三陰交(さんいんこう)
内くるぶしの上3寸、脛骨内側縁の骨際の所

地機(ちき)
内くるぶしの上8寸、脛骨内側縁の骨際の所

太谿(たいけい)
内くるぶしの最も尖った所の高さで、内くるぶしとアキレス腱との間

大鐘(だいしょう)
太谿穴の下5分で、踵骨上際、アキレス腱の前陥凹部

照海(しょうかい)
内くるぶしの下1寸

復溜(ふくりゅう)
太谿穴の上2寸

水泉(すいせん)
太谿穴の下1寸

然谷(ねんこく)
内くるぶしの前下方、少し高く出ている骨の下縁で陥凹部

商丘(しょうきゅう)
足関節で内くるぶしの前下方の陥凹部

中封(ちゅうほう)
うちくるぶしの前方5分の陥凹部で、足関節を屈してでる一番太い腱の内側

中都(ちゅうと)
内くるぶしの上7寸、脛骨内側面上の陥凹部

蠡溝(れいこう)
内くるぶしの上5寸、脛骨内側面上の陥凹部