油菓子かりんとう
「かりんとう」は小麦粉、砂糖、植物油が原料です。かりんとうは昔からの健康菓子となっています。
江戸時代、白砂糖は禁制品とされているところパワーのある庶民は黒砂糖で甘いものを作り、唐から渡ってきていた油で揚げた生地に黒砂糖の蜜をかけたのが「かりんとう」の始まりです。
生地を手切りしていたものを切断機による機械化でたくさんの「かりんとう」ができるようになりました。この間、白砂糖の蜜がけ(べっ甲造り)の製法特許をもつ「光かりんとう」が出来上がり、「かりんとう」も駄菓子から高級菓子のイメージアップとなりました。
現在、べっ甲造り「光かりんとう」も個包装となり扱いやすくなりました。添加物は一切使わず、原料のもつ保存性、持ち味だけを大切にしております。
ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。
本文へジャンプ
11月10日は、【かりんとうの日】  かりんとうの『棒状の形』を11で表すことと、『砂糖』の10から【かりんとうの日】となりました

大花堂製菓


かりんとう





贈答用注文用紙(PDF)


ご家庭用注文用紙(PDF)
イメージ
イメージ
大花堂製菓株式会社
〒270−0222
千葉県野田市木間ケ瀬3535
TEL 04−7198−1188
FAX 04−7198−1180
たいかどうせいか

六菓撰12個入

げんしとう黒かりんとう


 







かりんとう  TAIKADO  大花堂製菓株式会社