ズブさんの
アイデア天体
写真館

もくじ

漢字変換

以前テレビのCMで、「入れ立てのお茶」と入力したいのに、「入れた手のお茶」と変換されてしまうという、他社の日本語変換ソフトを批判(?)したものがあった。これは確か、ATOKならちゃんと変換されるが、MSIMEではおかしな変換になってしまう、というものだったと思う。もっとも、CMの中ではあからさまに「MSIME」とは名指ししてなかったと思うが。

さて、最近職場で発見(?)された漢字変換の話である。以下のように変換されてしまうのである。
  「社会法人」→「釈迦異邦人」
  「共済会館」→「恐妻家移管」
「確かにお釈迦様は異邦人だけど・・・」なんて話も出たが、今どきこんな変換がされるなんて意外である。どちらもATOKでの結果であり、MSIMEではちゃんと変換された。もちろん、ATOKでも一度変換してしまえば学習機能で次回からはちゃんと変換される。また、「共済会館へ行く」などのように文脈があれば、ちゃんと変換されるのかもしれない。

そう言えば、昔使っていたワープロ専用機では、次のように変換されたこともあった。
  「新宿西口」→「真珠苦にし愚痴」
自分が予想もしてない変換をされると思わず笑ってしまう。

2001.8.20