ズブさんの
アイデア天体
写真館

もくじ

言葉をはしょりすぎ!

話が飛んでしまう人、言葉をはしょってしまう人というのは結構いるものである。自分だって完璧な日本語をしゃべっている訳ではないし、あまり人のことは言えないが、職場で隣に座っているI主任はなかなかのものである。

先日も話の中で、 「私が入院していた時のお母さんがね・・・」
と言い出した。私はつい、意地悪にも
  「じゃあ入院する前は別のお母さんがいたんですか?」
と聞いてしまった。すると、
  「違うの、私が入院していた時に、いっしょに入院してた子供がいて、その子のお母さん!」
と答えた。なるほど、それなら意味が分かる。

しかし、もっと“はしょりすぎ”だったことがある。ある時、隣の課に品物の納品があった。ちょうど隣の課の人が誰もいなかったので、代わりにI主任が受け取った。それを机の上に置いた時、パソコンのマウスに触ってしまい、画面に何かが開いてしまったのである。私はその様子を見ていて知っていたのだが、隣の課の人が戻ってきた時、I主任はこう言ったのである。
  「それね、箱を受け取って、置いたら何か出ちゃった。」
私は、「それじゃ、誰が聞いても箱の中身が出ちゃったと思うだろ!」と思った。

人のことを色々と非難したくはないが、もうちょっと分かるように言ってくれないとねぇ・・・。

2001.9.6