ズブさんの
アイデア天体
写真館

もくじ

グライダーの片付け方

カスリーン公園という公園がある。川の土手の上にある公園だ。観望会などで時々使う場所である。空は全然暗くないが、月や惑星に関する現象の場合、それほど暗い空は必要ない。車で行ける比較的近い場所で、安心して望遠鏡を出せる場所ということで使い勝手がよいのだ。(ただし、現在は工事中でトイレがなくなっていた。)

しばらく前、昼間のカスリーン公園に行ったところ、公園から見下ろしたところの川原を使ってグライダーの飛行が行われていた。グライダーの離着陸や飛行を見ているのも面白いが、夕方まで見ていたらグライダーの片付けの様子が見られた。普通の飛行機ならば自力で飛行して目的地までいくのだろうが、グライダーは自力での飛行はできない。そのため、このグライダーはどうやって持ってくるのだろう?、とちょっと疑問に思っていた。だから、片付けの様子が見られたのは非常に面白かった。

最初の写真は、グライダーの水平尾翼がはずされ、運ばれているところである。こうやって部分ごとにはずせるようになっているようだ。

次の写真は、片方の主翼がはずされて運ばれているところである。バラバラにはずして運べるのかな、とちょっと思っていたのだが、本当にはずされているのを見ると面白い。もっとも、はずすのにだいぶ時間がかかっていたようだから、相当しっかり取り付けられているのだろう。飛行中にはずれたらシャレにならない。

最後はグライダー本体がしまわれていくところ。こうして、コンテナのような大型トレーラーに全部しまわれた。この後、このトレーラーは牽引されて川原から出て行った。

2006.6.25