ズブさんの
アイデア天体
写真館

もくじ

楽譜の値段

私には天文以外にギターを弾くという趣味もある。と言っても、クラブ活動でやっていたとか、誰かに習ったとかいうことはなく、全く自己流である。もちろん、人前で聞かせるような腕前はない。(友人の結婚式で一度弾いたことがあるが、もう一人別の人も弾いてくれた上、間違えまくった。)

曲を弾くには楽譜があった方が良い。しかし、「この曲を弾きたい」と思っても、その曲1曲だけの楽譜というのはあまりない。『バンドスコア』だと1曲ごとに売っているが、バンドをやるわけじゃないので、ベースだとかドラムだとかはいらない。それに下手なので、弾きやすいよう簡単にアレンジしてある楽譜の方が良い。そうなると、1冊の本になった楽譜集が手ごろである。

まだほとんど楽譜を持っていなかった最初のころは良かった。楽器屋などに並んでいる楽譜集を「あの曲を弾いてみたい」と思いながら適当に見て、目当ての曲が載っていればよい。その他に載っている曲もついでである。「他にもいい曲が載っているなあ」という感じで楽譜集を買えた。ところが、手元に何冊かあるようになると、少し違ってくる。「あの曲が載っている楽譜はないかな」と思って楽譜を探しに行っても、他の曲も載っている。『なつかしのあの曲から最新ヒット曲まで!』などと書かれている楽譜集がよくあるが、“なつかしの曲”は、だいたい“定番”の曲が載っている。定番なので他の楽譜集にも載っているから、既に持っていることが多い。したがって、欲しいと思っている数曲分の楽譜を買うついでに、既に持っている曲の楽譜も買っていることになる。それに、まだ持っていない曲だって、弾きたいものとは限らない。難しくて弾けない場合も多い。そうすると、本当に1、2曲のために楽譜を買うようなものである。楽譜集は、ものにもよるが、1冊2000円くらいする。ちょっと割高な気がする。

簡単な曲の場合、耳で聞いて、コードをなんとなく探せることもある。そういう場合は楽譜を買わずに済ませることもできる。新しいところでは、「愛のうた」(ピクミンCMソング)は楽譜が無いまま、歌を聴いてだいたいコードを把握できた。でも、そういう曲ばかりではない。インターネットで『この曲!』というように楽譜が入手できるとありがたいのに、と思う。

・・・と思って調べてみたら、そういうサービスがあった。1曲100円〜300円くらいのようである。でも曲数はまだ少ないようである上、やっぱり定番曲が多い。「愛のうた」はあったけど、もう楽譜はいらないなぁ。

2002.3.2


(注)ギターは「コード」と呼ばれる和音で弾くことが多い。コードはある決められた和音なので、耳で聞いて「なんとなくこのコードでいいんじゃないかな〜」という感じでコードを“探せる”場合も多い。そのため、簡単な曲なら、私くらいのレベルでも、楽譜がなくてもなんとかなる場合もある。もっとも、きちんとした音楽の腕前のある人なら全て「耳コピ」できるのだろうが・・・。