ズブさんの
アイデア天体
写真館

もくじ

「コーヒー牛乳」と書いてはいけない

2、3か月ほど前に立て続けに“いろいろな話”を書いたが、その後ずっと書いていなかった。まあ、書きたいように書くコーナーなのでいいかな、とも思うが・・・。

最近聞いた話である。いわゆるコーヒー牛乳のパッケージなどに「コーヒー牛乳」と表示してはいけなくなったらしい。というか、『牛乳』という表示をしてはいけないそうだ。なんでも、公正取引委員会の「飲用乳の表示に関する公正競争規約」とかいうものが変更されたとのこと。それによって、「牛乳」という文言を表示していいのは“本当の牛乳”だけとなったらしい。これは、「低脂肪乳」とか「加工乳」に対して、牛乳という表示をさせないためいらしい。変更後の猶予期間が今年の7月で終わるので、多くの商品において、すでに表示が変更されているようだ。

なお、変更前は、乳脂肪分が何%以上とかそういう規則をクリアすれば使って良かったそうだ。今回、そういう特例条件がなくなって、“本当の牛乳以外はだめ”となったらしい。

ちなみに「ミルク」という文言は使ってもいいらしい。だから「コーヒーミルク」という商品名に変更されたものもあるようだ。「ミルク」という文言も、何にでも使って良いわけではないとのこと。乳脂肪分が何%以上とか、これまた規則があるようだ。

でも、コーヒー牛乳はコーヒー牛乳じゃん、とちょっと思う。

2003.3.2