ズブさんの
アイデア天体
写真館

もくじ

皆既日食、ギリギリセーフ!−日食編−(まがたま73号より)

この文章は、「まがたま73号」(2008年9月発行)に書いた記事を一部なおしたものです。「またがま」とは、私が所属する天文同好会、さいたま☆天文同好会(旧SPGAS)の会報です。なお、さいたま☆天文同好会のサイト内にある「webまがたま」では、まがたま49号(2000年12月発行)以後の記事の一部が紹介されています。

2008年8月1日に皆既日食がありました。この皆既日食は、ロシア、中国、モンゴルなどの国で見ることができました。私は、この皆既日食を見に中国へ行き、そして念願のコロナを見ることができました。これは、準備段階を含むその報告です。大変長くなってしまったので、全部で5編に分けてあります。

  1. 準備編
  2. 旅行記前編
  3. 日食編
  4. 旅行記後編
  5. 反省&おまけ編

第4日目−8月1日(金)−

皆既日食当日

いよいよ皆既日食の当日です。朝から気持ちのいい晴れになりました。むしろ暑くて大変ですが、ここはとにかく晴れてほしいという気持ちです。朝のうちに観測場所に行き、三脚などを各自で必要に応じてセッティングしてくることになりました。テント設営地から観測場所までは、歩いても行けなくない距離ですが、機材を持っていくとなると話は別。バスに機材を積んで観測場所まで移動しました。

機材のセッティング

機材をセッティングするために、スーツケースを開けて荷物を出します。三脚を出し、赤道儀を出し、雲台を出し、と順次組み立てていきます。赤道儀の向きは方位磁針で北を確認して合わせました。

アダプター 縁が曲がったアダプター なんとか鏡筒にはまるまで直した後の写真です。
もっていったペンチ 折りたたみ式のペンチ。ヤスリもついている。

ところが、拡大撮影用アダプターを出して望遠鏡につけようとしたところ、なんと縁が曲がっていることに気が付いたのです。運搬の途中、どこかでぶつかったのでしょう。旅行の途中で時々スーツケースを開けてはいたものの、個々の機材まで確認はしていません。家で荷物をつめてからここまで、途中のどこでこうなったのかは分かりません。

「あー、こっちの鏡筒は使えないか。どうしよう。」と軽く諦め気分にもなりました。しかし曲がってしまったのは、ねじ込んではめるところではなく、単に筒の中に差し込む部分でした。この部分の外径が、望遠鏡の接眼側の筒の内径より小さければ大丈夫なはずです。現地でのトラブルに対応できるようにと、いろいろな小道具を持っていったのですが、その中に折りたたみのペンチがありました。このペンチで曲がってしまった縁をなんとか曲げ、それでも望遠鏡の内径にぶつかってしまうところは、このペンチに付いているやすりで削りました。数分程度の作業でなんとか望遠鏡にはまるようになりました。 軽い「ギリギリセーフ」なできごとでした。

待ち時間

機材のセッティングから戻ると朝食の時間です。そしてこの後は日食まで待ち時間となります。テントのある林の木陰でとくに何もせず休憩。動くと暑くて体力を消耗するので、横になっているだけ。お昼ごはんも同じように食べて、また休憩。水もあるのですが、冷えた水はなく、このような状況になると意外と単なる水は喉を通らないものでした。さらに、この頃からお腹の調子が悪くなってきました。日食を直前にしてこれ以上の体調の悪化は避けなくてはなりません。時間はあるのですが、よけいに何もせずただ待っているだけ。こうしている間も添乗員等のスタッフの方は交替で荷物の見張り番です。いくら仕事とはいえ、大変な役割をこなしていただき、本当に感謝です。

待っているだけですが、その間にも気になるのは空の様子。時間が経つにつれてだんだんと雲が出てきました。ポコッポコッという感じの雲が、初めは南側の山のほうに少しだけあったのですが、だんだんと空の広い範囲にまで広がってきました。朝からの安心感の中にちょっと不安が生まれはじめました。

日食直前

日食の時間が近づき、ようやく行動開始。バスに乗ってテント設営地から観測場所まで改めて移動です。朝のうちにセッティングした機材は、無事そこに立っていました。準備の続きをします。ソーラーフィルターをつけたり、カメラにフィルムを入れたりしました。機材をあまり長い間直射日光に当てないようにと、傘を(雨傘ですが)スーツケースの上に立てたのですが、風が強くて傘がとばされそうになりました。またとても暑く、準備をしながらも水の補給は欠かせません。こうして準備をしている間にも雲が増えてきてしまい、不安はすこしずつ大きくなります。

日食観測の準備風景 日食観測の準備をしている様子 方向にもよるのですが、雲がかなりあって不安です。

皆既が始まるまでの時間はまだありましたが、私は部分食の初めから終わりまでの写真も撮りたいと思っていましたので、固定撮影用の三脚とデジカメを早めに用意しました。一方、赤道儀に載せるカメラや望遠鏡は、皆既までに間に合えばOK。でもやはり緊張するもので、早く準備をして安心したいと思いました。直射日光の下、風もあり気温も高い中での組立は、家での練習とは勝手が違うと思いました。しかしそこは何度も練習していた成果です。あまり慌てることもなく一応の準備ができました。

部分食スタート

固定撮影用のデジカメは、インターバルタイマーで撮影するので、うまく撮影動作が始まればあとはお任せです。第1接食の少し前、予定していた時刻からインターバルで撮影を開始しました。そして第1接触の時間を向かえ、部分食がスタートしました。 太陽からある程度離れているものの、空にはかなりの雲があります。「きっと大丈夫だろう」という期待と、「やっぱり今回もダメかも・・・」という不安とが入り混じった気持ちで部分食の進行を見ていました。それでも、太陽が雲に隠れることはほとんどなく部分食が進んでいきました。部分食の間は、ときどき双眼鏡で欠けていく様子を見たり、ピント合わせなどの残っている準備作業をしたりしていました。

太陽が雲に隠れる!

だいぶ食も進み、太陽が三日月形になってきたころ、悲劇的な状況になりました。なんとここに来て、太陽が雲に隠れてしまったのです! 雲の大きさと太陽の位置を正確に把握できませんが、「これじゃ皆既までに雲から出てこないんじゃないか!?」と思うような隠れ方でした。第2接触の時刻が迫り、走ってでも日が差している場所を目指そうかと考えました。まわりは何もない荒地のような場所が広がっているので、日が差している場所が分かります。既に走り出した人もいました。「自分も双眼鏡だけでも持って走るべきか? いや、カメラと三脚なら持って走れるはず! いやいや、カメラを赤道儀から外している時間は無い。」などといったことを一瞬で考えていると、「出てくるぞ、大丈夫だ!」といったような声が聞こえてきました。

ギリギリセーフ!

そして第2接触の直前、雲ごしに細い太陽が見えました。太陽は雲の縁のところにいました。「やった、これなら雲から出そうだ!」そう思ってすぐに雲は太陽から離れました。太陽が再び姿を現したのです。「走り出さなくて良かった」などと思っている暇もなく第2接触となりました。

まさに「ギリギリセーフ!」です。ギリギリで雲から出てきたこともあって、慌ててしまいましたが、そこは何度も練習をした成果を出すところ。デジタル一眼は、リモコンのボタンを押して連写です。一方、フィルムカメラは連写できません。それでも、第2接触に合わせて何枚もシャッターを切りました。

初のコロナ

皆既に入りコロナが姿を現します。私にとっては、初めて見るコロナです。前半は写真撮影に当てました。フィルムカメラは、フィルムを巻く、露出時間変える、セルフタイマーのレバーをまわす、レリーズを押す、という4つの作業が必要です。一方、デジタル一眼は、シャッタースピードを変える、カメラの揺れが収まるのをまってリモコンを押す、という作業を何度か繰り返しました。ほぼ同時進行で行うこの作業をなんとかこなせたのは、やはり練習の成果でしょう。

そして腕時計のタイマーが鳴りました。これは残り1分を知らせるものです。考えていたより少ない枚数しかシャッターを切れていませんでした。「もう1分?」とあせる気持ちを抑えつつ「眼視でも見なくては」と双眼鏡をのぞきます。確かにそこには黒い太陽と広がったコロナが見えました。きれいではありますが、これは正直言って、期待したほどには感じませんでした。余裕がなくて落ち着いて見ることができなかったせいか、あるいは写真で見るよりずっときれいだという前評判を聞きすぎて、過剰な期待を持っていたせいか、あるいはそもそも今回の日食の見え方自体がベストではなかったのか分かりません。ただ、「プロミネンスは赤というよりさくら色に近い気がする」と感じることができたのは眼視で見たからこそだと思います。

双眼鏡をはずして肉眼で見ると、太陽の近くに、明るく光る金星が見えました。水星を探している余裕まではありませんでしたが、印象に残ったのは肉眼で見たこの景色。きれいというよりは不思議だと感じました。空に見慣れない不思議なものがある、と感じたのです。周囲の景色ともあいまって、まるでスターウォーズにでも出てきそうな景色でした。

短い皆既

皆既の時間は約1分58秒。あっというまに第3接触です。一瞬、「あれ? 今度は何が起きたの?」と思ってしまうほど短い時間でした。外部コロナに合わせて長いシャッタースピードになっているので、急いでダイヤルを回します。この作業も練習済みでしたのでなんとか撮影できました、かなり慌てました。フィルムカメラまで操作する余裕はありませんでしたが、デジタル一眼では、一応、第3接触直後の写真も何枚か撮れました。

みんな大喜び

こうして皆既の時間は終わりました。とにかく雲がギリギリで太陽から外れ皆既日食が見られたので、まわりじゅう大喜びです。私はまだ固定撮影が残っていましたが、これもフィルターをつければあとはお任せです。デジタル一眼のほうは、すぐに再生して画像を確認しました。太陽が中心からは外れてしまったものの、コロナはちゃんと写っていたのでひと安心です。 添乗員の方もみんなのところを回って、お互いに喜びあっていました。中には「私は初めて皆既日食を見ました!」と興奮気味に話す方もいました。私も「見に来たのは2回目ですが、見たのは私も初めてです!」と答えました。

すこし落ち着いてきて空を見ると、太陽は雲の中にいました。皆既が終わった後、再び雲に隠れてしまったのです。けれども皆既が終わった後は、ほとんどの人がそんなことを気にはしていません。

私も、太陽が雲の中では部分食を撮っても写らないし、構図的にももう写野からはずれてしまっていると判断してインターバル撮影は途中でやめてしまいました。

片付けと記念写真

天山山脈 日食後に見た天山山脈

こうしている間も、あちこちで記念写真の撮影が続いています。しかし、いつまでも興奮しているわけにもいきません。片付けを始めなくてはいけませんし、片付けでミスをすることだってあります。気持ちを落ち着けつつ片づけを始めましたが、なんとなくもったいない気がします。片付けながら、天山山脈の写真を何枚か撮りました。皆既日食が見られた後だけに、遠くの山もきれいな気がします。 そのうち、「第4接触が終わったら、全員で一度集まって記念写真を撮りましょう」との呼びかけがありました。そういわれて、「ああ、まだ部分食は終わっていなかったんだ。」と気づきました。

観測終了

全員での記念撮影のあと、片づけの続きをして、スーツケースに荷物をまとめました。バスまで歩き、テントへ戻りました。こうして"ギリギリセーフ"だった皆既日食の観測は終了しました。 第4接触の時刻は20時4分ころ。新疆時間で考えても18時ですから、すぐに日没です。あとは夕食を食べて寝るだけ。夜に星を見たいという気持ちもありましたが、お腹の調子がいまひとつだったこともあって、早く休むようにしました。

ところで、日食のときは興奮していましたし、とにかく見られた喜びでいっぱいでしたが、後から思えば、そして出来上がった写真を見れば、いろいろと反省点もあります。それについては、後ほど改めて書きます。

アップロード:2008.10.5

  1. 準備編
  2. 旅行記前編
  3. 日食編
  4. 旅行記後編
  5. 反省&おまけ編