ズブさんの
アイデア天体
写真館

もくじ

シリウスの明るさ(まがたま55号より)

この文章は、「まがたま55号」(2002年10月発行)に書いた記事を一部なおしたものです。「またがま」とは、私が所属する天文同好会、さいたま☆天文同好会(旧SPGAS)の会報です。なお、さいたま☆天文同好会のサイト内にある「webまがたま」では、まがたま49号(2000年12月発行)以後の記事の一部が紹介されています。

はじめに

いわゆる1等星(正確に言うと少数以下を四捨五入して1以下の等級になる恒星)は、全部で21個あります。その21個の1等星の中でひときわ明るいのが、言うまでもなくシリウスです。天文年鑑によるとシリウスの明るさは「-1.47等」。もちろん“マイナス”です。等級が1小さくなると明るさは約2.5倍明るくなりますから、本当の意味での1等星よりもおよそ100倍明るいことになります。今回は、そのシリウスの明るさを改めて感じた話を3つほど書きます。

明けのシリウス

学生の頃、よく富士山の須走口で写真を撮っていました。ある明け方、薄明もだいぶ進み東の空が完全にオレンジ色になった頃、その東の空に光っているものが見えました。初めは、早朝の飛行機かと思いました。しかし、その光は点滅しませんし、移動もしていないようです。友達と、

「あれ、何だろう? 金星かな。でも金星は今明け方じゃないよね。」

などと言っていました。そのうちに友達が

「分かった、シリウスだ! シリウスってあんなに明るいんだなぁ」

と言いました。なるほど確かにシリウスのある場所でした。かなり明るい薄明の中で見えるのは金星くらいという思い込みがあったせいでしょうが、シリウスの明るさを改めて感じました。

十字の光条

反射望遠鏡で天体写真を撮ると、斜鏡の支えによる光の回折が起き、特に明るい星から光条のゴーストが出ます。以前、まがたま49号にも書きましたが、屈折望遠鏡にわざと“木を井桁に組んだもの”を付けて、明るい星から光条を出させた写真を撮ったことがあります。そのとき、やはりシリウスは特に明るく、光条もひときわ長く出ていました。

にじみすぎ

にじみフィルター(ディフュージョンフィルター)を使って、明るい星をにじませた写真を時々撮っています。にじみフィルターを使う理由の一つは、明るい星がにじんで大きく写ることで星座の形などが分かりやすくなるからです。しかし、おおいぬ座を撮った写真では、シリウスがあまりにもでかすぎるくらい、大きくにじみました。シリウスが大きすぎて変な感じです。でも、シリウスがいかに明るいかを示す面白い写真だと思っています。

アップロード:2008.6.12