山田寿司店

 山田寿司が始まった頃は屋台の寿司屋も有りました。戦後 物のない時代 客が一合の米を持参すればそれに見合う握りずしを交換し寿司屋はネタ代と加工賃なにがしを貰う 委託加工性というシステムだったようです。一合の米で のり巻含めて10個と決められていたようです。それが一人前7カンのり巻3個の始まりみたいです。
 物のない時代の大変さを忘れず 温故知新 新鮮で美味しい魚を日本の食文化 江戸前寿司を皆さんに喜んで食べて頂けるように頑張りたいと思います。 皆様のご来店 出前お待ちしています。  店主

店の主 森俊樹

店主 森 俊樹

東京湾で釣り上げた
アイナメとマダイ
マダイ
大井三つ又通り 
電話03(3771)5872  FAX03(3776)3472
2階お座敷は御宴会、御商談、ご家庭内の
お祝い事・御法事にご利用下さい。(20名様まで)
地図
定休日 毎週木曜日
表紙へリンク