○イノモトソウの仲間
〔観察ポイント〕
 この仲間の共通点は、葉身は単羽状で、側羽片と同長の頂羽片があり、栄養葉と胞子葉とがやや異なる2形になることです。胞子葉は栄養葉より羽片幅が狭く、葉柄が長くなり、立ち上がります。
 観察時 @葉表の色と光沢 A羽片の形 B中軸の翼の有無 の3点が重要なポイントになりますので、フィールドでよく見ておきましょう。
 イノモトソウとセフリイノモトソウは人里近くから山地で、オオバノイノモトソウは山地で、マツザカシダは山地の沢沿いで見られるシダです。見慣れると、葉身を見るだけでおおよその見当がつくようになります。セフリイノモトソウはイノモトソウ×オオバノイノモトソウの雑種で、両種の中間的な形となります。

イノモトソウ セフリイノモトソウ オオバノイノモトソウ マツザカシダ
葉表の色と光沢

緑色で光沢はない



緑色でやや光沢がある



黄緑色で光沢はない



濃緑色で光沢がある

羽片基部

なだらかに細くなる
頂羽片は無柄



なだらかに細くなる
頂羽片は無柄



なだらかに細くなる
頂羽片は無柄か短柄



急に細くなり鎌状になる
頂羽片は長柄

中軸の翼

羽片基部下部が流れ翼となる



羽片基部下部が流れ一部翼となる



翼はないか短い翼がある時も



翼はない

胞子嚢群

辺縁に沿って翼までつく



辺縁に沿って翼までつく



辺縁に沿ってつく



辺縁に沿ってつく