日時計の参考書(日本語)
Japanese Bibliography


   (日時計)
      日時計関連の本は発行部数が少なく、早めに入手したい。
   
             
           1.表紙の写真は                2.日本人による
            シャルトルの「天使の日時計」       南フランスの日時計写真集


      1)日時計−その原理と作り方 関口直甫 恒星社
              217×155o p.184 2001年
        日本語による唯一の総合解説書。
        前著「日時計百科、1980年」の改訂版。著者は「日本日時計の会」顧問。
        本格的に日時計に取り組もうと考えておられる方は是非座右に備えたい。
        再版は期待し難いのでいずれ日時計に取り組もうと考えておられる方も
        今の内に入手しておきたい。

      2)南フランス日時計街道 上野秀恒・熊瀬川紀 クロック文化研究所
              245×184o p.143 2000年
        ヨーロッパアルプス山脈の周りに広がる地方では、教会や一般民家に
        多くの日時計を見ることができる。本書はフランス南東部で取材した写真集。
        フレスコによって描かれた美しい壁面日時計に洒脱な解説が付く。

      3)世界の日時計 後藤晶男 豊住書店(奈良)
      4)日時計−最古の科学装置 荒川紘 海鳴社

   (天文計算)
      初歩的な球面三角法、時刻系、座標系の知識は必須。
       天体の位置計算 長沢工 地人書館
       天文計算入門 長谷川一郎 恒星社
       天文の計算教室 斉田博 地人書館
       星の位置と運動−地学教育講座 東海大学出版会

   (こよみ・測地・歴史)
      日時計と暦法・時刻制度との関わり。
       暦の科学(ブルーバックス) 山崎明・久保良雄 講談社
       時と暦(UP選書) 青木信仰 東京大学出版会
       暦入門 渡邊敏夫 雄山閣
       地球を測る−地学教育講座 東海大学出版会
       日本の時刻制度 橋本万平 塙書房

     (数表など)
      いずれも毎年発行されているもの。
       理科年表 丸善
       天測暦 海上保安庁水路部
       天文年鑑 誠文堂新光社


ホーム 外国語の参考書