Q1-3
                                                                                                     

                                                                                                   To Home

 

質問: 

この曲、オカリーナの音域から外れているんですけど、移調すれば吹けますか?

 

例題として、Farmer in the dell (田んぼの中の一軒家)を使いましょう。

Midi クリックすると、曲が流れます。

 

ステップ3=いよいよ移調の作業をします。

ステップ2で へ長調 または ト長調 へ移調するのが良さそうであると考えられました。

へ長調への移調

元の調はハ長調です。ハ長調 から へ長調 へ 移調するには、完全4度、すべての音を上げます。

5線紙を用意して、自分で楽譜を書いて見ることをお薦めします。

まず、下のように準備します。

 

ト音記号を1,2段目に書きます。

 

調号(フラット1つ)を1,2段目に書きます。位置を正確に。

 

拍子記号=8分の6拍子を1段目に書きます。2段目には書きません。

 

小節線・終止線を書き入れます。1段に4小節準備しますが、それ以外に、最初の8分音符の「下のソ」(移調後は「ド」)を入れるためのスペースを確保してください。拍子の1拍目から始まらないことを弱起(じゃっき)といいます。

 

弱起の場合、最後の小節は、弱起の拍の分(ここでは8分音符1つ分)、少なくなっていることに注意してください。

 

次にすべての音を、完全4度ずつ上げて、音符を書き入れていきます。

すべての音を、元の音から数えて4つ上の音へ移します。最初の「下のソ」の音は「ド」の音になります。次の「ド」の音は、「ファ」になります。

全部出来たら、下の完成図と比べてチェックしてみてください。出来ましたか?

midi

 

ト長調への移調

すべての音を、完全5度ずつ上げて、音符を書き入れていきます。

すべての音を、元の音から数えて5つ上の音へ移します。最初の「下のソ」の音は「レ」の音になります。次の「ド」の音は、「ソ」になります。

midi

 

そのほかの調への移調

ステップ2で説明したように、全部で7つの調へ移調可能です。

これを利用して、繰り返すごとに半音ずつ上へ転調していくようなアレンジをしたのが、下の譜面です。調によって、難易度がかなり違うことが再確認できます。

移調・・・楽曲全体を、個々の音程関係を変えずに、音の高さを移すこと

転調・・・曲の途中で別の調に変ること

midi

このように、簡単な曲をいろいろな調で練習すると、#b恐怖症が治るかもしれません。

もしノーテーション・ソフト(譜面を書くためのプログラム)を持っていたら、移調の作業はとても簡単に出来ます。ソフトを使うにしても、ここで説明したような基礎知識を持っていたほうがいいと思います。

 

順路

楽典のトップへ

 

 

トップページ            English Top