音程について

 

 

「音程」について

音程という言葉には2つの意味があるようです。

1.2つの異なる音の高さのへだたりをいう。英語ではInterval

2.個々の音について、音の高さを表す。英語ではPitch

ここでは1.の意味での音程について説明します。

 

「全音」と「半音」について

下のピアノの鍵盤の絵をみてください。

白い鍵盤と黒い鍵盤があります。黒い鍵盤も含めて、隣同士の音程を「半音」といいます。

「ド」と「レ」の関係は、その間に黒鍵があるので、半音2つ分になります。これを全音といいます。

「ミ」と「ファ」、あるいは「シ」と「ド」の間は半音です。

 

「度」の数え方

「半音」「全音」のほかに、二つの音の関係を表すために、「度」を使います。

「・・・・ドレミファソラシド・・・・」の並びの中で隣り合う2音の関係を2度と呼びます。

なぜお隣どうしなのに「1度」じゃないのかというと、「ド」と「レ」の音程の差を数えるときに、「ド」の音も含めて数えるルールだから。そういう習慣なので、従うしかありません。

例えば「ド」と、そのすぐ上の「ソ」の関係は、ドから数えてソは5個目の音だから、5度、とういことになります。

ちょっと注意。「ド」とそのすぐ上の「ソ」の関係は5度です。「ソ」とそのすぐ上の「ド」の関係は4度です。ここでは簡略化して「ド→ソは5度」、「ソ→ドは4度」、と書くことにしましょう。

 

ここでもう少し詳しく、「度」について説明します。

<2度>

「ド→レ」、「シ→ド」は、同じ2度でも、中身が違います。

「ド→レ」のような、半音2つ分(=全音1個分)と同じ幅の2度を「長2度」といいます。

「シ→ド」のような、半音1つ分と同じ幅の2度を「短2度」といいます。

<3度>

「ド→ミ」では、「ラ→ド」は、同じ2度でも、中身が違います。

「ド」から「ミ」へ、半音ずつたどってみてください。黒鍵と白鍵が交互に出てきて、白鍵が連続している所がありません。一方、「ラ」から「ド」へ半音ずつたどると、白鍵の連続が1箇所あります。

「ド→ミ」は、半音で数えると4つ分になります。これを「長3度」といいます。

「ラ→ド」は、半音で数えると3つ分になります。これを「短3度」といいます。

<4度>

「ド→ファ」の関係は4度です。4度には長・短という言葉は使わず、「完全4度」といいます。4度は、半音5個分です。

なぜ、長・短を使わないのか・・・ここでは、あまりそのことにこだわらないほうがいいと思います。

ちなみに、ド→ファ#など、臨時記号がついた時の度の数え方を説明しましょう。度は臨時記号は無視して4度となります。ただ、完全4度より、半音幅が広いということで「増4度」といいます。完全4度より、半音1個分幅が狭い場合は、減4度といいます。

<5度>

「ド→ソ」の関係は5度です。5度には長・短という言葉は使わず、「完全5度」といいます。

5度は、半音7個分です。

4度と同様に、長・短を使わず、増・減を使います。

<6度>

「ド→ラ」では、「ミ→ド」は、同じ6度でも、中身が違います。

「ド」から「ラ」へ、半音ずつたどってみてください。白鍵が連続している所が1箇所だけあります。一方、「ミ」から「ド」へ、半音ずつたどると、白鍵の連続が2箇所あります。

「ド→ラ」は、半音で数えると9つ分になります。これを「長6度」といいます。

「ミ→ド」は、半音で数えると8つ分になります。これを「短6度」といいます。

<7度>

「ド→シ」では、「レ→ド」は、同じ6度でも、中身が違います。

「ド」から「シ」へ、半音ずつたどってみてください。白鍵が連続している所が1箇所だけあります。一方、「レ」から「ド」へ、半音ずつたどると、白鍵の連続が2箇所あります。

「ド→シ」は、半音で数えると11個分になります。これを「長7度」といいます。

「レ→ド」は、半音で数えると10個分になります。これを「短7度」といいます。

 

勘のいいあたなは、もう気がついたかもしれません。長・短がつく2,3,6,7度について、ハ長調の主音である「ド」から上方へ、レ・ミ・ラ・シへの音程は、すべて長xx度となっています。一方、レ・ミ・ラ・シから、上方のドへの音程は、すべて短xx度となっています。このことは、他の調にも応用できるので、音程をすばやく数えるために大変便利です。

 

Q1に戻る

楽典のトップへ

 

 

トップページ            Mail to Suimin           English Top