音名について
                                                                                                     

                                                                                                   To Home

 

音名について

日本では音名の表し方がいくつかあり、場合によって使い分けています。丁度、漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字を使い分けているように。

下の表をご覧ください。

音の表し方

<幹音>(シャープ・フラットなどがつかない音)

イタリア語
フランス語
Do (Ut)
Re
Me
Fa
ファ
Sol
La
Si (Ti)
日本語
英語 C
シー
D
ディー
E
イー
F
エフ
G
ジー
A
エー
B
ビー
ドイツ語
(読み方)
C
チェー
D
デー
E
エー
F
エフ
G
ゲー
A
アー
H
ハー

 

<派生音>(シャープ・フラットなどがつく音)

イタリア語
フランス語
ド# レb レ# ミb ファ# ソb ソ# ラb ラ# シb
日本語 嬰ハ 変ニ 嬰ニ 変ホ 嬰へ 変ト 嬰ト 変イ 嬰イ 変ロ
英語 C# Db D# Eb F# Gb G# Ab A# Bb
ドイツ語 Cis
ツィス
Des
デス
Dis
ディス
Es
エス
Fis
フィス
Ges
ゲス
Gis
ギス
As
アス
Ais
アイス
B
ベー

 

イタリア語(フランス語)式のドレミ・・・は、基本ですね。

日本語式のハニホ・・・は、主に調の名前に使います。

英語式は、ジャズやポピュラーで、音、調、コード(和音)を言うときによく使います。

ドイツ式は、クラシックで、音や調を言うときによく使います。(和音はI, II, III・・・を使います。)

あなたの音楽の先生が、音を言うとき、「何語」でしゃべっているか、注意する必要があります。クラシック畑の先生は、ドイツ式の音名をよく使います。ドイツ式を使う先生が、「エー」といったら、それは「E」つまり「ミ」のことです。

さらに詳しいことは 参考文献をご覧ください。

 

音の高さの表し方

音の高さの表し方には数種類あり、まとめると下の表のようになります。

 

日本式では、文字の上下に点を書かなくてはならず、(1点ハなどという呼び方もありますが)パソコンには向きません。ドイツ式でも大文字と小文字が入り混じってちょっと複雑です。

最近では、midi の出現により、「アルファベット+数字」で音の絶対的な高さを表す方法があります。ところが、ややこしいことに、会社によって定義が違います。ローランド系では中央ドをC4とし、ヤマハ系では中央ドをC3としているので、どちらを使っているのかきちんと認識する必要があります。

参考に、オカリーナの音域も図示しました。ここでは例として、アケタの名称を載せました。その他のメーカーの音域いついては、ここをご覧ください。

楽典のトップへ

 

 

トップページ            English Top