オカリーナ CD 紹介
                                                                                                     

                                                                                                   To Home

 

オカリーナのCDのレビュー(感想、解説)です。

(注)必ずしもSuiminがCDを聞いたものではなく、インターネット上の情報を参考に書かせていただた箇所があります。敬称を略させていただいています。

オカリーナ奏者を勝手に分類すると、「フルート系、リコーダー系、独学系」

「クラシック系、ポップス系、ジャズ系」などに分けられるのではないだろうか。

演奏を聞いてどんなバックグラウンドの奏者なのかを自分なりに予想してみるのも面白い。

 

 

オカリーナ用の楽譜・曲集の紹介はこちらです

楽譜以外の本の紹介はこちらです

 

 

 

小川堅二

正式プロフィールはこちら

小川オカリーナとその音楽に出会わなかったら、Suiminはここまでオカリーナという楽器に没頭しなかっただろう。

 

CD

レビュー(感想)

オカリーナのためのおもちゃばこNo.1 ネットで有名な、小川堅二の唯一のCD(2008年現在)。

こちらのページに、演奏の音サンプルがありますから、まずは聞いてみてください!

ボーナストラックとして、演奏曲目と同じ曲の伴奏があります。楽譜を、フルート・オカリーナ館の「お」友達の会で入手できます。

すべて、C管*での演奏です。ヴォカリースのHigh G(高いソの音)を、どうやって演奏しているか、分かりますか?

*ナイトのアルトC。明けたのハ調コルネッタ

 

宗次郎

オカリーナが知られるようになった要因を2つ挙げると・・・

宗次郎というアーティストの存在(1986年のNHK特集「大黄河」の音楽で、オカリーナという楽器を有名にした)、そして、ゲームソフト「ゼルダの伝説 時のオカリナ」だろう。日本では特に、宗次郎の影響が大きいようだ。

CD

レビュー(感想)

オカリナ・エチュード 宗次郎が奏でるクラシック名曲集~ コンセプトは、宗次郎のエチュード(=練習曲)

つまり、宗次郎がオカリーナをはじめたころ、練習していた曲を集めたアルバムです。

「エチュード」のシリーズはこれ以降「4」まで発売されています。

 

 

スイートポテトオカリナ合奏団

CD

レビュー(感想)

春夏秋冬 クラシックを中心にした選曲。いろんな音域のオカリーナを使ったアンサンブルで、音の厚みを感じさ、バスパートの安定した音程も心地よい。早いテンポの曲では指回し・タンギングで魅せる。

入手方法は、10 holes, またはメールなど。

 

 

本谷 美加子

ポルタメント(違う高さの音の間をなめらかにすべらす奏法)を有効に使ったテクニックを生かし、ややおどけた感じの自作曲が印象的な、女性オカリーナ・アーティスト

CD

レビュー(感想)

今、祈りの中で 自足によるお遍路歩きを体験中のコンサートツアー、「今、祈りの中で」をライブ録音したものを抜粋・編集したCD。

コンサートのライブ録音。曲目はオリジナル曲が中心。

参考(書籍) 風に抱かれて 本谷美加子の四国巡礼

 

その他のアーティストのCD

アーティスト(敬称略)    
明田川 孝 明田川孝のCD「風の人」
黒野宏通 「風にのって」など
善久 クラシック小品集 『アヴェ・マリア』 など
寿和 オカリナのおくりもの
深瀬欽吾

「マシュケナダ」

  牧 まさお

Childhood Dream オカリナの夢

10 holesでも様々なCDが入手できます。

 

 

 

トップページ            English Top