minga日記blog facebook twitter contact

早坂紗知(ハヤサカ・サチ)/作曲・編曲・ソプラノサックス・アルトサックス etc.

大学卒業後に[Stir Up!]というユニットで新宿Pit Innデビュー。 映画音楽やCM音楽も手がける。
1987年ハンス・ライヒエル(独ギターリスト)に招かれ初のヨーロッパツアーを行い 「形にとらわれない自由な音作り」と高く評価され、日本人初女性サックス奏者としても世界から注目を浴びる。1990年からNYを中心に活動。 以後もドイツ、オランダ、韓国などのジャズフェスティバルに招聘され人気を博す。
フェローン・アクラフdr、レオ・スミスtp、(故)金大煥per、(故)マル・ウォルドロンp、(故)ビリー・バングvlnなど多くの海外ミュージシャンたちと共演し、 2004年に新しいグループ「MINGA」がジョン・ゾーンのレーベルから世界発売された。
2014年「TReS」で南米ツアーを行い、ブエノスアイレス国際ジャズフェス ティバルに出演。
25年以上(故) 原田芳雄&Flower Topのメンバーとして在籍、宇崎竜童vo、おおたか静流vo、カルメン・マキvo、長谷川きよしvo、Think Tankなどジャンルにこだわらずを演奏の場を広げている。
毎年恒例になっている、2・26の江古田Buddyバースデイコンサートは山下洋輔氏(同じ誕生日)とともに2016年に30回目を迎えた。

Sachi Hayasaka (alt sax, soprano sax, composer) Sachi started “Stir Up!” in Tokyo and took part in Yosuke Yamashita Panja Orchestra, Yoshiaki fujikawa Orchestra, etc. She has enjoyed a great deal of success as one of the first female saxophone players to make it big in Japan. In the 1990s, she performed with German guitarist Hans Raichel in Europe including Moers Jazz Festival and has worked in New York, Germany and Korea since. Her work has mainly been with her band Minga in the Tokyo region since having her son in 1993. She has released 15 albums so far. In 2012, Sachi performed several concerts in Argentina as a member of TReS. She also collaborated with Dancing Mood and Sessiones which proved to be a huge success. She is invited to Buenos Aires Jazz Festival in the fall 2014.  

TReS(トレス)

永田利樹b、早坂紗知saxに息子であるRioをバリトンサックスに加えたトリオ。
2012年6月アルゼンチン公演の為に結成されたが、以後、日本でも北海道、東京 などでライブ活動を行っている。

アルゼンチン/ブエノスアイレスでは有名スカバンド/DancingMoodにゲスト出演し1500人の観客が総立ちになった。
また、パタゴニア地方のサンタ・クルス州で2011年に1年間留学していたRIO(当時18歳)は凱旋コンサートとなり、新聞,ラジオ、TV ショーに出演し演奏を行った。 オリジナル曲、Piazzollaを中心としたアルゼンチンタンゴ、ブラジル....etc.を変則的なトリオで演奏し、今までになかった新しいサウンドを展開。
2013年にCD1枚目「Escualo」、2014年に「La Luna Roja」をリリース。
同年11月に南米ツアー(ブラジル、アルゼンチン)を行った。「ブエノスアイレス国際ジャズフェスティバル」に日本人グループとして初めて招待され大好評を博した。
2015年5月にNHKFM [ジャズトゥナイト]でTReSの特集が組まれ、日本でも注目を集めている。



TReS is a trio formed by Toshiki Nagata (bass), Sachi Hayasaka (sax) and Rio (baritone sax), the son of Toshiki and Sachi. “TReS” means trio in Spanish and contains all their first initials (T, R and S). The band was formed in June 2012 for a concert in Argentina and are currently based in the Tokyo area. They play classical jazz, Argentine tango (songs of Astor Piazzolla), Brazilian music, and originals composed by Toshiki and Sachi with a unique blend of bass and saxophones. Their first concert in Argentina resulted in quickly gaining popularity there as well as an invite to take part in the Buenos Aires Jazz Festival in November 2014. In Japan, they started performing at various scenes in 2012 alongside many talented guest artists. Their first album “Escualo” was released in July 2013, which is still played at “Radio Malena”, a broadcasting studio specializing in tango in Buenos Aires. Their second album is currently in the works.

永田利樹(Bass&作曲)  Official website →

1959年9月6日東京生まれ。立教大学法学部卒業後、コントラバスのクラッシック奏法を溝入敬三氏、 ジャズ奏法、理論をゲイリー・ピーコック氏らに師事し、ベース奏者,作曲家として活動を始める。
1990年代には早坂紗知等ドイツ・メールスJAZZ祭、ニュールンベルグ大聖堂でのOstWestFestivalなどヨーロッパ各国のフェスティバルに参加し好評を博す。
山下洋輔p、カルメン・マキvo、ヤヒロトモヒロper、、村上ポンタ秀一dr、おおたか静流vo、渡辺勝 vo,梅津和時as、板橋文夫p、本田竹広p、Fire Ball ,Think Tank  など様々な国内のミュージシャンとのセッション、レコーディングに参加。
2011年には妻早坂紗知(as,ss)息子RIOとのユニット『TReS』で2ヶ月間のアルゼンチンツアーを行う。
2012年から2014年、NYから来日のフェローン・アクラフDFSユニットのメンバーとして日本ツアーでベースを担当し、2013年にはCD「Pheeroan akLaff Live in Japan」の録音に参加。
2013年には『TReS』初CD「Escualo」を製作。2014年『TReS』2度目のアルゼンチン、ブラジルツアーを行いブエノスアイレ ス国際ジャズフェスティバルに日本人グループとして初の出場を果たす。

Toshiki Nagata was born in Tokyo on September 6, 1959. He started his career as a bassist and a composer after graduating from Rikkyo University. He sites his influences in classical music as Keizo Mizoiri, jazz from Gary Peacock and tango from Pabulo Motta. He has composed several scores for movies and commercials. He was a member of Sachi Hayasaka Stir Up! at Moers Jazz Festival, Ost West (Nurnberg) and others in 1990s which expanded his success to Europe. Toshiki released his first solo album “ECDYSIS” in 2000. He formed his own band MAU as well as taking part in Satoko Fujii Orchestra, Pheeroan Aklaff, and Sachi Hayasaka's MINGA. His album “Dub Jazz Jazz Dub” which was collaborated with the British reggae star Dennis Bovell was highly successful. In 2012, he performed as a member of TReS for concerts in Argentina and collaborated with Dancing mood and Sesssionnes. Their concerts in Rio Gallegos and various clubs in Buenos Aires made them popular and they are invited to Buenos Aires Jazz Festival in 2014.

Rio (baritone sax)  facebook fansite →

1993年5月24日東京生まれ。
高校2年の時に1年間アルゼンチン(サンタクルス州)に留学を果たし、帰国と同時に17歳で新宿Pit Innでデビュー。
2011年北海道ツアー「Andando」に参加。
mingaの2ndCD [Palpitante!]でゲストとしてCDデビュー(中学2年)をしたが、 今回の[La Maravilla]で正式なmingaメンバーとしてレコーディングに参加。
2012年6月に「TReS」としてアルゼンチンでの公演を行い、TVショーにも出演。 サンタクルスでは凱旋コンサートを行い、大人気となった。

現在は東京中低域、渋さ知らズに参加し、リーダーバンド「東京ファンクバイピエロ」でも活動中。

Rio was born to Toshiki Nagata and Sachi Hayasaka in Tokyo on May 24, 1993. He started playing saxophone in the first year of middle school when he joined the school orchestra. He studied Spanish in Patagonia, Argentina for a year when he was a sophomore in high school. While he was there, Rio performed at a local museum and a radio broadcasting studio. He made his debut in Tokyo when he was 17 years old as a baritone saxophone player and joined Sachi Hayasaka’s Minga and performed at various concerts in Japan. In 2012, he took part in TReS’s concert tour in Argentina. He performed in Patagonia and appeared on TV and radio shows, quickly becoming a sensation in the city.

MINGA (ミンガ)

ミンガとはスペイン語で「共同作業」という意味。2002年に早坂紗知 永田利樹の協力のもとに結成。基本はパーカッションアンサンブルを中心 にした国境を越えたワールドミュージックとオリジナル曲。現在はセネガ ル、ガーナ、ドイツ、NYのミュージシャンたちが参加し、音楽の世界を 所狭しと駆け巡っている。2003年「Minga」を発表。ジョン・ゾーンの レーベル(Tzadik)から世界発売され、以降HipHop(Think TankやFire Ball)、レゲエ、ジャズとジャンルを問わずレコーディングに参加し、韓 国のジャズフェスティバルや、EBSTVでも1時間番組で紹介された。現在 国内ツアーは4名で行っている。2011年夏、minga4としては初 のCD「Ardiente!」発売記念ツアーを敢行。