皆既月食経過・色彩の変化(2018/1/31)

※各フレームをクリックすると新しいウィンドウが開き,大きい写真がロードされます。


撮影日時:2018年1月31日(露出各15秒〜1/20秒)
光学系:ビクセン20cmバイザック(1800mm,F9.0)
タカハシEM-200赤道儀にて自動ガイド
デジタルカメラ:ニコンD810A
撮影地:茨城県ひたちなか市 平磯

カメラ設定:記録フォーマット…14bit CCD-RAW→16bit TIFF(7360×4912)変換
撮像サイズ…FXフォーマット(36×24mm)
感度…ISO800,ホワイトバランス…太陽光




撮影メモ: ここに示した皆既月食の追跡写真は,皆既前後にも長時間の露出を与え,影の部分の様子を写し出したものです。 前半の部分食は薄雲の影響があり不鮮明ですが,皆既中はやや暗い赤銅色の満月を美しく眺めることができました。 肉眼ではっきり確認することはできませんでしたが,地球影のエッジ部分がやや青みがかっていることがわかります。
※すべての写真は北を上に向けて掲載しています。





皆既月食経過(2018/1/31)

皆既月食経過・HDR合成画像(2018/1/31)


御意見,御感想をお聞かせください。 →メールはこちらまで・・・

Copyright(c) 2018 by Naoyuki Kurita, All rights reserved.
 ホームページ 日食・月食写真集