東京都泌尿器科 性病 STD 性感染症 性器ヘルペス クラミジア 淋病  尖圭コンジローマ

皮膚科、泌尿器科、内科、性病(STD、性感染症),EDの基礎知識 新宿さくらクリニック
<<最新医療情報>>
この記事の一部であっても無断転載・転用を禁止いたします。
日本性感染症学会雑誌に論文を2通同時掲載いたします

STDの診断と治療の最高峰の研究学会、日本性感染症学会雑誌にこのたび同時に2通の論文を掲載することになりました。
1通は「イミキモドCrの治療経験」と題して、今話題の尖圭コンジローマ治療薬「ベセルナCr5%」の治療経験です。本剤はすでに世界各国で承認発売されていますが、日本では使用経験が少なく、実臨床での治療成績の発表はこの論文が初めてです。しかも、本論文は治療成績にとどまらず、有効性と安全性を両立すべく当院で行ってきた取り組みについて発表していますので各方面から高いご評価をいただいております。

2通めは、「女性Mycoplasma・Ureaplasma感染症の検討」と題して、順天堂大学感染制御科学菊池賢准教授との共同発表です。いままでクラミジアと淋菌に関して大きく取り上げられてきましたが、実はそれ以上に蔓延し、性感染症を複雑化させている元凶として注目しています。クラミジアには有効でもMycoplasmaやUreaplasmaには無効な抗生物質もあるため、治療薬の選択の上で大変重要な研究成果が得られました。

日本性感染症学会雑誌には昨年に続き2年連続、合計3通目の論文掲載となります。また、2007年以降学会での教育講演も2年連続で担当させていただいております。 今後も当院の研究が当院だけにとどまらず、広く医学会の発展、ひいては患者様の利益になるような研究を続けてまいります。

日経メディカルに紹介されました
医師のための雑誌「日経メディカル」7月号に当院の研究成果が紹介されました。この研究は順天堂大学感染制御科学菊池賢准教授との共同研究で、昨年日本泌尿器科学会総会で発表し、西日本泌尿器科学会総会で教育講演に取り上げられました。男性尿道炎の診断と治療には、臨床的な経験が必要ですが、あまり経験のない医師でも専門医と遜色がない判断ができることを目指して「失敗の少ない男性尿道炎の治療モデル」を提案しています。

クラミジア感染症は、もともと自覚症状のない方も多く、間違った治療や不十分な治療をされても患者様は気づかずに治ったと思われているケースが多い疾患です。そのため当院では大学病院と共同研究をしてクラミジア感染症の適切な治療ができるよう努力してまいりました。

学問的には90%の治癒率がある治療方法はとても有効ですが、臨床の現場では残りの10%を出さないように常に気をつけて治療しています。また、学問的には「正確な検査」というのは「他の細菌をクラミジアとまちがえて陽性になること(疑陽性)」を少なくするために「クラミジアがあるのに検査が陰性になること(偽陰性)」を大目に見る傾向がありますが、臨床の現場では偽陰性で見逃しがでることは許されません。

学問と臨床の現場ではこのように考え方が大きく違います。このようなことを踏まえて一般臨床医がよく読む専門雑誌「日経メディカル」の取材に協力いたしました。 7月10日号に掲載されました。

この治療モデルは、従来淋菌とクラミジアしか考慮しない傾向にあったものを、それ以外の細菌も含めて、症状別に細菌の出現頻度を求め、各時点における最も有効な治療薬を選択するという、画期的なものです。日経メディカルは学術雑誌ではありませんので、残念ながら本研究の一部しか掲載できませんでした。今後講演会や学会発表を通じて広く普及できるよう努力してまいります。
医学書院「泌尿器科外来ベストナビゲーション」に執筆しました

医学書院発行の臨床泌尿器科増刊号 特集「泌尿器科外来ベストナビゲーション」を分担執筆いたしました。先にご紹介した「治療」とともに臨床医向けの教科書のような内容です。今回はさらに泌尿器科専門医向けの詳しい内容になっています。私の担当は「性器ヘルペス」と「尖圭コンジローマ」の2題でした。最新情報を掲載したつもりですが、原稿の締め切りが2007年10月であったためベセルナクリームが発売される以前の文献的なご紹介にとどまり、臨床経験をご紹介できなかったことが残念です。その代わり、性器ヘルペス再発抑制療法については詳しくご紹介できました。

 

「治療特集号」に論文を掲載しまし
南山堂発行の総合医学雑誌「治療」特集 プライマリーケア医が知っておきたい女性医療ガイド に執筆いたしました。内容は、一般医が日常診療で気をつけておきたいSTDについて解説しています。現在実臨床の場で培った知識を網羅していますのでSTD治療の全般的なレベルアップに貢献できるものと自負しております。
1.STDに共通した特徴と患者心理
2.淋菌および非淋菌感染症
3.性器ヘルペスの新しい位置づけ
4.尖圭コンジローマ
5.STD診療にあたって

の構成になっています。とくに、従来淋菌とクラミジアにばかり偏っていた女性尿路性器感染症にマイコプラズマ属の関与が大きく、ほかの感染症を複雑化させる要因として注目されていることうを、当院と順天堂大学感染制御科学との共同研究から明らかにしています。
性器ヘルペスは、医師が思う以上に患者様の悩みは深く、その再発抑制療法はHIV拡散予防効果も期待されることから世界中から注目を集めています。ただし、治療が単調なので一般的には途中で治療をやめてしまう患者様が約半数といわれていますが、当院では、ほぼ全員の患者様が治療を継続されています。その秘訣について解説しています。
尖圭コンジローマは、男女問わず増えているSTDの一つです。性器に限らず口腔内や肛門周囲にも発生します。尖圭コンジローマの外科的手術のコツ、最近研究が進んだ免疫賦活療法の展望などについて触れています。
Sysmex社が発行する啓発用パンフレット「STDのお話」を監修しましたNEW
臨床検査診断薬・検査機器のメーカーSysmex社が患者様向け啓発用に発行しました「STDのお話」を監修いたしました。
全国に医療機関で配布される予定です。 内容は最新のデータをもとにSTD全般についてわかりやすく解説しています。
このようなパンフレットの監修は、三菱化学BCL社の「STDハンドブック」に続いて2冊目です。前回の「STDハンドブック」も大変好評をいただきましたが、年数がたち参考資料が多少古くなってしまった感がいなめませんでした。今回は出来る限り最新のデータと情報を盛り込みました。お目につきましたらご一読ください。

性器ヘルペス再発抑制療法ダイアリーの監修をいたしました。NEW
GH再発抑制療法は体内のヘルペスウィルス量を抑制して、再発を予防するとともに体外へのウィルス排泄を予防してヘルペス拡散抑制する目的で行われます。ですから長期間継続してこそメリットが生まれます。しかし再発症状が出なくなるとついつい通院がおっくうになってしまいがちです。毎日薬を飲むだけですから、単調な治療ですから、せっかくこの治療を始めても続けられる人は約半数しかいないとさえ言われています。

治療期間中は、患者様の治療意識を継続していただくよう、医師が指導に当たらなければなりません。当院では「治療の主役は患者様ご本人」と考え、それに沿った服薬・生活指導を行ってきました。その結果、治療継続率96.3%(2007年5月末現在)を達成いたしました。

その経験をもとに治療期間中の症状や服薬状況を記録していただくことにより、治療の進み具合を把握していただくことにより、治療の主役である患者様と医師の間の「連絡帳」を企画しました。グラクソ・スミスクライン(株)のご提供で発行され全国の医療機関で配布されます。(2007年7月3日) 医療機関様におかれましてはご活用のほどお願い申し上げます。



 
 医療法人社団智嵩会 新宿さくらクリニック
 
東京都新宿区百人町2−11−22