泊瀬光延 公開中作品赤字=作品名)

前田慶次郎異聞 後編

     降魔(ごうま)の章 「小説家になろう」サイト(携帯・PC)NEW!

りんと小吉の物語 一 序章 「契りの夜」

     「小説家になろう」サイト」(携帯・PC)

 なぜ、前田慶次郎を殺しに来た刺客のりんが、小吉と共に前田慶次郎に仕えるようになったのか?りんと小吉のなれそめ。「前田慶次郎異聞」の前編をダイジェストしました。
     挿絵付き断章(本サイト)「留蔵のために泣く


りんと小吉の物語 二 「阿修羅泣く」
     「小説家になろう」サイト(携帯・PC)

 お互いに惹かれ合いながらすれ違うりんと小吉。京の祇園へ遊びに行ったとき、小吉の言葉にりんは激怒し、若衆宿に身を投じようとする!小吉!どうする!
 戦国末期の風俗をちりばめ契りの恋の顛末を描きます。陰間茶屋発祥の地、実在の宮川筋が登場。


興福寺阿修羅像縁起 万福と阿修羅 NEW!
     「ノクターン・ノベル」サイト(携帯・PC) 注意!18禁です。
 孤高の芸術、興福寺の阿修羅王。その成立に仏師万福将軍の壮絶な人生があった。


宮本武蔵 「五輪書」の技を解説する
     「小説家になろう」サイト(携帯・PC)、本ホームページ内企画

 宮本武蔵が残した「五輪書」に書かれた技を、現代に残る柳生新陰流と対比させて解説を試みます。古武道の真理は共通であり、人間の秘めた力を最大限に引き出す理論を見いだした剣豪達の偉大さが身に染みます。


短編・詩など

「阿修羅幻想詩編」  「小説家になろう」サイト PC  携帯  山野林梧様のイラス

「古武道試合」     「小説家になろう」サイト(携帯・PC) 山野林梧様のイラスト

「慶次郎と美嵐丸」   「小説家になろう」サイト(携帯・PC)

「阿修羅和讃」      本サイト(挿絵付き) 

「阿修羅の道」      本サイト(挿絵付き)

「主水の死〜長谷堂城の戦い」
     本サイト(挿絵付き)


新武道伝来記より

「必殺柳生新陰流 秘剣一刀両段」    

     「小説家になろう」サイト(携帯・PC)

 天和元年(1681)、沼田藩真田家お取りつぶしの実話から取材した、歴史武道小説。
 義のために愛しあう者達が新陰流の奥義を以て戦う悲しき伝説。


「小輪」

     「ポシブル堂」(PC)T-Timeというブックリーダーで読みます(プログラムは無料ダウンロード)。

     「小説家になろう」サイト(携帯・PC)

     「Book-Mobile」サイト(PC)

     「e-ペンギン」サイト(PC)

 遠い昔の唐の寺に小輪という稚児がおった。遣唐使の僧・円戴、小輪を愛した武術者・馬王。
 彼らが死を賭して日本に持ち帰ろうとした求法と契りの伝説。


蘊蓄話

「落語調で語るさむらいの話」

     
「小説家になろう」サイト(携帯・PC)

 落語調の語り口を借りて隠居、熊さんのかけあいで武士のことを語ります。


エッセイ

「これからアメリカへ出張する人のために」

     「ポシブル堂」サイト(PC)

 著者の経験をこれからアメリカへ出張する人々に捧げます。

Close the window