走者と守備の基礎

    状況

   守備

 (打者)走者

ランナーなしレフト前ヒット


 

ショートは打球方向に追いかける。レフトはショートに返球
セカンドは2塁ベースに入る

打者走者は1塁のホワイトベースを踏んで2塁方向にオーバーラン。

 

ランナーなしセンター前ヒット
ランナーなしライトゴロ・内野ゴロ

ショートとセカンドはボールに近い方が取りに行き、遠い方がベースに入る。
 

オレンジベースを駆け抜ける。

 

ノーアウト・1アウトランナー1塁でバント




 

バント守備体型でサードとファーストが前に出る。バント守備に入らない内野が3塁のカバーに入る。バントならショートが2塁へ、セカンドが1塁へ、他の内野手がボールを処理する。

打球が転がったら2塁へ。3塁カバーがなければ先へ進む。



 

ノーアウト・1アウトランナー1塁でヒッティング

 

内野の正面の打球は2塁アウトを狙い、それ以外は1塁へ送球。外野はライト以外2塁へ送球。

打球が転がったら2塁へ。


 

2アウトランナー1塁ライトゴロ

ライトゴロが1塁でセーフならファーストは3塁送球。

打球がライト方向に転がれば2塁から3塁を狙う。

ランナー2塁内野ゴロ

 

ショート・サードは2塁ランナーを牽制して1塁送球。
 

打球が2塁ランナーの前であれば止まり、後であれば
進む。

ランナー2塁外野へヒット


 

近くの内野に返球し、ランナーが本塁を狙えば、バックホーム
 

外野正面は本塁でアウトの可能性が高い。外野の間であれば3塁コーチャーの指示で。

2アウトランナー2塁ライトゴロ


 

ライトが普通に捕れば1塁へ、セーフならファーストは本塁送球。エラーがらみならライトは直接本塁へ送球。

3塁から本塁へ狙う。



 

ランナー1・2塁内野ゴロ





 

サードが捕ればショートは3塁へ入りサードからショートへ。ショートが捕ればその逆。ピッチャーゴロ・キャッチャー前・ファーストゴロは間に合えば3塁へ。その他は1塁へ送球。

転がれば進塁。





 

ランナー1・2塁外野ゴロ

近くの塁へ送球。

転がれば進塁。

ノーアウト・1アウトランナー3塁内野ゴロ


 

前進守備でランナー牽制して1塁へ送球。ファーストはランナーが走れば、本塁へ送球。
 

打球方向がショートセカンドの深い当たりであれば本塁へ、それ以外は自重。
エンドランやスクイズをかける可能性がある。

ノーアウト・1アウトランナー3塁外野フライ

外野は捕球後本塁へ送球。
 

タッチアップで本塁へ。
 

ノーアウト・1アウトランナー満塁内野ゴロ

前進守備で本塁送球。キャッチャーは捕球後1塁送球。

転がれば進塁。
 

2アウト満塁内野ゴロ

 

捕球後1番近い塁へ送球。

 

打ったら進塁。

 

2アウト3ボール2ストライク
内野・ライトゴロは1塁送球。他の外野は本塁送球。 投球と同時にランナーは盗塁。
 
※ショートの守備位置はランナー1塁なら2塁寄り、ランナー2塁及び3塁なら3塁寄りにシフトする。
※バントシフトはファーストとサードが前に守備し、セカンドが1塁寄りやや前、ショートが2塁寄りやや前にシフトする。
※前進守備は、サード・ファーストがやや前、ショートセカンドがかなり前になる。外野はタッチアップで本塁を刺せる深さ。