1.ポジショニングの基礎

ソフトボールは野球と違って野手の守備位置に特徴がある。
守備位置は打者・状況によってかなり異なる。女子の場合を想定して紹介する。

1.右打者の場合
右打者の場合はレフト方向の
サード・ショート・レフトは深い。
セカンドは深く、
ライトは浅くライン寄りになる。
右打者がライトに打つと、
ラインよりに切れるためである。
センターはややレフト寄り。
2.左打者の場合
左打者の場合は右打者とは逆になる。
サード・ショート・レフトは前寄り。
サード・レフトは前に寄るとライン寄りとなる。
ファースト・ライトは深く、
センターはライト寄りかレフト寄り。
打者と投手の力関係による



3.バント・スラップのある左打者の場合
バントに備えてファースト・サードが前寄り。
ショートはスラップに備え前寄り。
セカンドは1塁カバー。
レフトは前ライン寄り。
センターは前レフトより。
ライトはライトゴロに備える。


4.右の強打者の場合
サード・ショートは強打に備え後ろ寄り。
セカンド・ファーストは下がる。
レフトはかなり下がる。

5.3塁に走者がいる場合(ノーアウト・1アウト)
内野はスクイズ・エンドランに備えて前進守備。
外野はフライ&タッチアップでホームで殺せる位置。
センターは左右打者により変える。