バント

1.構え
膝を曲げ、上の手はバットの中程やや下を持ち、バットのヘッドを上げる。
バットの高さはストライクゾーンの上部に合わせる(1)。
2のように膝を伸ばし、バットのヘッドを下げてはいけない。
ヘッドを上げるのは、ライズボールをフライにしないためである
(守備側はバントを予想した場合ライズ中心の投球になることが多いから)。

2.基本
ここでは、左バッターがセフティーバントをするための基本を説明する。
まず、バットをピッチャーに向けて、構える(3)。バットの位置は前足のあたり。
バットとボールが当たるときに、体がピッチャー方向に動き、バットを矢印方向に捻る(4)。
決してバットを後ろに引くのではない。
バットとボールの当たる位置は当然バットのやや下面になる。
後ろ足をクロスして体をピッチャー方向に移動するが、バットは当たった位置を動かない(5)。
体がピッチャー方向に移動した分バットを後ろに引いたように見えるがバットは動いてはいない。
体が前に動いた分だけ相対的にバットが後ろになっただけである。


    

3.セフティーバント
基本を打つ構えから行えばセフティーバントになる(6〜8)。


4.高低
10
高い球と低い球を打つときは膝で調節する(9・10)。


実際のバントへ   スラップへ